下町ロケット2続編第5話あらすじネタバレ!勝訴と伊丹の裏切り?

Hi!ジャスミンです。

TBS系ドラマ「下町ロケット
続編です。

2018年版の原作はゴースト編から
始まります。

ギアゴーストの裁判が始まり
佃製作所も節目を迎えます。

ですがラストは衝撃の展開
となり、ギアゴーストとの
関係が・・?

第5話あらすじネタバレ感想
などをご紹介します。

これまでのあらすじ2015年版の
下町ロケットについてはこちら↓

TBSドラマ下町ロケット2015年版まとめ

スポンサーリンク


第5話のあらすじ

ギアゴーストは末永弁護士を解雇
した。
中川弁護士との関係を指摘しても
シラを切っていた。
末永はこのことを中川に連絡する。

帝国重工では新型エンジンが完成
した。ヤタガラス打ち上げまで
あと少しとなる。

財前はロケット開発から離れる。
今後に不安を抱えていた財前を
航平は、稲刈りに誘った。

殿村の実家の田んぼでは稲刈り
を行う。
財前も一緒に作業をした。

財前は稲刈りを通じ、今後の自分
の仕事に希望が持てた。

ギアゴースト裁判の日。

神谷弁護士は特許侵害にならない
という裏付けになる、論文を書い
た栗田氏と接触していた。

さらに特許侵害の訴えには正当性
があると思えないと主張する。

その証拠として、神谷弁護士は
ICレコーダーを取り出す。

音声には末永弁護士が中川弁護士
と電話している様子が録音されて
いた。

あらかじめ末永弁護士は、自分の
声であることを認める文書を提出
している。

この裁判はギアゴーストの勝ちが
見えてきた。

佃製作所も買収とはならなかった
が、良い関係を築けると航平は
期待を持っていた。

末永と中川は不正競争防止法違反
で逮捕された。

伊丹はダイダロスの重田から
言われた言葉を気にしていた。

佃製作所は帝国重工と密接な関係
にあることが、伊丹にはひっかか
っていた。

殿村が最後の勤務となった。
社員全員で送り出す。

ヤタガラスは無事、打ち上げ成功。
財前もロケット開発部での仕事を
終えた。

財前は今後、ヤタガラスを農業に
活かすと宣言した。

今後も航平と財前は良きパート
ナーでいることを約束する。

ある日、島津が佃製作所を訪れた。

島津はギアゴーストがダイダロス
と資本提携を結んだと知らせに
来る。

伊丹は過去のしがらみに囚われ
てしまい、ダイダロスの重田に
言いくるめられているようだった。

第5話の感想

今回は会社を辞めたり、異動に
なったりした人が多い(笑)

末永弁護士は解雇、中川弁護士
とともに法曹界からさようなら
となってしまいます。

音声を録音していたのは痛快で
したな(笑)
島津さん、クマのカバン忘れすぎ
だろうと思ってたら意図的でした。

裁判シーンの撮影のときの写真
はこちらです。

白熱したシーンでしたが
役を離れればこんな様子。

取り乱した中川弁護士は
ゲームの「逆転裁判」みたいで
スカッとしました(笑)

実際、ギアゴーストの逆転勝訴
ですけど。

財前さんは以前から言われてい
たように、ロケット事業部から
出ることになりました。

でも航平や佃製作所とは繋がって
いきそうです。

殿さんもついに退社。
コメ農家になります。

さらに!
ギアゴーストの裏切りには
驚きました。

というか伊丹さんはかなり、重田
さんに負い目があるんでしょう。

実際、重田工業は大変なことに
なったわけですし。

重田工業とのあの一件のとき、
的場さんがいたことが、ここに
繋がってきましたね。

これからの帝国重工は的場さん
のものになるわけです。

帝国に恨みを持ってしまったなら
重田さんに着いて行きたくなりま
すよね。

第4話ではほのぼのした伊丹さん
が見れたのに、今回の展開には
びっくりです。

島津さんはどうするんでしょう?

佃製作所に入ればいいのにね。
そんなことにはならないのかな?

ところで伊丹を演じる尾上菊之助
さんのボウリング(笑)

女形の歌舞伎役者らしく、しなり
しなりと歩いて投げてた(笑)

次回の第6話から新章が始まり
ます。

伊丹と重田が組むけど、佃製作所
はトランスミッションの開発を
始めるようです。

また一波乱ありそうですね。

下町ロケット2続編第6話あらすじネタバレ!野木(森崎博之)が登場!

スポンサーリンク


関連記事