地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子第2話あらすじと感想

最近、ブロガーの本増えてますよね。
編集部ではシロウトの本、として
めんどくさがられてるのかしら。

ダンボール映画館は本当に
やってみたらどうなんでしょう?
めんどくさくてやろうと
思えないんだけど、気になる。

悦子とまだぶつかってしまった幸人。
スタントマン並みにゴロゴロ
転がってましたが(笑)

是永是之の「犬っぽいっすね」という
タイトルにシュールさを感じます。
実際、発売したら意外と売れるのでは?

校閲部の面々が地味すぎて
よくこんな地味な役者さん
集めてきたなあ、と関心。

悦子の華やかさとの対比を
楽しんでいます。

あらすじ

悦子是永是之の独特な世界観の
小説の校閲に苦戦し、次に
担当したのは主婦のブログ本。

節約ネタを売りにしている
小森谷亜季のブログを書籍化したもの。

悦子は別の節約ネタを
提供したり、アイディアを出したことで
ページを増やすことに。

貝塚は発売日に間に合わせたいので
余計なことをするな、と怒っていた。

校閲の先輩、藤岩に作家に
会って感謝されたことに
浮かれるな、と釘を差されていた。

藤岩の言葉の意味がこの時の悦子には
わからなかった。

悦子の大失敗

悦子は製本された小森谷の本の表紙に
脱字があったのを見落としていたのだ。

発売イベントがあるため、どうしても
再刷はできなかった。
仕方なく訂正シールで対応する。

発売イベントに駆けつけた悦子は
購入者がシールに気づき、不満を漏らして
いるのが耐えられず、自ら頭を下げる。

小森谷は悦子をはじめ、校閲部への
感謝を述べ、購入者へ挨拶した。

森尾と幸人

幸人はアパートの取り壊しにより
住む場所が無くなっていた。
森尾のマンションに居候することに。

幸人はLassy編集部企画の
コレクションに出演が決定する。

悦子、幸人と再会する

また偶然、悦子は幸人と
ぶつかって再会した。

悦子は幸人と自分の仕事に
ついて話することができた。
幸人が是永だと知らず、是永の
作品の話をしてしまう。

幸人からコレクションの招待を
受け、悦子は幸人がモデルだと
思い込む。

キャスト
河野 悦子:石原さとみ

折原 幸人:菅田将暉
森尾 登代子:本田翼
貝塚 八郎:青木崇高
藤岩 りおん:江口のりこ

茸原 渚音:岸谷五朗

小森谷 亜季:ともさかりえ

スポンサーリンク

関連記事