高嶺の花(ドラマ)第5話の感想とあらすじやネタバレ!無料動画は?

Hi!ジャスミンです。

石原さとみさん主演のドラマ
高嶺の花

ミュージシャンの峯田和伸さん
が相手役ということで話題に
なっています。

「高嶺の花」のあらすじ・ネタバ
レや感想をご紹介します。

第1話のあらすじと感想

高嶺の花(ドラマ)第1話の感想とあらすじやネタバレ!無料動画は?

2018.07.25

第2話のあらすじと感想

高嶺の花(ドラマ)第2話の感想とあらすじやネタバレ!無料動画は?

2018.07.26

第3話のあらすじと感想

高嶺の花(ドラマ)第3話の感想とあらすじやネタバレ!無料動画は?

2018.08.01

第4話のあらすじと感想

高嶺の花(ドラマ)第4話の感想とあらすじやネタバレ!無料動画は?

2018.08.08



第5話のあらすじ

ももとぷーさんは深い仲となり、
2人の距離が一気に縮まる。

なながもものマンションでいつも
のように一緒に食事を作る。

ももはそこにぷーさんを呼んでい
たが、なんとななも宇都宮を
呼んでいた。

お互いの相手に驚く。

ぷーさんは月島家に呼ばれ、家元
にあいさつすることになる。

家元はぷーさんに婿養子になる意
思を尋ねる。

そこでももが遮り、早々に籍を
入れると告げる。

ななを家元にして、ももは風間家
に入ると宣言した。

家元は怒り出し、二度と月島の家
に戻ってくるな、と言い破門にし
た。

ももは宇都宮に破門になったこと
を告げ、ななを傷つけたら許さな
いと釘を刺した。

拓真の妻がももに拓真の行方が
わからない、と相談していた。

もちろんももは知らないので、
もし拓真が来たら連絡する、と
約束する。

拓真の妻はももの結婚をダメに
したことを謝罪した。
喜んでハニートラップの計画に
乗ったと告白する。

ももの知らないところで
拓真は大変な事件を起こしていた。

拓真は家元に襲いかかり、ケガを
させてしまう。
我に返った拓真は逃げ出す。

家元のケガのことは、後からもも
とななに連絡が入る。

家元は真実は隠し、風呂で転んだ
と家族に話すことにした。

しかしももには本当のことを話す。

家元は拓真を咎めるつもりはなく
むしろ自分が破談にした罪悪感が
薄れた、という。

そこで家元は初めてももに母親の
話をする。

ももの母は出産に耐えられない
体だった。
でも自分の命と引き換えにももを
産むと決める。

月島の跡継ぎを産めるなら、
いう思いがあった。

必ずももを家元にすると約束
したのだという。

高井もぷーさんにこの話をして
いた。

ぷーさんにはももを受け止めきれ
ないだろう、と高井は考えていた。

ももは華道家として生きていく
ためには、罪悪感を持っていきる
べき、もう1人の自分を引き出す
ために必要だと家元に教えられる。

そこでももは、何か覚悟を決めた
様子になる。

ルリ子もななを家元にさせるため
宇都宮の指示どおりに動き始めて
いた。

帰宅したももは、憔悴した拓真に
会ってしまう・・・

結末は動画配信Huluでどうぞ!
無料で2週間利用できます。



第5話の感想

あっという間にももとぷーさんが
婚約してしまいました。

でもなんかありそうですね。

ストーリーに直接からんでこない
自転車の旅をさせられる中学生。

イルカさんという怪しい人物と
知り合い、絵の才能が開花する?

イルカさん役は博多華丸さん。

美術の先生だったというセリフが
ありましたが、本当にそれだけ
なのか・・・

中学生が引きこもり→殺人者
なる前に軌道修正ができるので
しょうか?

コスプレちゃんも不登校なのか
と思ったら、高井さんに全否定
されたぷーさんをかばうための
嘘だったんですね(笑)

でもぷーさんのところに入り浸っ
ている理由は、なにかありそう。

ただ夫婦が仲悪くて、自宅の居心
地が悪いだけかもしれないですけ
ど。

だったらウチにいろ、とぷーさん
が店にいることを許したのでしょ
う。

ぷーさんの面倒見の良さ
絶対ももにも関わってきそうなん
だけどなあ。

ももの母親の話がやっと出てきま
したが、父親が高井さん説は?

高井さんが父親なら、月島の血
は母親からってことです。

家元の話は本当なのか?
実は家元の創作でしたって
なったら引っくり返りますね(笑)

家元は婿養子?

ななが宇都宮に話したことが
ここに繋がるのかも。

自分が家元になって、宇都宮に
譲るつもりのようです。

ななを家元にするわけにいかない
理由が、才能の他にもありそうな
気がするんです。

なんといっても予告にびっくり
でしたね。

次の展開がとんでもないことに
なるみたいです。

ぷーさん・・・裏切られてしまう
のでしょうか。



スポンサーリンク


関連記事