下町ロケット2015第6話あらすじとドラマネタバレ!ガウディ計画始動!

Hi!ジャスミンです。

2015にTBS系で放送されたドラマ
下町ロケット

池井戸潤さん原作の大ヒット小説
のドラマ化です。

すでにWOWOWでドラマ化されてい
ましたが、民放局でリメイクされ
ました。

第6話からは
単行本のガウディ編が原作になって
います。

ロケット事業は順調かと思われた
が、コンペでサヤマ製作所という
ライバル会社との争いに。

さらに元佃製作所社員の真野
新たな事業計画を提案してきます。

下町ロケット2015第5話あらすじとドラマネタバレ!帝国重工の決断は?

スポンサーリンク


第6話のあらすじ

ロケット打ち上げから3年が経ち
佃製作所を退職した真野から手紙
が届いた。

航平と山崎に再就職先を斡旋して
もらったことに感謝を述べていた。

そして真野は医療機器の開発
関わっているという。

帝国重工のパーティで、航平は
サヤマ製作所の椎名と知り合った。

財前は海外を飛び回っており、
バルブシステムに関しては、石坂
が主に担当するようになる。

そして次期のロケット計画は、
コンペで部品供給が決まるとの
情報を耳にする。

佃製作所では日本クライン技術
研究所から、部品製作の依頼を
受けた。

何に使う部品なのか、詳しく聞か
されていなかった。
営業の江原が、人工心臓の開発
している情報を入手した。

それはアジア医科大の貴船教授
中心に進めているコアハートの
開発だった。

だがこのプロジェクトにもサヤマ
製作所が近づいてくる。

貴船教授と接触した椎名は、佃
製作所よりコストダウンし納期も
早めると約束した。

佃製作所の開発チームは中里、
立花、加納。

リーダーの中里は1ヶ月経っても
開発が進まず、イラ立っていた。

設計図に問題があるという中里を
航平と山崎が叱責する。

個人的に山崎が改良した設計図
作ってみた。

それを見た中里は見せてほしいと
いうが、山崎は日本クラインの
提示されたものではないから、と
見せなかった。

日本クラインから渡された設計図
でなんとか試作品を完成させる。

だが日本クラインは設計図を変更
すると言い出した。

納期もコストも佃製作所には無理
な要求だった。
納得できなかった航平は、この
仕事を断った。

変更された設計図を見て、山崎は
気になる点があった。

その後、中里は退職を申し出る

江原からの情報によると、中里は
サヤマ製作所へ転職したことが
わかる。

椎名が中里をヘッドハンティング
していたようだ。

真野が佃製作所を訪れた。
人工弁の開発の話を持ってきた。

北陸医科大の一村教授が提案した
もので、子供の心臓手術に役立て
たいという。

編み物工場の桜田経編と医療用の
繊維を作る株式会社サクラダを
経営する桜田章も、協力者の1人。

人体に使う部品を作ることには
佃製作所のほとんどが反対だった。

事故があって訴えられたら終わり
だという危うさがある。

航平は真野に断る電話を入れたが
真野から福井にある工場を見て
もらいたいと頼まれてしまった。

航平、山崎、唐木田が福井にある
桜田の工場を訪れた。

桜田の娘の結は心臓弁膜症を患っ
ていた。
だが人工弁の不具合で17歳で
亡くしていた。

桜田をはじめ、一村教授と真野は
人工弁「ガウディ」の開発
すべてを賭けているとわかる。

その熱意に答えたいと航平はこの
計画に協力することを決める。

スポンサーリンク


第6話の感想

今回から原作でいう「ガウディ編」
になります。

ロケットと同時に人工弁の開発が
始まりました。

ガウディ編もクセのある登場人物
が一気に増えました(笑)

椎名役の小泉孝太郎さん、貴船
教授役の世良公則さんなど、
悪役感丸出しのすごいキャラです。

一村教授役には今田耕司さん。

なんで今田さんなんだろうと
不思議なんですよね(笑)

セリフも関西弁を隠してるのか
出すようにしてるのか中途半端
だし。

下町ロケットは「なんで?」と
思うキャスティングが特徴でも
あるので、まあアリなんでしょう
か。

帝国の石坂役の石井一孝さんは
ミュージカル界で大活躍の方です。
山崎育三郎さんもミュージカル界
のプリンス。

この2人を歌わない作品で見る
なんて変な感じ(笑)

中里がヘッドハンティングされて
いきましたが、以前は真野が引き
抜き話に乗っかりそうだったんで
すよね。

でも真野はちゃんと航平たちが
勧めたところに再就職していまし
た。

中里が椎名の元へ行ったことが
これから一波乱ありそうです。

スポンサーリンク


キャスト

佃製作所
佃航平:阿部寛
山崎光彦(開発部部長):安田顕
津野薫(第一営業部部長):中本賢
唐木田篤(第二営業部部長):谷田歩
殿村直弘(経理部部長):立川談春

江原春樹(営業係長):和田聰宏
迫田滋(経理部係長):今野浩喜
埜村耕助:阿部進之介
立花洋介:竹内涼真
川本浩司:佐野岳
仁科美咲:ぼくもとさきこ

神谷修一(弁護士):恵俊彰
和泉沙耶(航平の元妻):真矢ミキ
佃利菜:土屋太鳳
佃和枝:倍賞美津子

サヤマ製作所

椎名直之:小泉孝太郎
中里淳:高橋光臣

アジア医科大学

貴船恒広:世良公則

日本クライン

久坂寛之:平岳大
藤堂保:瀧川英次

北陸医科大学

一村隼人:今田耕司
真野賢作:山崎育三郎

桜田経編

桜田章:石倉三郎

帝国重工

財前道生(航空部長):吉川晃司
藤間秀樹(社長):杉良太郎
富山敬治(主任):新井浩文
水原重治(航空部本部長):木下ほうか
石坂宗典(航空部調達グループ部長):石井一孝

ナレーション:松平定知

スポンサーリンク


関連記事