東京ラブストーリー第2話あらすじ・ネタバレ!感想などご紹介!

Hi!ジャスミンです。

1991年に放送された「東京ラブ
ストーリー

2018年10月に織田裕二さんと
鈴木保奈美さんが27年ぶりに共演
ということで、改めて注目されて
います。

柴門ふみさん原作のマンガのドラ
マ化。

当時は社会現象にもなった人気
ドラマでした。

早くも三角関係、四角関係ができ
あがっています。

あらすじ・ネタバレ、感想など
ご紹介します。

第1話のあらすじと感想

東京ラブストーリー第1話あらすじ・ネタバレ!感想などご紹介!

2018.09.12

スポンサーリンク


第2話のあらすじ

通勤途中に完治に声をかけてきた
リカ。
キスした意味を聞いても、はぐら
かされてしまった。

外回り中の完治に三上が会いに来
る。
完治がいなくなってから、さとみ
が機嫌が悪かったと伝えてきた。
完治はキスしていたのを見たこと
は言わなかった。

完治が去ったあと、リカは三上に
全部知っていると話す。

夜、完治の自宅にリカと三上
押しかけてきた。
三上は完治にさとみのことで
挑発する。

買い物に行くついでに、さとみに
電話し、翌日にデートの約束
する。

完治の部屋を出る間際、リカは
アイスホッケーの試合のチケット
を渡した。
さとみと行って来いと言う。

翌日、さとみとデートのはずが
試合会場にリカが現れる。
実はリカの策略だった。

何もしらないさとみは、食事も
リカを誘った。

さとみが席を外したとき、完治
はリカに悪い噂を立てられている
ことを話す。
部長との不倫をあっさり認める。

完治がそれを指摘すると、リカは
怒り出した。

完治はさとみに付き合ってほしい
と告げるが、返事は保留にされる。

翌朝、あからさまに完治に冷たい
態度のリカ。
完治に大量の仕事を押し付ける。

完治がやり残した仕事を、リカは
こっそり終わらせておいた。

お礼に奢る、というと
リカは「私のこと好きなんだ!
とはしゃぎだす。

帰宅しようとする完治に、さとみ
から電話が来る。
2人で会う約束をしてしまう。

まだ仕事中だったリカに、約束の
キャンセルの伝言メモを残す。
だがリカはそのメモに気づかず、
待ち合わせ場所へ向かった。

完治は話しているうちにさとみの
三上への思いに気づく。
付き合ってほしいと言った完治へ
の返事は、OKだったのだが
逆に断ってしまった。

一人で飲みに行った完治は、職場
の同僚たちに会う。

リカが待っていることに気づく
と、慌てて待ち合わせ場所へ向か
う。

待ちくたびれたリカは、カンチが
近くにいるのに遠くに感じる、と
言い残し、一人で帰ってしまう。

第3話のあらすじと感想

東京ラブストーリー第3話あらすじ・ネタバレ!感想などご紹介!

2018.09.13

ブルーレイ化されていますので
こちらでもぜひ!

第2話の感想

来ました!すれ違い!

紙にメモして、それを見ないって
もう!!!(笑)

そもそもカンチもヒドイんです。
先に約束をしていたリカより
さとみの約束を優先してるわけで。

あの時点ではつきあって、の返事
をもらえるから、優先したんです
けどね。

そしていきなりぶっこんできた
さとみの実家・ラブホテル経営
設定(笑)

さとみが三上を好きだと気づいた
のは、どの辺だったのか
分かりづらかったですね。

カンチは三上に遠慮したって
ことでしょうか。

なにかと2人きりのデートに
割り込むリカと三上(笑)

だからこそ成り立つストーリー
なんで、仕方ないんですが。

当たり前のように職場の電話を
私用に使っています。

今だったらあり得ないですね。

ラストシーンの「電池切れちゃ
った

これもリカの名セリフです。

よく考えるとリカは、カンチが
さとみと会っていたと知っていた
から、なんですよね。

バチが当たったのか、カンチも
さとみに振られるわけですが。

いや、あれは振られたのか?

あのあたり、ちょっと表現が足り
ない感じがします。

三上にキスされてるさとみに
告っておいて、「(告白)取り
消し」って何じゃ?

さとみはカンチをどう思っている
か、そこがわかりにくい。

一緒にいると楽、ぐらい?

三上くんといるとドキドキする
と同僚に言っていたので、異性と
して意識しているのは三上なのか。

この辺りから女性視聴者がイラッ
と来ています(笑)

さとみがカンチと三上を翻弄し
始めます。

カンチの優柔不断っぷりも
拍車がかかるんです(笑)

ちょいちょいリカを誘ったりする
わりに、心はさとみへ。
リカも思わせぶりなことされて
可愛そうなんですよ。

まあリカも恩着せがましく、押し
付けた仕事を片付けてあげたり
なんかしますけど。

リカと部長の不倫ですが
原作では結構大事な要素らしい。

ドラマではそれほど深堀りされ
ません。

スポンサーリンク


関連記事