菅井きんの現在や若い頃の画像を調査!旦那や息子は?経歴をチェック!

Hi!ジャスミンです。

女優の菅井きんさんが死去との
ニュースです。

92歳ということで、大往生ですね。

ほとんどの人が物心ついたとき
から、おばあさんの役をやってる
印象ですよね。

それだけ女優のキャリアがとても
長いんです。
約60年間、映画やドラマに出演
していました。

名脇役なので意外と経歴若い頃
を知らないですよね。

菅井さんの旦那息子現在まで
のことを調べてみます。

スポンサーリンク


菅井きんプロフィール

  • 読み方:すがいきん
  • 本名:佐藤キミ子(旧姓:須齋)
  • 生年月日:1926年2月28日
  • 出身地:東京都新宿区
  • 所属事務所:株式会社仕事

wikipediaより引用

現在の新宿区である東京府東京市
牛込区の出身。

頌栄高等女学校卒業後、文部省や
東京帝国大学で事務職員として
勤務していました。

これは徴用逃れだったそうです。

徴用とは戦争中に強制的に仕事に
付かせることです。

その後、演劇の情熱が捨てきれず
劇団俳優座に入団

父親には「女優は美しい女性が
なるものだ」と反対されたそう
です。

親だからこその厳しいお言葉(笑)

残念ながら菅井さんが女優として
活躍する前に、お父さんは亡くな
ってしまったのです。

確かに菅井さんは美人女優では
なかったですが、名脇役としては
大活躍でした。

それは美人じゃないからできた
ことですよね。

1951年に映画デビュー。

1954年に公開された「ゴジラ」の
第1作目に出演しています。

どちらかというと、意地悪な姑や
厳しいお母さんの役が多かった
印象。

「必殺仕置人」の姑役が有名です
ね。
「ムコ殿!」といびるのが定番で
した。

82歳で映画「ぼくのおばあちゃん」
で初主演!

この作品で
世界最高齢映画主演女優として
ギネスに申請し認定されています。

スポンサーリンク


現在まで認知症だった?

2010年以降、ほとんど公の場に
姿を見せていませんでした。

認知症ではないか」と噂が出た
のです。

しかし2014年に情報番組に出演し
認知症であることを否定。

大腿骨骨折のため、自力歩行が
難しくなっていたそうです。

これが原因で女優の仕事はもう
やっていなかったようです。

年老いて骨が弱ると、大きな骨を
骨折しやすいものです。

さらにそれが治りにくいので
大変なんですよね。

菅井さんも晩年は特別養護老人
ホームに入居し、介護を受けて
いたそうです。

死因は心不全や老衰と報道されて
います。

特に病気はしていなかったよう
ですので、徐々に弱っていき
自然死という状態ではないでしょ
うか。

若い頃の画像をチェック!

菅井さんというと、だいぶ前から
おばあちゃんだった印象なんです
よね。

映画「ゴジラ」出演時は32歳。
それでもなぜかおばちゃんぽく
みえる(笑)

老けて見える人だったのかも。

わりと若いうちから、おばさんや
おばあさんの役をしていたみたい
ですね。

菅井さんの著書は「わき役ふけ役
いびり役」というタイトルですし。

スポンサーリンク


旦那や息子は?

旦那さんは元俳優座映画放送プロ
デューサーの佐藤正之さん。

佐藤さんは
1996年に亡くなっています。

ネットで調べていると息子と
出てきます。

でも菅井さんには娘さん1人だけ
しかいないようです。

藤田まことさんや松田優作さん
の母親役をやっているから、息子
がいるイメージが定着しているの
でしょうか?

旦那さんが亡くなってから娘夫婦
と暮らしていた時期があったそう
です。

曾孫もいるとのこと。

朝丘雪路の現在は認知症だった!息子や父を調査!元旦那は誰?

2018.05.20

まとめ

92歳で亡くなった女優の菅井きん
さん。

わりと若い頃から、老け役が多く
いつもおばあちゃんの役をしてい
る人、という印象が強いです。

1951年に女優デビュー。

プライベートではプロデューサー
の佐藤正之さんと結婚。
娘が1人います。

認知症の噂もありましたが、骨折
のため自力歩行できないため、
女優業を休んでいただけ、と否定。

晩年は特養老人ホームで過ごして
いたとのこと

スポンサーリンク


関連記事