スペック(ドラマ)第1話甲の回あらすじネタバレ!

戸田恵梨香さん・加瀬亮さん主演ドラマ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」

シリーズ化されましたがこちらではドラマ第1シリーズ、一番最初の物語です。

ミショウに異動になった瀬文とすでにミショウに所属していた当麻のコンビが、さまざまな事件に立ち向かいます。

第1話甲の回は命を狙われる代議士の話です。

スポンサーリンク

第1話・甲の回あらすじ

未詳事件特別対策係(ミショウ)に瀬文焚流が異動になる。

ミショウには定年後に嘱託でつとめている係長の野々村、京大卒で変わり者だが頭の切れる女性職員の当麻紗綾がいる。

ある日、代議士の五木谷春樹と秘書の脇知宏が相談に来る。

占い師の冷泉俊明にパーティで五木谷は毒殺で死ぬと予言されたという。

殺されたくなければ2億円を払えと要求されていた。

瀬文はバカバカしいと言い、脅迫罪で冷泉を逮捕した。

警備部にはSPを出してもらえないため、ミショウのメンバーがSPについた。

そして五木谷グループ15周年パーティが開かれる。

当麻は脇が「先生」と呼ばれていることが気になった。

樽酒を振る舞うことになるが、毒物が入っていないか確かめる野々村。

特に異常がないため、参加者全員に酒が配られる。

しかしその場で五木谷が苦しみ出し、そのまま死亡した。

参加者を調べるが怪しいものを持っている者はいなかった。

五木谷の体内から毒物は検出されず、心臓麻痺が死因とされた。

当麻は冷泉には五木谷が死んでも2億円取れる理由があったと考える。

脇のもとには補欠選挙で立候補してくれと連絡が入った。

パーティ会場へ行った脇。

そこには当麻がいて、「犯人がもうすぐ来るから」と答えた。

五木谷は毒殺と断言する当麻。

毒物ではなくても、カリウムを大量投与すると毒になる。

それを糖尿病患者が使う極細の注射器で体内に入れたことで、五木谷は心臓麻痺を起こした。

当麻は脇が医師だった過去を調べていた。

注射器を手に入れることは簡単。

その注射器がどこかわからないフリをした当麻。

天井に刺してあった注射器を、持っていたテニスボールで脇が破壊する。

これで証拠はなくなったと勝ち誇る脇。

しかし予め証拠の注射器は瀬文が保管していた。

並外れた身体能力を持つ脇は、瀬文にボールを投げ肩の骨を折る。

瀬文が拳銃を向けると、あっさりと脇に奪われた。

脇は瀬文に向け発砲。

だが彈丸はなぜか脇の体へ。

志村が撃たれたあのときと同じ現象が起こる。

脇はその場に倒れ死亡した。

スポンサーリンク

 

第1話の感想

なかなかテンポのよいストーリーです。

普通の刑事モノかと思ったら、超能力的な要素のある設定。

ちょっとファンタジーっぽすぎる感じもします。

瀬文の謎の能力。

ニノマエという謎の少年の存在によるもののようです。

ニノマエの姿は誰も見えないってことで良いの?

当麻の腕のケガについては、今後わかるのかな?

髪ボサボサ、崩れたスーツの着方とかっこよくない当麻。

でも頭がものすごく良いようです。

超絶イケメンの元カレ聖が、未練タラタラなほど魅力があるっぽい。

冷泉を連れ出した津田という男。

なにが目的なのか、こちらも謎。

まだ10代だった有村架純さんが、おじいちゃんの愛人をしているというものすごい設定。

お小遣いもらったりしてるよね?

そういう関係だよね?と思わずにいられない。

ストーリーと関係ないところで、おふざけ要素が入っているのも見逃せません。

ルパンみたいなやつが指名手配されてたり、五木谷のパネルで遊んでたり(笑)

こういうのも要チェックですね。

スポンサーリンク

関連記事