テセウスの船(ドラマ)第1話あらすじネタバレ!パラコート犯人は誰?

竹内涼真さん主演ドラマテセウスの船

人気漫画が原作になっています。

大量殺人犯の息子といわれ、苦しい思いをしてきた主人公の心。

冤罪の可能性を信じ、過去へ戻ります。

第1話は心が初めて父の文吾と会います。

平成元年に戻り、三島千夏の事件などを救い・・・

第1話のあらすじネタバレ犯人の考察をご紹介します。

原作のあらすじはこちら→テセウスの船(漫画)第1巻のあらすじネタバレ!感想もご紹介!

原作とドラマの違いを比較!→ドラマ「テセウスの船」原作と違う点を比較!

スポンサーリンク

第1話のあらすじ

田村心は音臼小学校の大量殺人犯の息子

母の和子から他所の人の前で笑ったり泣いたりしてはいけないと言われ、31年間育ってきた。

テレビでは平成を振り返る番組が流れる。

父・佐野文吾が犯した事件についても取り上げられていた。

心は逮捕された文吾の姿しか見たことがない。

妻の由紀は妊娠中。

心はなぜか耳に残っている曲をハーモニカで演奏して聞かせる。

由紀は音臼小の事件について調べていた。

文吾が犯した事件の前にも、音臼村では不可解な事件が起きていたという。

由紀がまとめた記事のスクラップを受け取る。

由紀は文吾が冤罪だと信じている。

だが心は和子からいわれてきたように、父親はいないときっぱりと告げた。

突然、由紀に異変が起こる。

病院に運ばれ、女の子を出産した。

しかし由紀は妊娠中毒症で、非常に危険な状態だった。

意識が薄れていく由紀は心に「下を向かないで生きて」と言い残し亡くなる。

生まれた子は「未来(みく)」と名付ける。

明るい未来へ生きて欲しいという願いを込める。

由紀の両親から未来を引き取りたいといわれていた。

心は文吾に会う決心をする。

音臼村へ着いた心。

音臼村は現在、廃村となっている。

音臼小学校があった場所は慰霊碑が建てられていた。

慰霊碑を見つめていた心を深い霧が包む。

気を失っていた心が気づくと、なかったはずの校舎があった。

村の雰囲気も変わっており、人が住んでいるようだ。

神社を通りがかると、少女が倒れていた。

階段から滑り落ちて、意識がなかった。

心は急いで三島病院へ連れて行く。

幸い脳震盪で、顔に少し傷ができていただけだった。

心は何気なく待合室のテレビに目をやる。

元号が平成に変わったとのニュース。

今は1989年1月7日だったのだ。

由紀の残した記事のスクラップを見る。

少女が転んでケガをしていたというものが見つかる。

佐野鈴」と書いてあり、心は自分の姉だと気づく。

病院に慌てた様子で入ってきた警察官。

佐野さん」と呼ばれていたその男は、まさしく文吾だった。

心が助けたと知って文吾は握手を求めてくるが、思わず声を荒げ病院を飛び出した。

病院の外に小さな女の子がいた。

1月7日にパラコート中毒で死んでしまった三島千夏だった。

心は事件を防ごうと、千夏に倉庫の場所を教えてもらう。

倉庫にあったパラコートを持ち出した。

千夏に「泥棒!」と騒がれてしまい、心は林のほうへ逃げた。

その様子を新聞配達員の長谷川翼が見ていた。

心はパラコートを捨て、容器を雪に埋めた。

これで事件は起きないと安心したが、文吾が千夏を連れて歩いているのを見かける。

心は千夏の事件にも文吾が関わっているのかと疑う。

林を抜けると少年を連れた女性に声をかけられる。

その女性は和子、一緒にいるのは兄の慎吾だった。

現代の和子とは違い、とても明るく肝っ玉母さんといった感じだった。

2人は鈴を迎えに病院に行くところだった。

鈴の顔には凍傷の痕は残らずに済んだ

それを見て心は、未来は変えられると確信する。

病院の外で文吾が慌てた声を出す。

千夏が倒れていた。

服毒したと判明し、すぐに手当をする。

心はパラコートを捨てたはずなのに、事件が起きてしまったことに愕然とする。

まもなく千夏は死亡

文吾は心を窃盗犯だと警察署に連絡していた。

スポンサーリンク

心は神社で一晩明かし、これから起こる事件について確認した。

小学校教師の木村さつきの父、敏行雪崩に巻き込まれ事故に遭う。

