疾風ロンド(映画)のあらすじネタバレと感想!大島優子のスノボに注目!

阿部寛さん主演映画「疾風ロンド

東野圭吾さんの小説が原作です。

ある研究員がなぜかスキー場へ?

コロコロと展開の早いストーリーが見ものです!

プロスノーボーダー役の大島優子さんが、スノボの腕前を披露しています。

関ジャニ大倉忠義さんのかっこよさも満喫してください!

映画「疾風ロンド」のあらすじネタバレ感想をご紹介します。

スポンサーリンク

疾風ロンドあらすじ

医科学研究所から新型炭疽菌「K-55」が盗まれた。

所長の東郷のもとにK-55の隠し場所の情報と3億円の要求が来る。

盗み出したのは研究員の葛原克也

だが葛原は事故死してしまう。

秘密裏で研究を進めていたため、警察に知らせるわけにいかない。

研究員の栗林和幸は副所長の座を約束すると言われ、K-55の隠し場所を探すよう命じられる。

写真の情報から野沢温泉スキー場であることがわかる。

林の中に瓶に入れた状態で埋めてある。

発信機の入ったテディベアが目印だ。

K-55は10℃を超えると爆発してしまい、周囲に菌がばらまかれることになる。

発信機の電源は4日しかもたない

スキーの腕前がさほどではない栗林は、しぶしぶ引き受けた。

スキー場には息子の秀人も同伴させた。

案の定栗林はろくに滑ることができず、1人の幼女にぶつかりそうになる。

発信機を頼りに滑っていくとコース外の林へ入ってしまう。

栗林は雪に埋もれてしまい、パトロール隊員の根津昇平に助けてもらった。

秀人は現地の中学生、山崎育美と親しくなる。

育美と同じ学校の高野裕紀川端健太が、秘密の場所に行こうと声をかけてくる。

育美は断り、秀人と一緒に過ごした。

川端たちはコース外の林へ向かう。

そこでテディベアが掛けられた木を見つけ不思議に思っていた。

栗林の1日目は結局、なにも成果がなかった。

喫茶店「カッコウ」で休んでいると、「ワダハルオ」と名乗る男に声を掛けられた。

ワダハルオは栗林と同じ研究所に勤める折口真奈美の弟栄治で真奈美からある頼みを聞いていた。

下半身の筋肉痛に苦しみながら、栗林はまた捜索を始める。

前日に会った幼女を連れた一家とまた顔を合わせた。

そのときなぜか発信機に反応がある。

コース外の林でまた、転倒してしまった栗林。

しかも今度は靭帯を痛めてしまい、滑ることはできなくなる。

たいして滑れないのに2度もコース外へ行くことに不審がる根津。

自分では探し出すことはできないと思った栗林は、「ワクチン」を探していると伝えた。

根津と友人の瀬利千晶が、代わりに探してやると言ってくれる。

根津は元スノーボードクロス選手、千晶は現役の選手だ。

心強い協力者が現れたと、東郷に連絡を入れる。

栗林と東郷の電話は、真奈美が盗聴しており情報は筒抜けだった。

根津と千晶が探し回っていると、栄治(ワダ)が跡をつけてくる。

するとゲレンデ内で発信機の反応があった。

戻ってきた根津と千晶。

林の中ではなくゲレンデで反応があったので、千晶は発信機が壊れているんじゃないかと疑う。

そして栄治が跡をつけてきたので、栗林も疑われる。

スポンサーリンク

秀人は育美と「カッコウ」で食事をする。

カッコウは高野の両親が経営しており、兄の誠也も手伝っている。

高野には妹がいたのだが、心臓が弱くインフルエンザが原因で亡くなっている

インフルエンザは学校内で流行っていて、裕紀から妹に伝染ってしまったのだ。

育美は母の由美子が学校の生徒を恨んでいると思う、と言う。

そして3日目。

また根津と千晶が探しに行く。

今度は前よりも強くゲレンデで発信機の反応が出た。

栗林がぶつかりそうになった幼女の家族に反応があった。

ホテルで会ったとき、その家族は昼には帰ってしまうと聞いていた。

栗林は家族の住所を聞くが、フロント係は個人情報なので教えられないという。

幼女の母親が話していた言葉で、名古屋方面の人だとわかった。

根津と千晶はレストランで夫婦そろってビールを飲んでいたと聞き出す。

根津は軽トラを借りて、名古屋行きのバスを追いかけた。

バスを止めてその家族に声をかけた。

幼女が持っていたテディベアに反応がある。

だがテディベアは地元の中学生に、ぶつかってしまったお詫びにと貰ったものだった。

育美がテディベアを見つけた川端に、その場所を栗林に教えてやるように連絡する。

カッコウで待ち合わせることになった。

川端がカッコウに着くと、外で待っていた栄治を栗林だと思い、テディベアがあった場所を教えに行ってしまった。

約束の時間になっても現れない川端に、逃げたんじゃないかと疑う育美。

根津と千晶が栄治と一緒にいる川端を見かけていた。

しかし裕紀がテディベアのあった場所を知っていると突然言い出す。

根津と千晶がその場所へ向かった。

