スーパーサラリーマン左江内氏第6話あらすじと感想

今回はスーパーサラリーマンらしさを
発揮したストーリーでした。

その中で池杉と蒲田の交際が
発覚してました。
左江内はあんまり興味ないっぽかったけど。

池杉は前回、彼女がいることを
カミングアウトしてたからね。

小池さんも小池という名前らしく
今回だけで2回もラーメン食べてます。

そのラーメンがきっかけの
爆弾事件だったとは・・・

左江内や犯人に対して
「お前彼女か!」って感じの
口調で話す小池がツボ。

「すぐ戻ってきてくれる?」
「信じるからぁ」
とか、台本通りなのかムロさんの
アレンジなのかわかりませんが(笑)

何気にはね子はよくできた子。
前回も左江内にお金を貸していたり
親の気持ちを察してくれる。

はね子ともや夫が年の離れた
姉弟だし、母親がアレだし
精神的に大人になってるキャラなのね。

左江内が謎の老人の呼び方を
微妙に変えてきてる(笑)
前は「ジジイ」だったのに
「クソジジイ」になってしまった。

あれは今まさにスーパーサラリーマン
になったために、面倒くさいことを
やらされた腹いせ?

今回の米倉さんは、
ヒーローショーの監督。
米倉さんのシーンは佐藤二朗さんに
任せっきりらしいので、
いつも堤真一さんが
素で笑ってて結構好きです。

あらすじ

小池刑事と苅野巡査は遊園地に
爆弾をしかけた、という
連絡を受ける。

偶然、左江内一家もその遊園地へ
遊びに来ていた。
だが助けを求める声に気づいた
左江内は、事務室へ行く。

事務室では小池と苅野が
犯人からの連絡を待っている
状態だった。

スーパーサラリーマンの格好で
状況を聞き出す。
客に避難勧告を出せば、すぐに
爆弾を爆発させる、と脅迫されていた。

左江内は家族を帰らせようと
爆弾のことを話すが、信じてもらえない。
それどころか円子は課長から
つまらない仕事を受けたのだろう、と
言われてしまう。

爆弾のことが気になりながらも
家族と遊園地を楽しむ。
休日に仕事が入った左江内に
円子は不機嫌だった。

もや夫がヒーローショーを観たいと
いうので、円子は別行動にしようと
提案してきた。

左江内はレストランの場所取りを
してくるよう命じられる。

だが、はね子は左江内に自分が
レストランの場所取りするから
仕事に行っていい、と言う。

円子が左江内に仕事へ行かせたがら
ないのは、はね子たちに左江内が
家族のことを考えていると
思わせたいからだ、とはね子は
理解していた。

犯人が仕掛けた爆弾の場所が
わからぬまま、時間が過ぎていく。

そこへ謎の老人が爆弾の場所を
教えに来てくれた。

乗り物のところで爆弾を
見つけるが、時限装置が動いて
あと1分で爆発する状態だった。

海へ爆弾を捨ててくれ、と
小池は言うが、爆弾を持っている間に
爆発してしまう可能性が高い。

多くの犠牲者を出すことになるより
自分が犠牲になることを選んだ
左江内は、野次馬に向けて
忘却光線MAXを発射し、爆弾を持ち
海へ飛んでいった。

海で爆弾は爆発し、遊園地の客には
被害に合わずに済む。

犯人を逮捕すると、小池は驚く。
犯人は今まで贔屓にしていた
ラーメン屋の出前持ちだった。

小池が出世して、別の店のラーメンを
注文するようになり、店の主人が
残念がっていたのが動機だった。

犯人にそういわれ、小池は贔屓に
していたラーメン屋へ急ぐ。

キャスト
左江内 英雄〈52〉:堤真一
左江内 円子〈50〉:小泉今日子
左江内 はね子〈16〉:島崎遥香
左江内 もや夫〈8〉:横山歩

小池 郁男〈39〉:ムロツヨシ
刈野 助造〈29〉:中村倫也

簑島 光男〈55〉:高橋克実
池杉 照士〈27〉:賀来賢人
蒲田 みちる〈24〉:早見あかり
下山 えり〈26〉:富山えり子

米倉:佐藤二朗
謎の老人:笹野高史

スポンサーリンク

関連記事