失恋ショコラティエ(ドラマ)第1話のあらすじネタバレ!もっとあなたに傷つけられたい!!

松本潤さん主演ドラマ失恋ショコラティエ

オーナーショコラティエ小動爽太を演じます。

石原さとみさん演じる紗絵子の「あざと可愛い」姿もポイントです。

ドラマのキャストについてはこちらの記事へ→失恋ショコラティエ(ドラマ)のキャスト一覧!

第1話は紗絵子にフラれた爽太が単身パリへ。

ショコラティエを目指し奮闘します。

帰国した爽太を待ち受けていた現実とは・・・

スポンサーリンク

 

第1話のあらすじ

製菓学校に通う小動爽太(こゆるぎそうた)

1つ年上の高橋紗絵子と交際中。

チョコレートが好きな紗絵子のために、バレンタインデーにプレゼントを考えていた爽太。

だが紗絵子はバレンタインデー当日は会えないという。

仕方なく前日の13日にデートの約束をする。

爽太は紗絵子の好きな種類のチョコを作り、デートのときにプレゼントする。

しかし紗絵子はそのチョコを見るなり、「受け取れない、これって本命チョコじゃん」と断る。

なんと紗絵子は爽太と付き合っているつもりはなかったのだ

クリスマスイブにキスしただけで、体の関係はないからという理由。

さらに紗絵子は元カレとヨリを戻していたと告白。

爽太は返されたチョコレートを「自分で捨てるのはつらい」と、紗絵子に受け取ってもらう。

大きくショックを受けた爽太。

突然思いつきでパリへ旅立った。

憧れの「ラトゥリエ・ド・ボネール」で働かせてくれと飛び込んだ。

もちろん門前払い。

そこで外から見ていたテンパリングが上手く行っていないと、爽太が指摘する。

それを聞き、オーナーは爽太にテンパリングをやらせる。

6年の修行を経て、爽太は日本に戻ってきた。

父の誠がケーキ屋を辞め、爽太に店を譲ることになった。

ショコラ・ヴィ」という店のオーナーショコラティエとして出発する。

テレビや雑誌では爽太を「チョコレート王子」ともてはやしていた。

それを知った紗絵子がオープン前の店に顔を出す。

バレンタインデーに受け取ったボンボンショコラを絶賛し、「爽太くんのチョコが毎日食べられる」と喜ぶ紗絵子。

爽太は今度こそ紗絵子と恋人同士になれると張り切っていた。

爽太と一緒に日本に来たオリヴィエは、小動家に居候。

その代わり薫子と一緒に「ショコラヴィ」を支えてくれる。

話がしたいという紗絵子に呼ばれた爽太。

紗絵子は今度結婚するといい、ウェディングケーキと引き菓子を作って欲しいと頼んでくる。

それを引き受けた爽太に呆れる薫子。

紗絵子のためのウェディングケーキを、他のやつには作らせないとやる気になっていた。

試作を見せるため、自宅に紗絵子を呼ぶ。

爽太と2人きりなのにミニスカートを履いてきた紗絵子。

ガードが緩いと、爽太は良からぬことを想像するが・・・

紗絵子が帰った後、オリヴィエは「やらなかったのか、残念」とがっかりしていた。

店のオープン準備だけでも忙しいのだから、引き菓子の製作は断れという薫子。

けれど爽太は紗絵子の笑っている顔がみたいから、無理をしてでも作ると言い張る。

紗絵子の結婚式当日。

薫子とオリヴィエがケーキを届けた。

爽太は倒れたと告げると、紗絵子は驚く。

爽太が何とも思わずに作ったと思いますか?と問いかける薫子。

式の途中で紗絵子からの電話を受けた爽太。

ケーキのお礼と体を気遣う言葉に、「結婚おめでとう」と言うしかできない爽太。

爽太は紗絵子にもっと傷つけられなければ諦められないと思う。

いよいよ爽太の店「ショコラ・ヴィ」がオープンする。

スポンサーリンク

 

第1話の感想

チョコ好きな人には「美味しそう」と思ってばかりのドラマです!

原作の漫画ではチョコの種類の説明もあって、結構勉強になるんですよ。

このドラマは爽太の健気な姿にキュンとするか、あざとい紗絵子にムカムカするか?(笑)

いろんな感情が渦巻いてしまいますね。

振った男に結婚式の菓子を頼む、無神経極まりない紗絵子。

そんな爽太を見てられない!となってしまう薫子。

オリヴィエからも聞かれていましたが、薫子は爽太に特別な感情を持っているわけではないんです。

一流ショコラティエになれると見込んだから、くだらない女に振り回されてほしくないんですよ。

でも爽太がショコラティエを目指したのは、紗絵子がいたからという皮肉。

爽太のグイグイいく姿が実は妄想というオチ(笑)

この作品はこういうのがちょいちょい入ります。

結婚式のスピーチのシーンも「不倫上等」とかすごいこと言ってましたが(笑)

爽太は紗絵子のこと「このクソ女」と思っているところもあるけど、嫌いになれない諦められないというウジウジした性格。

紗絵子もまた期待させるようなことをするからタチ悪い。

ところでオリヴィエがフランスハーフに見えないと、薫子さんにバッサリ言われていました(笑)

原作では生粋のフランス人なんですけどね。

せめてハーフ顔の俳優をキャスティングしてほしかった!

溝端淳平ってバリバリの日本顔じゃないですか。

ウェンツ瑛士とか城田優とか、本物のハーフ俳優にしてくれよと。

失恋ショコラティエ(ドラマ)第2話のあらすじネタバレ!今夜も”妄想”と片想いが止まらない

スポンサーリンク

関連記事