テセウスの船(ドラマ)第9話あらすじネタバレ&考察!犯人は文吾を恨む人?

竹内涼真さん主演ドラマテセウスの船

人気漫画が原作になっています。

大量殺人犯の息子といわれ、苦しい思いをしてきた主人公の心。

冤罪の可能性を信じ、過去へ戻ります。

第9はお楽しみ会での事件を防ぐため、心と文吾が動き回ります。

そんな2人をみきおは挑発するような言動をとり・・・

今回のラストはドラマオリジナルの展開になります。

みきおの共犯者は誰なのか?

第9話のあらすじネタバレ犯人の考察をご紹介します。

前回のあらすじはこちら→テセウスの船(ドラマ)第8話あらすじネタバレ&考察!鈴・校長・せいやが怪しい?

このドラマは原作と犯人が違うそうです。

原作とドラマの違いを比較!→ドラマ「テセウスの船」原作と違う点を比較!

スポンサーリンク

第9話のあらすじ

心が文吾のあとを追ったが、パトカーの中で倒れているみきおを見つける。

文吾の姿はない。

駆けつけた警察官のは、文吾がみきおを疑っていたという。

家に帰ると帰ってこない文吾を心配する家族をなだめる心。

子供たちには大丈夫と言う和子だが、和子自身も不安そうだった。

突然、馬淵という警察官が文吾にみきおの殺人未遂容疑がかかっていると告げに来る。

礼状もなく部屋の中を捜査されてしまう。

みきおは青酸カリを飲まされて、意識不明だという。

特に証拠も見つからなかったため、警察は帰っていく。

しかし翌日から自宅前にマスコミが押し寄せ、和子にコメントを求める。

鈴と慎吾も学校に行ける状態ではなかった。

和子がマスコミの前で頭を下げた。

それが未来の和子の姿と重なり、心はなんとかしなければと思う。

文吾はどこか部屋の中に監禁されていた。

目隠しをされ拘束された状態で、身動きが取れない。

犯人と思われる人物がそばにいる。

犯人がテレビをつけると、心や和子が問い詰められる様子が映される。

心が文吾の無実を訴える。

そして和子はいつものように威勢よく怒鳴り散らし、マスコミを圧倒させた。

文吾が笑って犯人に挑発すると、スタンガンで気絶させられてしまう。

心はみきおに何か聞こうと病院へ行く。

しかしみきおの意識はまだ戻っていなかった。

みきおを見守るさつきは、文吾を犯人だと思いこんでいる。

心は警察が来た時、青酸カリを置いていったかもしれないと思う。

家中探したが見つからなかった。

しかし駐在所に封筒が置かれている。

心が捨てたノートが入っていた。

そこには1977年に開催された音臼村の祭のチラシが入っていた。

主催者の中に石坂校長の名前を見つける。

心は校長にこの祭について聞きに行った。

この祭で出されたきのこ汁で食中毒が起こり、それ以降祭は開催されていない。

食中毒で亡くなったのは徳本の母

そして校長は心が何者なのか、と疑いの目で見ていた。

心は山の中を歩き回り、手がかりを探していた。

そこで山の上から文吾が降りてきた。

確かに犯人は目の前にいたのだが、なぜ開放されたかわからないという。

家族と合流し安心していると、伊沢と徳本が来てイノシシ鍋を振る舞う。

和子や子供たちが食べている隙に、心は文吾にノートが戻ってきたことを告げる。

文吾は警察に監禁されていたことを話した。

疑いが晴れたと思ったが、なぜか一晩留置場で過ごさせられる。

翌朝、和子が文吾を迎えに行く。

その間に山に不法投棄されたゴミが見つかる。

その中には「駐在日誌」と書かれたフロッピーが見つかる。

また馬渕たちが駐在所へ来た。

文吾が使っていたワープロを見ると、みきおの部屋で見たデータが入っていた。

これまでの犯行について記されたもので、もちろん文吾が入れたものではない。

青酸カリは庭に埋めた」と書かれていたことで、馬渕たちは庭を掘り起こす。

書いてあるとおり青酸カリの瓶が見つかる。

ちょうど帰ってきた文吾は、そのままパトカーに乗せられてしまった。

スポンサーリンク

 

第9話の感想

ここからは完全にドラマオリジナルの展開です。

というわけで、ドラマ関係者以外は結末を知りません!

心のポンコツぶりに拍車がかかっています(笑)

過去に戻ってきた意味ないぞ、いまのところ。

犯人は文吾に罪をなすりつけようとしています。

これは誰もがわかったことですが、井沢(六平直政)と徳本(今野浩喜)が鍋をごちそうした時、駐在所に証拠を置かれてしまったんですよね。

つまりあの2人は犯人とグル。

フロッピーが見つかった場所にいた正志(せいや)も、なにか意味深な表情。

正志があのゴミを投棄したんだろうな。

音臼村祭のことから一気に怪しくなってきた校長。

絵を描くのが趣味だと判明。

さらに心と同年代の息子がいる。

でも怪しいと思わせる要素が多すぎて、ミスリードを狙っている気もしなくもない。

村人がグルだと考えても、なぜ文吾が陥れられるのか謎ですね。

そんな恨まれることをしたのだろうか。

真犯人は本当に最後までわからないですね。

以前から指摘されている

子供の鈴も犯人に協力させられているかも?と思うところが。

瓶が埋まっていた場所を見ている鈴。

これは・・・何か意味がある?

でも中心になっている人物は絶対大人なんですよ。

最終回で突然出てきたキャラが犯人っていうのだけはカンベンして。

馬渕も怪しさがありますが、最初っから変なヤツは犯人の可能性は低い。

文吾をライバル視しているけど、遠回しにかばっている?

なぜか留置場にいれられたのは、絶対意味があるような。

文吾のアリバイ作りで、真犯人を泳がせるためか。

最終回の予告で注目なのは、文吾が「お前だったのか」と言っています。

文吾が「お前」と言える人。

そう考えると校長とか井沢とか年上の人じゃない感じがする。

過去の文吾が知っている人

と、なると未来から来た人物ではない。

正志か徳本しかいなくなってしまうな^^;

別の時代からタイムスリップしてきた心という、ぶっとんだ考察もありますが・・・(笑)

いずれにせよ視聴者の納得できるラストに期待!

スポンサーリンク

関連記事