善竹富太郎が死去!コロナと敗血症の関係は?

狂言師の善竹富太郎さんがコロナウイルス感染による敗血症で亡くなりました。

40歳という若さです。

コロナウイルスは肺炎を引き起こし、重篤な症状になります。

高齢者や持病がある人が危険といわれていました。

善竹さんは若いし、特に持病はないようです。

死因は肺炎ではなく敗血症とのこと。

コロナウイルスと敗血症の関係ってどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

善竹富太郎プロフィール

  • 読み方:ぜんちくとみたろう
  • 生年月日:1979年8月10日

祖父の善竹圭五郎さん、父の善竹十郎さんに師事。

3歳で稽古を始め、5歳で狂言「靭猿」(うつぼざる)の小猿役で初舞台。

学習院大学を卒業していますが、善竹さんのお家は学業優先でやってきたそうです。

そのため学校を休んで舞台に出ることもなく、のびのびと学生生活を送っていたとのこと。

善竹さんの本名は茂山

狂言で茂山というと、茂山千五郎家などを思い浮かべます。

同じ大蔵流の流派で700年続く古い流派です。

茂山家は京都を本拠としており、善竹家は江戸の大藏宗家の芸系を受け継ぐ山本東次郞家のもののようです。

京都の茂山家とは血縁はないです。

スポンサーリンク

4月にコロナウイルス感染!

善竹さんはコロナウイルスに感染したことをツイッターで公表。

その前に3月30日に亡くなった志村けんさんを偲んでいました。

4月7日にアパホテルに待機していたことがわかっています。

アパホテルはコロナ感染者で軽症者の待機場所として、提供されていたホテルです。

つまり善竹さんは比較的軽症だったのです。

約1ヶ月後の5月1日に死去との報道。

待機中に急変したのだと思われます。

これまでのコロナウイルス感染者で死に至る人の条件は、高齢者や基礎疾患のある場合などでした。

志村さんは肺炎の既往歴、肝機能の低下など基礎疾患もありました。

岡江久美子さんは抗がん剤治療をしており、免疫力が低下していました。

どちらも当てはまっていない善竹さん。

しかも軽症者として扱われていたこと。

このウイルスの怖さでもあるのですが、もはやどんな人でも死に至る可能性が高いと言えるでしょう。

善竹さんは敗血症で亡くなりました。

コロナウイルスは重篤な肺炎になります。

実はそれだけでなく菌血症や敗血症、髄膜炎などを引き起こします。

これらの症状は年齢は関係なく、死に至る可能性が高まります。

アビガン投与などで回復した人も多いのですが、まだまだこのウイルスの対処法が確立していません。

40歳とまだまだ若く体力があるはずなのに、亡くなるケースがあるとコロナウイルスの怖さを実感しますね。

40代の感染者の死亡例は非常に少ないのですが、まったくゼロではないのです。

まとめ

狂言師の善竹富太郎さんが敗血症で死去。

コロナウイルスに感染していました。

大蔵流の善竹家に生まれ、5歳で初舞台。

 

 

スポンサーリンク

関連記事