ガリレオ(ドラマ)第6話あらすじネタバレ!キャストや動画視聴は?

Hi!ジャスミンです。

福山雅治さん主演ドラマガリレ

2007年に放送された最初のシーズンは、柴咲コウさんや北村一輝さんが出演しています。

変人物理学者の福山さんが、ただただカッコイイ(笑)
ドラマ内でもカッコイイ先生として人気です。

毎回、豪華なゲスト出演も話題になりました。

第6話のゲストは堀北真希さん、新井浩文さん、手塚理美さん。

今回は非科学的なものを論理的に・・・というより人間の闇を見つけ出すみたいな感じですね。

第6話のあらすじネタバレキャスト動画視聴方法などをご紹介します。

スポンサーリンク


第6話夢想る(ゆめみる)のあらすじ

住居侵入し逃走している男の行方を追っていた。

坂木八郎という男で以前からストーカー容疑があった。

坂木は内海の幼馴染だった。

内海が立ち寄った「モリサキレミ占いの館」で占い師として活動していたのが坂木。

久々の再会で驚いていたが、内海が「モリサキレミ」の由来を聞くと坂木の守護天使だという。

被害者の名前は森崎礼美(モリサキレミ)

面識はなく、数ヶ月前から坂木から手紙が届くようになった。

内海は坂木がなぜ礼美にこだわるのか探ってみた。

坂木の実家を訪ねてみる。

母親に坂木に特別な能力があると思うか聞いてみるが、それらしい答えは返ってこない。

家の中に貼ってある絵を見て、内海は坂木が絵が得意であることを思い出す。

すると母親が近所に住んでいた画家の北野宗平のところへ通っていたことを話す。

引っ越すまで内海も出入りしていたのだ

さらに内海は小学校の文集で坂木が、モリサキレミと将来結ばれると書いていることに気づく。

挿絵に描かれた窓は、森崎家のものとそっくりだった。

坂木は未来を見ることができたのか、湯川はその理由を探ることにした。

だが内海は幼馴染ということで、この捜査から外されてしまう。

そんな内海のもとに連絡が入る。
坂木からだった。

坂木がいうには占いで使用している水瓶にレミからのメッセージが浮かび上がった

自分はレミに呼ばれたと話す。

そして坂木に指定された場所で会う約束をした。
1人で来るという条件だ。

湯川は坂木から連絡があったことを署に伝えるべきだという。

しかし内海は坂木を裏切れず、黙っていた。

大森埠頭の指定されたコンテナの中へ入る。

すると後から湯川がついてきており、確認したいことがあると言う。

坂木は内海が裏切ったと思い、2人を閉じ込めてしまった

電波も入らず内海は途方に暮れた。

窓を割り、携帯を放り投げメール送信をしようと試みる湯川。

数え切れぬほど投げているうちになんとか助けを求めるメールを送信することができた。

坂木は逮捕された。

湯川は森崎家で確認したいことがあるというので、現場まで行った。

何かを確信した湯川は、坂木のいう「モリサキレミ」は内海のことだと断言した。

北野宗平と森崎家との関係に理由があると仮説を立てた。

その理由とは・・・
(ページの下部に結末を追記しました)

第6話の結末はフジテレビオンデマンドでどうぞ!
(新井浩文さんの事件で現在は第6話は配信停止されています)

↓フジテレビオンデマンドはこちら↓

第6話の感想

今回はトリックというか、隠され
た真実が判明したことで
ちょっと鳥肌(笑)

湯川先生は科学者ではなく、探偵
なみのことをやりましたね。

科学的なところは、水瓶に文字が
浮かんだトリックぐらい。

悪役やクズ役が多い新井浩文さん
が、そんなに悪い人じゃない珍し
いパターンでした。

まあでも変な人ではありますが(笑)

気に入らない人にツバを吐きかけ
る子供の時からのクセが治ってな
いって・・・

しかも内海に自分のやってる占い
はインチキだって言っちゃってる
し(笑)

それなのに「また来てよ」って
どっちなんだ?

占い目的じゃなくて、会いに来て
くれという社交辞令かな?

森崎礼美役はまだ10代だった堀北
真希さん。

演技がちょっとぎこちなくて、
初々しかったです。

と思ったら、当時すでにデビュー
して4年でした。
そんな初々しいっていう時期じゃ
ないですね(汗)

幼い頃の内海さんも登場。
やはり警察になるだけあって、
気が強かった一面が子供のころ
からチラッと。

ちなみにチビ内海役を演じた子役
新志穂さん。

めっちゃギャルになってました
(汗)10代で結婚&出産したそう
です。

https://twitter.com/cibinyan1128/status/942772307004612608

時の流れを感じます(笑)

まあでも主要キャストの方々
だって、放送当時は結婚も
子供もまだって人ばかり
ですけどね。

スポンサーリンク


第6話のキャスト

湯川学:福山雅治
内海薫:柴咲コウ

弓削志郎:品川祐
栗林宏美:渡辺いっけい

森崎礼美:堀北真希
森崎由美子:手塚理美
礼美の父親:若杉宏二
坂木八郎:新井浩文
坂木香奈子:大島蓉子
北野宗平:沼崎悠

内海薫(少女期):新志穂
坂木八郎(少年期):若林佑弥

第6話の結末

内海が北野から教わった絵描き歌は、森崎家の外観を表している。

北野と礼美の母は不倫関係にあった。

礼美は北野の子供だが、北野は会えない娘の代わりに内海を礼美と呼ぶようになった。

坂木の水瓶にメッセージを残したのは礼美の母で、自分の過去(北野との不倫)を知る存在だったので、家に呼び寄せることが目的だった。

オブラートに文字を書き、水に入れたことで文字が浮かび上がったように見えたのだ。

そして坂木をストーカーだと仕立て、正当防衛に見せかけ銃で殺害しようとした。

内海は礼美の母が隠したかったのは不倫だけなのか、と疑問に思う。

湯川は北野の死は本当に事故死だったのか、と疑問を抱く。

坂木の容疑が晴れ、無事釈放される。

 

スポンサーリンク


関連記事