武内駿輔(オラフ声優)はアラジンにも出演?歌唱力を調査!

武内駿輔さんがアナと雪の女王のオラフ声優になりました。

歌唱力に定評があり、ミュージカルものの作品が多いですね。

映画アラジンの声を担当していたのではなく、声の王子様というCDでアラジンのフレンドライクミーを歌っています。

ちなみにオラフ役は2019年にキャスティングされており、ピエール瀧さんの不祥事により交代しました。

つまり2019年以前に発表された「アナと雪の女王」のDVDなどは、武内さんの声ではありません。

武内さんの声優歴の中で、かなりのキャリアアップとなったディズニー映画の吹き替えです。

武内駿輔さんの出演作品歌唱動画をご紹介します。

ピエール瀧さんと武内さんのオラフ比較動画もご紹介します!

これ、凄かったですよ。

 

スポンサーリンク

武内駿輔プロフィール

  • 読み方:たけうちしゅんすけ
  • 生年月日:1997年9月12日
  • 出身地:東京都
  • 所属事務所:81プロデュース

10歳のときから俳優に興味を持ち、多くのハリウッド映画を見てきたという竹内さん。

きっかけは「ダークナイト」のヒース・レジャー

そのうち映画の吹き替えをする声優に興味を持ち始めます。

中学3年生のときに養成所へ入り、現在所属している81プロデュースにスカウトされました。

2014年にプリパラでデビュー。

17歳のときに「アイドルマスターシンデレラガールズ」のプロデューサー役で注目されました。

年齢のわりにダンディな声が出せることで知られています。

その後も人気アニメの声優を勤めてきました。

同時にドラマCD、映画の吹き替え、朗読劇など声を活かした活動を続けています。

歌唱力にも定評があり、キャラソンのCDのリリースも多いですね。

ディズニー映画の歌を歌う「声の王子様」というライブにも参加。

武内さんはアラジンの「フレンドライクミー」を担当。

CDもリリースされています。

オラフ役の評判は?

ピエール瀧さんがつとめていたオラフ役。

結構似ているという意見も多いです。

しかしその反面、武内さんはまだ若いということもあり「少し軽い」との批評も。

瀧さんの声のイメージで定着してしまったので、なかなか厳しいとは思います。

武内さんはどちらかというと、かっこいい声の印象が強いんですよね。

こんなコミカルな役もできるんだ!と声優として幅が広がったのではないでしょうか。

持ち前の歌唱力も活かせますし、私は適役だと思うんですけどね。

瀧さんのバージョンとの比較動画を見つけました!

私には違いがわからない。 それくらい違和感ないです。

 

2019年以降に武内さんの声で差し替えられているそうです。

(レンタルDVD&ブルーレイは瀧さんのままかもしれない)

2019年11月に「アナと雪の女王2」が公開されるため、公開日のMステにも出演!

武内さんの生歌唱が楽しみです!

スポンサーリンク

 

歌唱動画をチェック!

オラフ以外でも武内さんの歌を聞いてみてください!

さきほどご紹介した声の王子様の歌唱動画はこちら。

そしてこちらはコメント動画。

喋っている声も色気があってステキ!

イケメン&イケボで歌が上手い武内さん。

声優としても「アナ雪2」がきっかけでさらに人気が出そうです。

まとめ

声優の武内駿輔さん。

「アナと雪の女王」のオラフ役をピエール瀧さんから引き継ぎました。

中学3年生から養成所へ入り、高校生でデビュー。

17歳にして低音ボイスが魅力的な「アイマス」のプロデューサー役で人気に。

歌唱力にも定評があり、CDリリースも多いです。

スポンサーリンク

関連記事