ガリレオ(ドラマ)第9話あらすじネタバレ!キャストや動画視聴は?

Hi!ジャスミンです。

福山雅治さん主演ドラマガリレ

2007年に放送された最初のシーズンは、柴咲コウさんや北村一輝さんが出演しています。

変人物理学者の福山さんが、ただただカッコイイ(笑)
ドラマ内でもカッコイイ先生として人気です。

毎回、豪華なゲスト出演も話題になりました。

第9話のゲストは久米宏さん、本上まなみさん。

第9話は前編で第10話に続きます。

湯川先生の過去のことも少しだけわかります。

第9話のあらすじネタバレキャスト動画視聴方法などをご紹介します。

スポンサーリンク


第9話爆ぜる(はぜる)前編のあらすじ

中学校の文化祭に内海と弓削が、防犯授業をしに行く。

さっぱり生徒が集まらず、2人は教室のほうへ。

美術部の展示で生徒たちが騒いでいた。

ゾンビのデスマスクと名付けられた作品は、やけにリアルな作りだった。

内海は死体にある独特な表情を感じ取った。

すると自分の息子だと言う女性が現れる。

作った生徒である山部は、アルミで作られたマスクを拾い、それを使ったという。

拾った場所から、実際に遺体が見つかっている。

被害者は額を銃で撃ち抜かれていた。

このことを内海が湯川に伝えに行った。

なぜアルミの板に遺体の顔が型どられたのか、そこに湯川は興味を持つ。

内海と湯川は遺体発見現場に向かう。

ゴミが不法投棄された湖だった。

事件当日、藤川は実家に電話している。

その後、藤川は行方がわからなくなっている。

藤川の遺体を調べると、放射線被曝していることがわかった。

医療機器を扱う仕事をしていたため、その可能性も考えられる。

だが中性子線を浴びたこともわかる。

湯川はその異常な数値に頭を悩ませる。

藤川が勤めていた会社はKSメディカルエンジニアリング。

帝都大学の木島教授が設立した会社だ。

事件が起こる数日前、木島は突然退職している。

藤川が木島と揉めていたことが目撃されている。

だが木島は海外へ行っており、秘書に聞き込みをする内海。

事件のあった日、木島は日本にいないと言う。

木島の名を聞いてから、湯川はいつもと様子が違い感情的になっていた。

内海はどうしてもそれが気になっていた。

本署に草薙が来ていた。

栃木の龍仁湖で爆発事故が起きている。

被害者は身元がわからないが、藤川と同じく中性子線を浴び被爆していた。

藤川の事件と関わりがあると推測された。

湯川はまた事件現場にいた。

不法投棄された廃棄物を片付けている男性に声をかける。

湯川は捨てられた廃棄物を調べさせてもらいたいと頼む。

廃棄物の山から、アルミの板や銅線などを見つけ出す。

明らかに意図的に作られたものに反応する湯川。

内海に連絡し、デスマスクがどうやってできたのかわかった、と伝える。

湯川は実験室で事件のあった池を再現した。

雷と同じくらいの電圧を、水の中に入ったアルミに通す。

するとマネキンに張り付き、デスマスクのようになった。

落雷の衝撃波でこのようなことができたのだ。

だが内海は目撃証言と合わないと指摘する。

藤川が目撃された日より前に、落雷があった。

湯川は落雷があった日には死んでいて、目撃証言が違うのではと言う。

龍仁湖の事件の被害者は藤川の上司、だとわかる。

湯川は木島の自宅へ向かっていた。

すると背後から木島が声をかける。

動画視聴方法は?

ドラマ「ガリレオ」はフジテレビオンデマンドで見ることができます。

↓フジテレビオンデマンドはこちら↓

第9話の感想

「爆ぜる」の前編です。

本業は俳優ではない久米宏さんが、湯川のかつての恩師役で登場。

すでにあまり良い人ではない情報が出ていました。

医療機器の会社を作ったけど、社員が2人も不審な死をとげている。

ニオイますなー(笑)

廃棄物を漁っていた湯川先生、かっこよすぎ!

シンプルな服装なのに、ゴミ漁ってるだけなのに、やたらスタイリッシュ(笑)

計算するシーン、勝手に会社の備品に書いちゃってる(笑)

あの突拍子もないところがいいんですけど。

さて木島教授が事件に関わっているのは確実。

でも逮捕できるのか?

目撃証言は嘘なのか?

第10話に続きます。

 

スポンサーリンク


関連記事