テセウスの船(ドラマ)第6話あらすじネタバレ&考察!みきおが・・・!

竹内涼真さん主演ドラマテセウスの船

人気漫画が原作になっています。

大量殺人犯の息子といわれ、苦しい思いをしてきた主人公の心。

冤罪の可能性を信じ、過去へ戻ります。

第6は新たな犠牲者も!

そして心はみきおからある情報を得て・・・

ラストは真犯人に迫ります!

第6話のあらすじネタバレ犯人の考察をご紹介します。

前回のあらすじはこちら→テセウスの船(ドラマ)第5話あらすじネタバレ&考察!心が無能すぎる!

このドラマは原作と結末と犯人が違うそうです。

原作とドラマの違いを比較!→ドラマ「テセウスの船」原作と違う点を比較!

スポンサーリンク

第6話のあらすじ

心は由紀と一緒に鈴の見舞いに行く。

鈴は意識が戻り容態に変化はない。

しかしさつきに自分が「佐野鈴」だとバレていたと告げる。

警察の調べによると、さつきは鈴に松尾の殺害をなすりつけているらしい。

それを聞いた心はさつきに問い詰めようと病室へ向かった。

だがさつきは病室で死んでいた

オレンジジュースを飲んだ形跡があり、服毒が死因であるのは明らかだった。

心の自宅に郵便物が届く。

あの不気味な絵だった。

心が過去に行った時見た絵と似たようなものだった。

21人の子供の絵は、音臼小学校の事件の被害者と一致する。

心がこの事件のことを追っていると、犯人は気づいているのだろう。

心と由紀はみきおのところへ行く。

みきおは犯人が許せないと怒りを顕にする。

さつきの部屋には不気味な絵がいくつも置いてあった。

みきおからさつきの手帳を受け取り、交友関係のあった人を調べた。

手がかりになるものがなく、心と由紀は海辺で考え込む。

由紀の手には指輪があった。

それを見て心は由紀にプロポーズした時のことを話す。

祖母の形見である指輪を無くしてしまい、砂浜で探し回っていた。

結局見つからず諦める。

別の日にまた探しに行こうと誘い、代わりに婚約指輪を渡した。

現代の由紀は「ロマンチストな人ですね」と笑う。

文吾の弁護士から呼び出された心。

面会に行くと文吾は、松尾とさつきの死にショックを受けていた。

今だに音臼村の人たちが殺されていると知り、文吾は心を心配する。

そして文吾は金丸が明音の首にあった痕が不思議だと言っていたと伝える。

心は次は良い知らせをすると約束する。

金丸の同僚の森の自宅を尋ねる。

森はすでに死去しており、妻が遺品を見せてくれた。

音臼小学校関連の事件をまとめたものだった。

明音の首の痕は手で首を締めた指の痕で、心には不思議な点には思えない。

さつきの病室に「メガネで小太りの男」が出入りしたとの情報を得た。

心は聞き込んだ結果、田中義男の息子の正志だとわかる。

正志のアパートを訪れると、正志はすでに死んでいた。

不審な物音に気づいた近所の人が警察を呼んでいた。

現場にいたことで心が疑われ、逮捕されてしまう。

「佐野文吾の息子」ということで、心が身の潔白を訴えても聞き入れてもらえなかった。

一晩、留置場で過ごす。

朝になって釈放された。

防犯カメラの映像に心より先に正志の部屋に入った者がいるとわかる。

由紀がそれを主張してくれたので、心は釈放されたのだ。

自宅で休んでいた心のもとに、またあの不気味な絵が届く。

音臼小学校の慰霊碑に「END」と書かれている。

日付は明日。

心は自分の命が狙われているかもしれないと感じる。

由紀を呼び出した心。

すごいスクープネタだと前置きして「タイムスリップした」という話を始める。

過去に戻る前の由紀との話をした。

心は婚約指輪を由紀に見せる。

「YUKI TO SHIN」と書かれており、由紀はそれが自分だと理解してくれる。

心は音臼小学校の慰霊碑の前に行くと言った。

犯人が現れるだろうと考えていた。

また由紀に会えることを願い、慰霊碑に向かう。

心は1人で慰霊碑の前にいると、みきおが現れる

なんとみきおは車椅子から降りて、自分の足で歩いていた。

「せっかく完全犯罪にできたのに」とみきおは心に怒りをぶつけ、ナイフで切りつける。

みきおは心の首を締めてきた。

そのとき心は明音の首は子供の手で締められたものだと気づく。

つまり子供のころのみきおの手だった。

みきおとの会話はレコーダーに録音してある。

心が倒れ込むと霧が立ち込めていく。

意識が戻ると心は病室にいた。

カレンダーは1989年となっていた。

心のレコーダーはなぜか子供の頃のみきおが手にしていた。

スポンサーリンク

 

第6話の感想

ちょっとずつ原作と違ってきてますね。

大人のみきおの自白は、原作では最終章に入っているところでした。

でも第6話でこうなっちゃうのかー。

展開早いなあ。

なんで一瞬正志が疑われて殺されるんだ?(笑)

みきおが歩けるとわかり、さつきにジュースを持っていたのは、やはりみきお!

だから疑うことなくさつきは飲んでしまったんでしょうね。

子供の頃のみきおの犯行だとしても、松尾(佐々木紀子)の証言が合わないですよね。

松尾は声を聞いて、だいたい誰なのかわかっていました

そう考えると子供のみきおではない。

ツイッターでよくあがっている考察は、みきおもタイムスリップしているとのこと。

・・・これだと原作どおりだけどなあ。

みきお以外にもタイムスリップしているとか?

六平直政さんや今野浩喜さんが演じていた村人が、グルだったらズコーって感じだよね(笑)

ドラマの公式サイトで使われている写真。

子供のみきおはいないのに、子供の鈴がいる。

これはかなり大きなヒントかもしれない。

さつきが鈴を責めたのは、「文吾の娘」だからではない?

しかし相変わらず心はポンコツだ。

犯人に「録音してあるぜ」って見せてどうする!

何よりもの証拠になるってのにさ。

第7話は再び過去に戻った心。

音臼小学校のお泊り会の2日前でした。

今度こそ阻止しなくてはならないのです。

心がアホすぎて心配ですけど(笑)

和子が身ごもっている子が心だというのも、知られていると予告にありました。

未来の心が犯人探しをしないため、心を生まれてこないものにしようとしている?

みきおがキーマンだとわかっていますから、彼の動きを注意しておけば良いのです。

協力者がいるのも確実です。

次回はチビみきおから目が離せませんね。

テセウスの船(ドラマ)第7話あらすじネタバレ&考察!黒幕は誰?

スポンサーリンク

関連記事