扉の向こう第8話ネタバレ!301号室尾野の異常な趣味とは?

Hi!ジャスミンです。

ドラマ「あなたの番です」のスピンオフ動画「扉の向こう」

毎回放送終了後に、それぞれの住人にスポットをあてたストーリーが公開されます。

あなたの番です「扉の向こう」ネタバレまとめ!

扉の向こうネタバレ、第8話は尾野幹葉の素性と303号室のこと。

恋人や配偶者のいる男性を狙う尾野。

向かいの303号室の人との過去が明らかに。

スポンサーリンク

扉の向こう301号室・尾野幹葉

301号室に住む尾野幹葉

303号室に引っ越してきた舞島亜矢子が挨拶しに来る。

婚約者の佐伯良樹と暮らしていると知ると、尾野はすぐに興味を示す。

この頃の舞島は、尾野が悪気なく、嫌味っぽいことを言っていると思いあまり気にしていなかった。

佐伯は尾野のことは、自分の信念がある素晴らしい人と思っていた。

尾野は佐伯の気を引くため、舞島のあることないことを吹き込んできた。

佐伯は尾野の言うことを鵜呑みにし、舞島とケンカになっていた。

部屋を追い出された佐伯は、尾野の部屋へ。

翌朝、佐伯のスマホで尾野は舞島に電話する。

3人で話し合いをした。

舞島は尾野を責めるが、尾野は悪びれもせず佐伯との愛を語り始めてしまう。

話にならないと思い、諦めて舞島は実家に帰る

佐伯は尾野と恋人同士となる。

だが尾野は途端に佐伯に興味を持たなくなった

食事も以前のように用意してくれず、逆に「なんであると思ったの?」と聞くように。

ある朝、佐伯の首にびっしりと模様が描かれていた。

尾野はヘナタトゥーだといい、上手く書けてると笑っていた。

佐伯はすでに尾野にとって自分は、物のような存在なのだと気づく。

動画視聴方法は?

あなたの番です「扉の向こう」はhulu限定配信です。

日テレドラマ

扉の向こう301号室尾野幹葉の考察

マンション内でダントツで変な人、尾野ちゃんです。

寝取り趣味がある尾野ちゃん。

翔太と菜奈が引っ越しの挨拶をしたときのシーンもありましたが、2人がどういう関係なのかすかさずチェック。

恋人、婚姻関係とわかると奪う気持ちが芽生えます。

翔太に対してもあからさまでしたね。

尾野ちゃんがなぜか向かいの303号室から出てきたことがありました。

それは佐伯と舞島が住んでいた部屋。

鍵を持っているということなんですね。

中で何をしているのかは、本編の第19話で明らかになります。

そしてオーガニックだなんだと言っているくせに、ポテトチップ丼を食べる矛盾(笑)

実はあまり気にしてないんじゃないかと。

祭りでりんご飴かじってたしね。

舞島が渡したお菓子は捨てられてましたが、菜奈が渡したのも捨てたのだろうか。

まあ食べてないよな、絶対。

ロックオンした男性には、まず食べ物を贈り胃袋を掴むのが尾野ちゃん流。

そして釣った魚にはまったく餌をやらない

それどころか興味なし、なんでいるの?ってくらいになってしまう。

自分のものにするまでを楽しんでいるだけなんですね。

これはこれで充分怪しい人物なんだけど。

管理人(床嶋)が作って渡したネームプレートは、尾野ちゃんだけが使っています。

この理由が描かれてなかったですね。

深い意味はないのかな。

っていうか、本当は尾野ちゃんが作ったのかな。

工具とかいっぱいあるし、手先が器用だからね。

それを管理人に配ってもらってたとか。

ところで303号室に住んでいた舞島は、榎本家の扉の向こうでも登場します。

すぐに引っ越してしまったので、他の住人とは接点なさそうです。

事件に関係している?と怪しい部分が多い尾野ちゃん。

しかし最終話に近づくにつれ、「やっぱりタダのへんな人か?」と思える点が増えます。

実は犯人に関する情報をいち早くつかんでいたのも事実。

尾野ちゃん自身はそんな魅力あるとは思えないけど、結構な確率で寝取ってるんですよね。

あまり役に立たない能力を持ってるようです。

スポンサーリンク

関連記事