出かけようとしている敏行に、心は音臼岳のほうには行かないよう告げる。

しかし信じてもらえず敏行は車に乗り込んでしまった。

パトカーに乗っていた文吾に、敏行の車を追ってもらう。

もうすぐ雪崩が起きる」という心の言葉は、文吾もさつきも信じられなかった。

山に近づくと心の言ったとおり、大きな雪崩がおきた。

敏行の車は寸前で巻き込まれずに済んだ。

さつきは心を「超能力者?未来がわかるの?」と驚いていた。

心はしばらく佐野の家で世話になることになった。

鈴や慎吾とも打ち解け合い、勉強を教えてやる。

千夏の葬儀で家族が留守の間、心は文吾の机を探る。

するとパラコートの容器が出てきた。

心はやっぱり文吾は殺人を犯していたのか、とがっかりした。

心が鈴たちと風呂に入っている間、文吾は心の財布を見てしまった。

見たことがない紙幣や平成に交付された運転免許

心が何者なのか怪しむ。

翌朝、駐在所に刑事の金丸茂雄が来た。

千夏の事件について、心を事情聴取するという。

証拠になるものがなかったので釈放された。

心は疑われぬよう、捨てたパラコートの容器を探しに行く。

だが埋めた場所には無くなっていた。

その林の中で鈴の姿が目に入る。

鈴は明音を探しているという。

明音が行方不明になってしまった。

新聞記事のとおりだった。

心が明音を探していると、遠くに文吾らしき男の姿

そして銃声が聞こえてくる。

足跡を追うと雪に血液のあとがあった。

崖の下で明音が倒れていた。

その近くに文吾も倒れていた。

足を滑らせて落ちてしまったのだ。

文吾はリスに餌をやりにきた明音を助けに来ていた。

銃声は熊を撃ったため。

文吾は心が疑っていたような男ではないかもしれない

そう思った心は必死になり2人を助けた。

心と文吾は温泉へ行く。

文吾は心の免許証を見たことを打ち明けた。

心は正直に未来から来た、と告げる。

文吾は笑いながらもその話を受け入れてくれる。

心が隠したパラコートの容器は、文吾が回収していたのだと知る。

機嫌が良くなった文吾は、「上を向いて歩こう」を口笛で吹いた。

これから生まれてくる子にも歌って聞かせているという。

心の耳に残っていて、未来に聞かせていた曲はまさしくそれだった。

文吾が自分の父だと実感し、涙がこみ上げてくる。

スポンサーリンク


第1話の感想

話題作が始まりましたね。

第1話は原作の第2巻の途中までのエピソードがまとまっていました。

原作はドラマ向きじゃない部分もあったので、そこは変えられていましたね。

原作では音臼村は北海道でしたが、ドラマでは東北。

これはロケの関係でしょうかね。

明音ちゃんのエピソードは大幅に変えています。

原作では明音ちゃんは乱暴され殺されてしまう、と衝撃的な話になります。

今どきのドラマでそれはマズイので、危ない目にあったけど助かったということに。

ハーモニカの曲のエピも、もっと後になってわかるんですが、ドラマではさっそく心が気づく展開。

平成元年ということで、子供たち(鈴と慎吾)が当時流行っていたネタを口にしてます(笑)

リゲインのCMソングとか(笑)

千円紙幣は夏目漱石でした。

ワープロも見たことない人が多いよね。

パソコンは家庭に普及してないんです。

さてパラコート殺人の犯人ですが、現時点ではなにもわかりませんね。

犯行に使われたパラコートは三島家の倉庫にあったものじゃなかった。

あらかじめ殺すために用意していた可能性が高い。

事件のことをワープロに記録する描写があります。

文吾もワープロを使っているんですが、あれはミスリードさせるためですよね。

別の人物が事件を起こしているのは確実。

原作ではテープに録音しているんですが、あれは漫画だからできる描写。

ドラマでは声でわかっちゃうので、ワープロに入力するようにしたのはグッジョブだな。

明音ちゃんが生還したので、もしかして結末は原作と違うのかなと思ってます。

あの事件はラストまで繋がっていたからね。

となれば犯人は最終回までわからない?

次回の第2話もあらたな事件が起こります。

試される家族の絆って?

テセウスの船(ドラマ)第2話あらすじネタバレ!翼は犯人なのか?

スポンサーリンク

関連記事