東京ラブストーリー第6話あらすじネタバレ!三上とさとみに波乱カンチは?

Hi!ジャスミンです。

1991年に放送された「東京ラブ
ストーリー

2018年10月に織田裕二さんと
鈴木保奈美さんが27年ぶりに共演
ということで、改めて注目されて
います。

フジ月9ドラマ「スーツ」日本版キャスト!原作あらすじやみどころは?

柴門ふみさん原作のマンガのドラ
マ化。

当時は社会現象にもなった人気
ドラマでした。

カンチが嘘をついたことに
激怒したリカ。
三上とさとみの間にも波乱が
起こります。

あらすじ・ネタバレ、感想など
ご紹介します。

第1話のあらすじと感想

第2話のあらすじと感想

第3話のあらすじと感想

第4話のあらすじと感想

第5話のあらすじと感想

スポンサーリンク


第6話のあらすじ

あんなに怒っていたリカは、翌日
何事もなかったように明るく
完治にあいさつしてきた。

完治は怒っていないのか、と聞く
リカは「怒ってる」と答える。

路上でみんなに聞こえるように
「愛してる」と言ってほしい
頼んできた。

さすがにできない、という完治に
リカのほうから「愛してるよカン
チ!」と叫ぶ。

同僚の渡辺たちに見られてしまい、
社内中に2人の仲を知られること
に。

完治のところに電話が来る。
さとみが盲腸で入院したという。

リカとともに見舞いに行く。

リカは三上を誘い出し、完治と
さとみを2人きりにする。

三上とのいざこざを知っていた
完治は、様子を伺うとさとみは
もう一度三上くんを信じてみる
と言った。

リカと三上が病室に戻ると、尚子
が花を持って現れる

尚子は「今度結婚する」と告げ、
さとみの誤解を解きに来た。

後日、完治と三上が飲みに行く。
三上はリカが落ち込んでいた、と
指摘する。

かなり酔った2人は、三上の提案
でリカの部屋へ向かう。

完治は先に寝てしまったので、
リカと三上が語り合う。

翌日、三上は尚子から誘われ飲み
行った。

結婚について聞くと、尚子は親が
決めた婚約者がいるとわかる。

しかし尚子はハイペースで酒を
飲み、ひどく酔ってしまう。

尚子をタクシーに乗せ帰らせよう
とする三上だが、強引に同乗する
ことになってしまう。

三上はさとみのマンションの前で
降ろしてもらうが、尚子はタク
シーを降りてくる。

「このまま結婚したくない」と
尚子は三上に抱きつく

そこへ帰宅途中のさとみがその
光景を目にしてしまった

仕事帰りにリカは同僚とカラオケ
へ行く。
仕事中の完治に留守電で、カラオ
ケに誘うメッセージを残しておく。

カラオケから帰ってきたリカは
完治の部屋へ着く

だが完治はいなかった。

電話を見ると留守電は聞いたこと
がわかる。

リカが留守電を再生すると
自分が入れたメッセージのあとに
さとみからのメッセージ入って
いた。

リカは完治を信じて、完治の小学
校の写真を見て待っていた。

スポンサーリンク


東京ラブストーリーの動画は?

ドラマ「東京ラブストーリー」は
フジテレビで放送されました。

フジテレビのドラマは
FOD(フジテレビオンデマンド)
で視聴することができます。

しかし!
なぜか東京ラブストーリーは配信
されていません

2018年9月にブルーレイ化され
発売されました。

そのため今後は配信される可能性
があるかもしれませんね。

現段階ではブルーレイでの視聴し
かできません。

第6話の感想

さとみがこれでもかというくらい
邪魔してきますねー。

しかも本人は邪魔してる自覚ナシ

ここが女性から嫌われた原因。
カンチの気持ちをわかっていて
やっているとしか思えぬ・・

リカが落ち込んでいたことを
カンチが気づかず、三上が気づく
ってとこ。

それだけカンチはリカよりさとみ
のことばかり、気をかけていた
ってことですよね。

酔ったカンチと三上のシーン。
なんだかニヤついてしまう(笑)

織田裕二さんと江口洋介さんは
デビュー当時に共演していたこと
は有名ですね。

湘南爆走族」です!

こんなだった2人が、高校時代の
友人の役。

このシーンは、今だったらBLの
ネタにされそう(笑)

この当時はどこでも喫煙OKな時代
なので、三上は遠慮せずバンバン
タバコ吸うシーンが多いです。

このシーンまでカンチは喫煙シー
ンないんですけどね。

これ以降、部屋でひとりタバコを
咥えてるシーンがあります。

リカの羽根枕を破いてしまい
羽がぶわーっと舞い散るシーン。

今の時代なら、「モノを粗末に
するな」とかバッシングされる
のかな(笑)

まあ確かにもったいないなー
とは思うんですが、ああいう演出
がバブリーな時代ならでは。

3人とも恋愛が上手くいってない
から、バカ騒ぎして発散していた
というシーンです。

リカと三上が語り合うシーンも
良いですね。

江口さんと鈴木保奈美さん、
このドラマの後に共演した
「愛という名のもとに」をきっか
けに実際に交際するわけですが。

それを考えると、ちょっとニヤ
ついてしまうシーンです(笑)

ところでさとみが「盲腸」で
入院となりましたが
今だったら「虫垂炎」って言い
ますよね。

医学の世界では盲腸ではなく
虫垂の病気だけど、一般には
盲腸という病気で認識されてい
ました。

今では虫垂炎で通じるので
盲腸を切る」なんてあり得
ない。

しかも虫垂炎もよっぽどひどく
なければ、切らないで投薬で
治療するらしいですよね。

そしてこれまで三上がちょっかい
出してもビクともしなかった尚子
が、積極的に動き出します

尚子の実家は資産家という設定。
医者ではないのですが、なぜか
医学部へ進学(笑)

親が決めた結婚相手と一緒になる
前に、三上に抱かれたいって
アピールをしてきます。

でも結局、何もないハズなのに
さとみは勝手に傷つきます

なのにカンチが三上と話し合え
とアドバイスしたのに、それも
ロクにせず、
永尾くんが決めて」とか
言っちゃいます。

ムカつきますねー(笑)

ラストのほうで、留守電を聞いた
リカ。

慌ててカンチの部屋を出ようと
しますが、深呼吸。

じっと耐えてカンチの帰りを
待とう、という心理ですね。

ここもさとみと正反対。
リカはカンチを信じて耐えるのに
さとみはすぐに「どうしよう」

リカの好感度が上がる部分です。

現代ならリカはメールとかで
わかっていながら「どこにいる
の?」って送ったりするかも、だ
けど(笑)

この展開はこの時代だからこそ
起こった流れですよね。

留守電で状況を把握するしか
なかったんです。

さてリカはカンチが帰ってき
たらどうするでしょうね。

スポンサーリンク


東京ラブストーリーキャスト

赤名リカ:鈴木保奈美
永尾完治:織田裕二
関口さとみ:有森也実
三上健一:江口洋介

和賀夏樹(部長):西岡徳馬
渡辺:中山秀征
みどり(リカの同僚):五島悦子
長崎尚子:千堂あきほ

スポンサーリンク


関連記事