テセウスの船(ドラマ)第3話あらすじネタバレ!心が逮捕?

竹内涼真さん主演ドラマテセウスの船

人気漫画が原作になっています。

大量殺人犯の息子といわれ、苦しい思いをしてきた主人公の心。

冤罪の可能性を信じ、過去へ戻ります。

第3話は心が金丸に逮捕されてしまいますが・・・

ついに文吾に真実を明かしたものの信じてはくれず。

ラストでは驚きの結末となります。

第3話のあらすじネタバレ犯人の考察をご紹介します。

前回のあらすじはこちら→テセウスの船(ドラマ)第2話あらすじネタバレ!翼は犯人なのか?

原作とドラマの違いを比較!→ドラマ「テセウスの船」原作と違う点を比較!

スポンサーリンク

第3話のあらすじ

心は手錠を掛けてきた金丸を突き飛ばし逃げ出した。

カバンに入れていたノートと免許証を投げ捨てる。

しかし逃げ切れず、心は逮捕されてしまった。

取り調べで素性を明かせない心は、容疑を否認するしかなかった。

それでもすぐに釈放される。

だが村民からの視線は冷たく、疑われていることには変わりなかった。

佐野家に戻ってきた心。

和子が温かく迎え入れてくれる。

食事中何度も電話がかかってくる。

心が出てみると何者かが罵倒する声が聞こえる。

明るく振る舞っていた佐野家の人々だが、心をかばったことで同じように罵られていたのだ。

心は申し訳なくなり、ひたすら謝る。

そんなときでも文吾はふざけて見せて、家族を和ませていた。

仕事に復帰した心は、木村さつきから工場にあった青酸カリが無くなっていたと聞く。

さらに校門に不気味な絵が貼られていた。

今度は1人の少女が縛られているような絵だった。

文吾にもこのことを報告。

もうすぐ音臼小学校の青酸カリ事件の日が来る。

文吾を見ているとどうしても犯人とは思えない心。

でも文吾が犯人だとは言えずに悩んだ。

心は佐々木紀子に青酸カリのことを聞こうと自宅まで行く。

だが佐々木はまったく話をする気はなかった。

翌日、クラスの子供たちがオレンジジュースを分け合って飲んでいた。

箱には「21」とかかれていた。

21とは青酸カリ事件で死んだ生徒数と一致する。

嫌な予感がした心は、飲むのを止めさせる。

帰宅した心は自分だけではどうにもならないと思い、ついに文吾に音臼小の事件のことを話す。

そして犯人が文吾であることも。

必死に訴えた心だが、文吾は「証拠がない」と信じようとはしない。

怒った文吾は心を追い出してしまう

心は金丸を呼び出し、文吾にも話したことをすべて打ち明けた。

もちろんそのまま信じてはくれなかったが、金丸は心が言うことには無視できない部分があるという。

1人で勝手に動くなと忠告を受け、金丸の指示にしたがった。

心は小学校に泊まり、一晩明かした。

目を覚ますと、近くにまた新たな不気味な絵が置いてあった。

2匹の狐の間に泣いている少女の絵。

心は神社で何か起こると予想し、急いで現場へ向かう。

金丸は文吾に連絡し、心を助けてやってくれと頼む。

神社に着いた心は、薬品の入った瓶を見つけ手にした。

すると背後から押され階段の下へ突き落とされてしまう。

倒れている心を文吾が助けに来る。

文吾は一緒に事件を防ごうと、心の言うことを信じることにした。

一方、金丸は何者かに呼び出され音臼岳に来ていた。

物音に気づき崖下を覗いていると、背後から突き落とされる

文吾と神社を後にしようと歩きはじめると、突然心を霧が包み込む

気がつくと景色はさほど変わっていなかった。

小学校の跡地に慰霊碑が立っている。

スマホも動き出していることに気づくと、現代に戻ってきたと心は把握した。

すぐに音臼小の事件について調べた。

事件は起こっており、犯人は文吾のままだった。

さらに家族は一家心中し、和子と兄の慎吾が死亡したと記事に書いてある。

心が過去に戻る前より状況は悪くなっていた。

スポンサーリンク

 

第3話の感想

今回は目まぐるしくストーリーが進みましたね。

あんなに疑っていた金丸さんが少し理解を示してくれました。

なのに!

あの高さからじゃ助かりませんよね・・・

第3話は結構ドラマオリジナルの部分が多かったです。

文吾に追い出されてからのところは、原作にないですね。

原作ではその後すぐ、霧に包まれ現代に戻ってしまうので。

犯人が描いたと思われる絵もドラマオリジナルです。

ユースケさんが演じる金丸さんは、心が未来から来たということを少し信じてくれる。

車のナンバーも「4103(よいおっさん)」(笑)

金丸さんを突き落としたのは、やっぱり犯人でしょうね。

金丸の様子からして、顔見知りか?

さて舞台は平成元年ですが、ちょいちょい間違っている部分が・・・^^;

佐野家は黒電話でした。

平成元年はそろそろプッシュ式の家庭が増えていましたよ。

田舎だからそういうの遅れていたということで見逃しておきましょう(笑)

文吾がアントニオ猪木のマネをして「1,2,3,ダー!」と言ってました。

平成元年の猪木のモノマネは「1,2,3,ダー!」じゃないです!

モノマネ芸人の春一番さんがやり始めたのが最初じゃないかと思います。

当時は猪木のモノマネとして定着していなかった。

猪木のマネっていったら顎を出すくらいだったような。

あと車が微妙に新しいという指摘もあるようです。

これは仕方ないですよね(笑)

撮影用に当時のものを用意するのは無理でしょう。

そんなこと言ったら子供たちが着てるスキーウェアみたいなの、あんなの最近のやつだし。

ドラマになかった名前を決める家族会議

和子が心を妊娠しているときは、文吾が「正義(せいぎ)」にしようと言っているんです。

このエピソードがすっぽ抜けていますね。

犯罪者の子が「正義」じゃダメだっていうので、和子が「心」と名付けているのです。

ドラマでは最初から「心」で行くのかな。

現代に戻ってきたら青酸カリ事件は、「はっと汁」に変わってました。

宮城県の郷土料理ですね。

次回、第4話は現代に戻ってきた心。

でも過去を変えたことで未来も変わっています。

妻の由紀が死んでいないのは良いのですが・・・

姉の鈴と車椅子の男も登場しますね。

まだ半分も終わってませんが、ここからもっと怒涛の展開になりますよー。

スポンサーリンク

関連記事