テセウスの船(ドラマ)第7話あらすじネタバレ&考察!黒幕は誰?

竹内涼真さん主演ドラマテセウスの船

人気漫画が原作になっています。

大量殺人犯の息子といわれ、苦しい思いをしてきた主人公の心。

冤罪の可能性を信じ、過去へ戻ります。

第7は再び過去に戻った心。

新しい未来のこととみきおが犯人だと知った文吾と事件を防ぐため、奔走します。

第7話のあらすじネタバレ犯人の考察をご紹介します。

前回のあらすじはこちら→テセウスの船(ドラマ)第6話あらすじネタバレ&考察!みきおが・・・!

このドラマは原作と結末と犯人が違うそうです。

原作とドラマの違いを比較!→ドラマ「テセウスの船」原作と違う点を比較!

スポンサーリンク

第7話のあらすじ

目が覚めたら病院にいた心。

文吾が病室に入ってきたので、一度未来に戻ったと話す。

そしてみきおが犯人であること、みきおがさつきの養子になっていたことを告げた。

音臼小学校のお楽しみ会まであと2日

校長にみきおのことを尋ねると、数日前に転校し隣町の施設に預けられたとわかる。

しかしさつきの話では親戚のところへ行くといい、施設を出ていったらしい。

心と文吾はみきおが住んでいた家を捜索する。

子供部屋らしき部屋は、標本などが置いてあり理科室のような雰囲気だった。

心先生へ」と書かれたフロッピーを見つける。

置いてあったワープロで中身を見てみると「バレちゃったか」と心を挑発する文章が書かれていた。

みきおは心が未来から来て、自分を探りに来るとわかっていたのだろうか。

さつきの自宅である木村メッキ工場へ行った心と文吾。

ちょうどさつきが帰ってきており、部屋の中へ招かれる。

さつきはみきおのことを話し出す。

両親を亡くし、引き取られた祖母には可愛がられていなかったみきおを不憫に思い、養子にしたいと語った。

文吾とともに佐野家に戻った心。

以前と変わらず温かく迎えてくれた。

和子が身ごもっている子は家族会議で「心」と名付けると決めた、と鈴が嬉しそうに報告してくれる。

すると鈴は放課後、みきおに会って話したと打ち明ける。

赤ちゃんの名前を心にするというと、みきおは大笑いしていたという。

みきおはまだ音臼村の近くにいる可能性が高い。

文吾と2人きりになった心は、一度戻った未来では一家心中して和子と慎吾が死んだと告げた。

文吾はなんとしてでも事件を防ごうと必死になる。

学校でお楽しみ会の中止を頼むが、誰も聞き入れてくれなかった。

焦るあまりに文吾は村民とケンカになってしまった。

呆れていた和子には理由を言えず、夫婦仲も険悪に。

駐在所に電話がかかってきた。

田中のおじいちゃんが大変」と通報してきた。

その声はみきおだった。

慌てて田中の家へ向かうが、すでに義男は死んでいた。

「さよならおじいちゃん、さよなら心先生」とワープロから印刷した紙が置かれていた。

心は自分も狙われているということは、和子が狙われていると気づく。

急いで心は家へ戻った。

和子の話でみきおが来たことがわかる。

作ったスープを味見してほしいと言ったが、鈴たちが帰ってきたら、みきおは帰ってしまった。

心と文吾は村中、みきおを探し回る。

心は家族を守るため、村から出るべきだと説得する。

帰った文吾は鈴と慎吾に、お楽しみ会に出るなと告げた。

当然子供たちは反発し、和子も理由を教えてと怒る。

心の説得で村を出ることを受け入れてもらう。

その代わり佐野家のお楽しみ会をしようと、家族で盛り上がった。

30年後に掘り返すタイムカプセルを作ろうということになり、それぞれが入れたいものを用意。

心はまた由紀に会えるようにと思いを込め、結婚指輪を入れる。

佐野家の家系図を書いて指輪と一緒に封筒にいれた。

そしてついにお楽しみ会の日を迎えた。

和子と子供たちは車で村を出ていく。

心と文吾はみきおの姿を探す。

すると校内放送が流れた。

その声はみきお。

急いで放送室へ向かうと、みきおは心の顔を見てニッコリと笑う。

スポンサーリンク

 

第7話の感想

心だけでなく文吾までポンコツぶりを発揮(笑)

やはり親子ですね。

まんまとみきおに踊らされる。

村中探してもみきおがいる場所にたどり着けないって・・・

過去のみきおは未来を知っているようです。

心のノートを見たからだけでなく、必ず自分を追ってくるとわかっているみたい。

原作では「お泊り会」だったんですけど、ドラマでは「お楽しみ会」になってたんですね。

確かに泊まらなくて、も生徒たちに何か口にさせることはできますからね。

佐野家でタイムカプセルを埋めました。

これ、最後まで覚えておいてほしいエピソードです!

30年後と言っていますから、まさに心が元々いた時代です。

それにしてもみきお役の柴崎楓雅くん、上手いですね。

第7話の放送日、裏番組で「微笑む人」にも出演していたらしいです。

こっちでもサイコパス感ある役だったので、柴崎くん大丈夫か?と心配になります。

次回、第8話の予告で心が「みきおには共犯者がいます」って言うの遅い!(笑)

過去に来たときすぐ文吾に言えよ!

金丸が接触していたのは、子供のみきおじゃなかったんだからさ。

今度こそ和子と子供たちが危ない!

お楽しみ会は無事に済むのか?

みきおの共犯者とは?

原作と違うのなら、やっぱり村民の誰かなんだろうか。

でも未来のことをみきおに教えた人ってことだから・・・

心と一緒にタイムスリップしている「誰か」が黒幕ですよね。

スポンサーリンク

関連記事