掘り起こして瓶を見つけるが、川端にナイフを向けた栄治に脅され渡すしかなかった。

瓶を持って行った栄治を千晶が追う。

追い詰めて取り返すことができた。

カッコウでそれを手にした栗林は、なんと瓶を落として割ってしまう。

中から粉がこぼれ落ちた。

栗林はつい「生物兵器だ、息を吸うな」と叫んでしまった。

だがそれはコショウだった。

片付けていた誠也がいうには、カッコウで使っているピクルスの瓶。

裕紀が本物とすり替えたのだ。

裕紀は妹の死は自分のせいだと責任を感じていた。

他の人がひどい目にあえば、由美子に許してもらえると思い込んでいる。

もうすぐ町内会で豚汁がふるまわれる。

裕紀はそこでK-55をばらまくかもしれない、と栗林は根津たちとそこへ急いだ。

瓶を持っていた裕紀を説得し、カッコウへ戻った。

由美子は裕紀のせいだと思っていない、と慰めてやる。

ようやく栗林のところへK-55が戻る。

研究所の車に預け、届けてもらった。

しかし何も話してくれない栗林に苛立つ秀人。

ホテルの部屋で2人は険悪な空気になってしまった。

気まずい栗林はフロント前で過ごす。

フロント係から秀人から病院を探すよう頼まれていた、とメモを渡される栗林。

足を痛めた栗林のために、近くの整形外科の情報が書かれていた。

反抗的な秀人だが、父親思いな一面があると実感する。

翌朝、栗林は警察に知らせ、すべてを明らかにしようと決意した。

電話をしようとしていると、東郷から連絡が入る。

K-55がまだ届かないと焦っていた。

車の運転手は真奈美だった。

真奈美はそのままK-55を持っていき、成田空港へ向かっていた。

海外で売りさばこうというのが目的。

絶望しうなだれている栗林。

すると秀人がベランダから瓶を持ってくる

栗林が部屋を出ていたとき、中身をすり替えていたのだ。

つまり真奈美に渡したものはK-55ではなかった。

研究所に戻った栗林。

東郷に瓶の入った箱を差し出すが、中には警察宛のK-55の存在を明らかにする文書が入っていた。

疾風ロンドの動画視聴方法は?

映画「疾風ロンド」はいくつかの動画配信サービスで視聴可能です。

U-NEXTで見放題対象となっています。

U-NEXT

見放題とは月額使用料のみで見ることができる動画です。

もちろんノーカットで映画が配信されています。

洋画・邦画・アニメ・ドラマなどいろんなジャンルの動画がありますよ。

疾風ロンドの感想

東野圭吾さんの原作なので、ミステリーモノかと思っていましたが。

かなりのコメディでした。

あまちゃんなどを撮った吉田照幸監督なので、こんな感じの作品になったのかな。

阿部寛さんの演技は「テルマエ・ロマエ」を思い出させる軽快さ。

ムロツヨシさんもいつものノリです(笑)

「どどめ色の変な帽子かぶってる男」と呼ばれ、気持ち悪がられます。

K-55の入った瓶、中身が見えない保管箱のせいで見ているこちらもダマされます。

子役出身の濱田龍臣さん、前田旺志郎さん、久保田紗友さん、望月歩さんの演技はさすが安定感あります。

猛スピードで滑り降りるシーンは、もちろんプロによる吹き替えだと思いますが。

大倉忠義さんと大島優子さんは、結構スキー・スノボができそうな感じでした。

実はこの映画、エンドロールが始まってからも見逃せません。

自宅に戻った秀人が、折口姉弟の逮捕のニュースを見ています。

空港で回収された箱には、フランクフルトが・・・(笑)

秀人が育美におごったけど、食欲がないと断られたフランクフルトです。

自分で食べるために持って帰ると秀人が言っていました。

本物とすり替えた秀人がグッジョブすぎて感動。

フランクフルトを手にした警察官は生瀬勝久さん。

これだけの登場です(笑)

根津昇平役の大倉忠義さんが、ただひたすらかっこいい!

千晶と栄治のバトル動画が、面白おかしく作られてしまい大ヒット。

「お嫁に行けない」と恥ずかしがる千晶に根津は、「俺が責任とってやる」と遠回しのプロポーズ。

かっこいー。

これ、大倉さんじゃないとハマらない役ですね。

関ジャニファンは悶絶ものです(笑)

スキーで滑り降りるスピード感とテンポの良いストーリー展開がリンクしていて、一気に見れてしまう作品です。

スポンサーリンク


 

キャスト

栗林和幸

阿部寛

根津昇平

大倉忠義

瀬利千晶

大島優子

折口栄治(ワダハルオ)

ムロツヨシ

折口真奈美

堀内敬子

葛原克也

戸次重幸

栗林秀人

濱田龍臣

高野誠也

志尊淳

フロント係

野間口徹

高野由美子

麻生祐未

警察官

生瀬勝久

高野裕紀

望月歩

川端健太

前田旺志郎

山崎育美

久保田紗友

牧田

鼓太郎

ワタナベカズシゲ

堀部圭亮

店員

中村靖日

係員

田中要次

運転手

菅原大吉

山野

でんでん

東郷雅臣

柄本明

スポンサーリンク

関連記事