テセウスの船(ドラマ)第8話あらすじネタバレ&考察!鈴・校長・せいやが怪しい?

竹内涼真さん主演ドラマテセウスの船

人気漫画が原作になっています。

大量殺人犯の息子といわれ、苦しい思いをしてきた主人公の心。

冤罪の可能性を信じ、過去へ戻ります。

第8はお楽しみ会での事件を防ぐため、心と文吾が動き回ります。

そんな2人をみきおは挑発するような言動をとり・・・

今回のラストはドラマオリジナルの展開になります。

みきおの共犯者は誰なのか?

第8話のあらすじネタバレ犯人の考察をご紹介します。

前回のあらすじはこちら→テセウスの船(ドラマ)第7話あらすじネタバレ&考察!黒幕は誰?

このドラマは原作と犯人が違うそうです。

原作とドラマの違いを比較!→ドラマ「テセウスの船」原作と違う点を比較!

スポンサーリンク

第8話のあらすじ

お楽しみ会の日、事件を止めようと心と文吾は学校へ向かう。

放送室にいたみきおのカバンを調べた文吾。

青酸カリは持っていなかった。

心は「はっと汁に青酸カリを入れるつもりだろう」とみきおに言う。

みきおはとぼけて「絶対に止めないと」と言った。

思わず心はみきおに掴みかかる。

文吾と心がみきおを連れ出すと、教員や生徒たちの目の前で泣き出す。

校長やさつきはみきおの言い分を信じてしまう。

一方、車で村を出ようとしていた和子と子供たち

なぜか路上に野菜の入ったカゴが追いてあり、通行の妨げになっていた。

和子はカゴを移動させる。

学校ではみきおの姿を見失う。

心と文吾が村人たちに聞くと、ついさっきまではっと汁をかき混ぜていたという。

校舎へ戻ると今度はクラスメイトにジュースを振る舞うみきおの姿。

心が止めに入ると、みきおは飲んで見せる。

みきおは苦しむフリをしてからかう。

食事の時間になりはっと汁が配られる。

文吾は校庭で作っていたはっと汁を捨てる。

一人でいるみきおに近づいた心。

みきおは「タイムカプセルよりタイムスリップのほうが興味がある」と言い、心が何者なのかわかっているような口ぶり。

心はなぜこんなことをするのかと問い詰めるが、みきおは「僕の計画は完璧だ」と言い切った。

子供たちの分のはっと汁は、すでに教室に置いてあった。

さつきが全員に配ってしまう。

文吾が止めるため火災報知器を鳴らそうとするが、鳴らないよう細工されていた。

心は「はっと汁に毒を入れると脅迫状が届いた」と言った。

心は「毒は入っていないと思う」と言い、みんなの前で飲んでみせた

結局はっと汁には毒物は入っていなかった。

お楽しみ会は無事終わる。

心はみきおの言葉が気になっていた。

さつきは心と文吾に不信感を示し、自宅にみきおを連れて帰った。

文吾のもとに無線で連絡が入る。

和子の運転する車が放置されていた。

3人とも乗っていなかった。

車内にはまた不気味な絵が置いてある。

心はみきおに共犯者がいることを確信する。

不気味な絵は警察のような男が磔にされている。

狙いは文吾の命では?と考える。

だが文吾はそれだけで21人が殺されるのは納得できなかった。

心たちが木村メッキ工場の前を通ると、さつきが「みきおくんがいなくなった」と焦っていた。

そのときみきおはある人物と一緒にいた。

和子たちは目隠しをされ、監禁されてしまう。

ワープロの文字「お楽しみ会は笑えた。計画はとっくに変更してたのに。明日はどんな顔をするか楽しみだ。

翌朝、和子たちが発見される。

音臼小学校の体育館に監禁されていた。

文吾が会いに行くと、鈴は「みきおくんが助けに来てくれた」という。

心と文吾はお楽しみ会にいた大人の中に、みきおの共犯者がいると推測した。

和子たちは自宅に戻る。

心は小学校の青酸カリ事件について、和子に打ち明ける。

みきおが犯人だということも。

やっぱり村から出て逃げてほしいと頼む。

しかし和子は警察官の文吾と結婚したからには、何があっても覚悟しているという。

だから文吾と一緒に家にいて、子供たちを守ると決心していた。

文吾は犯人を探すため1人で行動。

心は村を歩き回り村人の様子を探る。

正志と徳本が「あんなことがなければ」と、過去を思い出しているようだった。

駐在所に電話がかかってきた。

文吾が出ると、みきおの声がする。

「もう疲れちゃった」といい居場所を教える。

文吾に1人で来るよう指示してきた。

心が駐在所に戻ると、文吾からの置き手紙があった。

1人でみきおに会いに行ったとわかる。

住所のようなものが書かれた痕が見えた。

鉛筆でこすってみると「仙南キャンプ場」と書かれているのがわかる。

文吾がキャンプ場に着くと、ワープロで印字された紙があった。

これまでの事件について語られているものだった。

そして聞いていたとおり、そこにはみきおがいた。

みきおは「鈴のため、正義の味方は僕一人でいい」という。

しかし背後からスタンガンで襲われ、文吾は気を失う。

みきおは文吾を襲った人物に「次はどうする?」と尋ねるが、スタンガンを向けられた。

心がキャンプ場につくと車の中で気を失っているみきおがいた。

スポンサーリンク

 

第8話の感想

実は今回の前半部分は、原作の最終巻のストーリーなんですよね。

ところどころ変えてある箇所はありますが。

文吾がみきおに呼び出されるのは、ドラマオリジナルです。

というかそれ以降は原作にありません。

原作では小屋で心が成人したみきおから、事件のことすべてを聞かされます。

タイムスリップしていたのは心だけではなく、成人みきおも。

文吾も小屋へ行くと、背後から成人みきおがナイフを向け殺そうとします。

そこへ心が止めに入り、ナイフは心に刺さり・・・

という流れです。

でもこうならなかったドラマ版は、みきおの共犯者は成人みきおではないってことですかね。

正志と今野が言っていた「あんなこと」とは、第9話に明らかになる過去の事件です。

第9話は完全にオリジナルの展開になるようです。

意味ありげに登場する小籔千豊さん演じる警察官。

文吾は結局、容疑者になってしまう。

お楽しみ会でもやっぱりポンコツ親子(笑)

完全にチビみきおに踊らされている。

いやチビみきおも黒幕に利用されていたんだよな。

ドラマ版テセウスは別の事件で、文吾に恨みがあった者が真犯人?

ツイッターでは「怪しい」と言われている人物が予想されていました。

大人の鈴・・・顔に傷があるほうの鈴がタイムスリップしてる可能性。未来のさつきが鈴を恨んでいる様子だった→犯人だとわかっていた?

校長・・・やたらみきおをかばう。転校したみきおの行方を知らなかった→知らないフリ?

せいや(正志)・・・意味深な表情が多い。母親はある事件で死んだ?→文吾に恨みか?

まだ登場してないキャラだったら、ヽ(・ω・)/ズコーですけどねぇ。

テセウスの船(ドラマ)第9話あらすじネタバレ&考察!犯人は文吾を恨む人?

スポンサーリンク

関連記事