スーパーサラリーマン左江内氏第9話あらすじと感想

冒頭の宅麻伸さんと賀来賢人くんの
やりとり、クスッときました。

おい!」「そのおいってやめて」
というのは、賀来賢人くんが
宅麻伸さんの元甥(おい)だからなんですよ。

言い換えると賀来くんの叔母さんの
元ダンナさんということ。

そういう関係ってこと、世間は
もう忘れてるんじゃないの(汗)

ムロさん、風間杜夫さん相手に
いつものノリの芝居。
スゴイなあ。(笑)

あぶない刑事のパロディを
やってましたが(格好だけ)
賀来くんはリアルタイムで
知らないのでは?

米倉さんが謎めいたこと
言ってましたね。

毎回、左江内は米倉さんに
会ったことを忘れていたんですね。
忘却光線を出していたのか!

続々といわゆる福田組の
俳優さんが出演しています。

この流れ、嫌いじゃない(笑)

あらすじ

箕島課長が部長に昇進すると
決まり、営業三課は大騒ぎ。

繰り上がりで左江内
課長になるかと思いきや
やたらダンディなという男が
課長になるらしい。

円子は箕島課長の妻から昇進の
話を聞いており、次は左江内が
課長になると思い込み、勝手に
盛り上がってしまった。

パーティまで開いてしまった円子。
ようやく左江内は昇進できないことを
告白した。

左江内が勤めるフジコ建設の
社長宅に強盗が入る。
そこへ左江内がスーパーサラリーマンに
なり、助けに行った。

社長は左江内に感謝し、お礼を
したいと言う。

いつもなら忘却光線で忘れさせるが
光線をオフにしてしまう。

強盗と社長は、警察にスーパーマンが
助けに来た、と大真面目に説明するが
当然、信用してもらえない。

翌日、社長は命を救ってくれた左江内を
評価し部長に任命したのだ。

しかしそのため、箕島課長は昇進が
なくなってしまい、ひどく落ち込んでいた。

箕島課長が気の毒になり、部長昇進を
辞退しようと左江内は、社長に直訴する。

左江内は池杉に協力してもらい、社長を
危険な目に会わせ、箕島課長に
助けさせる作戦を実行する。

緊張のあまり酔っ払った箕島は
一緒になって、社長に暴言を
吐いてしまった。

社長を怒らせてしまい、3人は
クビと言われた。

作戦のすべてを知った社長は
クビを取り下げる。
そのまま現状維持となる。

キャスト
左江内 英雄〈52〉:堤真一
左江内 円子〈50〉:小泉今日子
左江内 はね子〈16〉:島崎遥香
左江内 もや夫〈8〉:横山歩

小池 郁男〈39〉:ムロツヨシ
刈野 助造〈29〉:中村倫也

簑島 光男〈55〉:高橋克実
池杉 照士〈27〉:賀来賢人
蒲田 みちる〈24〉:早見あかり
下山 えり〈26〉:富山えり子

米倉:佐藤二朗
謎の老人:笹野高史

フジコ建設社長:風間杜夫
フジコ建設社長夫人:石野真子
島:宅麻伸(友情出演)
強盗:やべきょうすけ

スポンサーリンク

関連記事