スーパーサラリーマン左江内氏第7話あらすじと感想

スーパーマンが左江内以外にも
出てきて、その都度スーツを
作り直していることにびっくり。

胸の文字が着ている人の苗字に
変わってるんですよね。

池杉のアホな使い方に笑った。
でも左江内の大変さに気づいて
くれて良かった。
最後は忘れさせちゃうけど。

スーパーマンになったときの
飛び方も左江内は情けない格好だけど
池杉はノリノリでカッコつけてました。

池杉が透視ヤバイっす、という
セリフで、服を透視することがわかりました。
悪用しない左江内えらいな。

冒頭のコント(いやコントじゃないんだけど)
強盗役に鈴木浩介さん、女性客役に元宝塚の
愛原実花さんが出てました。
本ストーリーに絡まないのに
豪華すぎじゃね?

そして円子さんがどんどんおもしろキャラに
なっていってる(笑)

ヨガのポーズのまま寝ちゃうとか
左江内に布団剥ぎ取られても
目を覚まさないとか

掃除してもらいたいために
左江内が入ってる風呂に
大量の氷と扇風機で攻撃するとか(笑)

そこまでするなら自分が掃除すれば
いいのに・・・

扇風機2台を両手に持つって
なかなか大変だよね。
すげーなキョンキョン。
片方でTMレボリューションごっこ
してたけど。

今回の米倉さんは号外配り。
変な喋り方で
古い号外しか配っていない(笑)

左江内も雑にあしらってるのが
面白い。

あらすじ

左江内は後輩の池杉と飲みに行く。

テロ事件のニュースを見て
自分が世界を救えない自分を嘆く
左江内を慰める池杉。

2人とも泥酔しており
勢いで左江内は自分がスーパーマンで
世界を救う存在なのだと主張。

池杉も酔っていたため
自分がスーパーマンをやる、と言う。

翌朝目覚めると、池杉はスーパースーツを
見て、昨晩の話を思い出す。

池杉は左江内に確認してみると
確かにスーパーマンの変身ができる
スーツだとわかった。

左江内は池杉にスーパーマンの
任務を任せることにした。

忘却光線のこと、スーパーマンの
能力などについて説明する。

助けを求める声が聞こえたら
出動しないといけないことには
少し気乗りしない池杉。

しかし池杉は事件現場などに
向かうのが怖くて出動できない。

自分のルックスの良さと
スーパーマンの能力を利用して
かわいい女の子しか助けず
その後、口説いてデートをしていた。

女性を口説いている現場を
彼女のみちるに見られてしまい
焦っているうちに、スーパースーツを
外に置いていってしまった。

銀行の金が突然なくなる
という事件が多発するようになった。

左江内はスーパースーツを悪用
している者が仕業だと気づく。

謎の老人に相談すると
スーパースーツより少し弱い
スーパースーツがあると言われ
それを借りる。

案の定、スーパースーツを
着た犯人・高萩は銀行強盗をしていた。

借りたスーツで立ち向かうが、
まったく歯が立たない。

左江内はふとバッジを持っていた
ことに気づく。
バッジを使うと、高萩からスーツを
取り返すことができた。

高萩にはこれまで盗んだ金を
銀行に返させた。

池杉に強力な忘却光線を浴びせ
これまでのことを忘れさせる。

結局、左江内はスーパーサラリーマンを
続けなくてはならなくなる。

キャスト
左江内 英雄〈52〉:堤真一
左江内 円子〈50〉:小泉今日子
左江内 はね子〈16〉:島崎遥香
左江内 もや夫〈8〉:横山歩

小池 郁男〈39〉:ムロツヨシ
刈野 助造〈29〉:中村倫也

簑島 光男〈55〉:高橋克実
池杉 照士〈27〉:賀来賢人
蒲田 みちる〈24〉:早見あかり
下山 えり〈26〉:富山えり子

米倉:佐藤二朗
謎の老人:笹野高史

高萩省吾:間宮祥太朗

コンビニ強盗:鈴木浩介
女性客:愛原実花

スポンサーリンク

関連記事