ノーサイドゲーム第1話あらすじネタバレ!主題歌は米津!廣瀬俊朗が上手い!

Hi!ジャスミンです。

大泉洋さん主演ドラマノーサイドゲーム

TBS日曜劇場の定番、池井戸潤さん原作です。

池井戸作品に初出演となる大泉さん。

そしてラグビー人気を仕掛けるきっかけになりそうなドラマです。

実際にラグビー選手が出演しており、特に廣瀬俊朗さんの演技が話題ですね。

サプライズで第1話放送時に主題歌が米津玄師さんと発表。

ノーサイドゲーム(ドラマ)のキャストに大泉洋!原作や主題歌は?

第1話は左遷された君嶋隼人がラグビー部のGMに!

弱小チームの存続や敵対する滝川と・・・?

ノーサイドゲーム第1話のあらすじネタバレ感想動画視聴方法をご紹介します。

スポンサーリンク


第1話のあらすじ

トキワ自動車に勤務する君嶋隼人

滝川常務のやり方に楯突いたことで、府中工場へ左遷される。

工場に出社した初日、従業員たちから大歓迎を受ける。

だがラグビー部アストロズ浜畑は、隼人にあまり良い顔をしない。

歓迎会ではラグビー部のGM(ゼネラルマネージャー)を任され、監督を決めてほしいと言われる。

全くラグビーを知らない隼人は戸惑う。

そしてアストロズの予算はなんと14億円だった。

弱小チームで成績の悪いチームにこれだけ使うのは、無駄だと思った隼人。

さらにアストロズの部員は、練習を理由に15時には仕事を終える。

それにより社内に負担がかかるのも事実。

部員の1人、佐々はミスが多く上司から叱責を受けているのを、隼人が見ていた。

隼人は思いきって予算を減らしてしまう。

当然のことながら、部員からの反発が強い。

壊れたトレーニングマシンの購入、監督の雇用など14億では足りないという声もある。

隼人はアストロズの練習を見に行った。

総務部員の佐倉はあら探ししている、と嫌味をいう。

そこで隼人は佐々の勤務表に気になる点を見つける。

15時であがっているはずが、2時間遅れて練習に現れている。

仕事中、様子を見に行くと佐々は工場長から仕事を押し付けられ、サービス残業をしていたことがわかる。

隼人がそれを指摘すると、横から浜畑が口を挟み、ラグビーを続けるためには仕方ないという。

ある日、息子の博人がラグビーをやりたいと言い始める。

隼人はラグビーを知るため、練習に参加してみた。

だがタックルの練習だけで体を痛めてしまった。

隼人はラグビー強豪の大学を出ているが、ラグビーが嫌いだ。

思いを寄せていた女性が、ラグビー部のエースの彼女だったのだ。

練習を見に来た社長の島本は、アストロズの存続について隼人に聞く。

正直に成績の低迷などを理由に廃部が妥当、と答えた隼人。

島本からラグビー選手の信念を聞かされるが、今の隼人には理解できなかった。

本社へ行くと、棄却になったはずのカザマ商事買収の話が持ち上がっている。

アストロズ廃部となれば、すべて滝川の思う壺だ。

隼人は滝川に詰め寄り、お礼をするといわれたことを問う。

本社に戻してもらえると思ったのだが、滝川はそんなことは言っていないと切り捨てられてしまう。

絶望した隼人は、アストロズの練習場に向かう。

何度もタックルの練習をし、浜畑から「死ぬ気で来い」と言われ、隼人は思い切りぶつかる。

島本から聞いたことが、やっとわかった気がした。

帰宅すると博人のサッカーボールが破かれていることを知る。

妻の真希は怒りで興奮するが、隼人は博人がラグビーをやりたいといった理由に気づく。

強くなりたいと思う博人に、「ラグビーはケンカじゃない」と話す。

ノーサイドとなれば、戦った相手と握手をして、タオルを渡すスポーツだと説明する。

それでも博人はラグビーへの熱意を示す。

隼人の作った意見書の話は、アストロズ部員にも知れ渡っていた。

0円の予算案を見せると、部員は反論。

隼人はたいした結果も出ていないのに、金を使わせてもらえるわけがない、と断言する。

会社のお荷物になりたくないのであれば、勝ってみせろと鼓舞させる。

隼人はもう一つの意見書を用意していた。
キャプテンの岸和田は、隼人の問いかけに即答できない。

浜畑の「もう負けたくない」の言葉に動かされた部員。

ギリギリで意見書を差し替え、役員会ではアストロズをもう1年存続させることが決まる。

ニュージランドから部員の七尾が戻ってくることになった。

隼人は監督を決められずにいた。

するとスポーツ紙で城南大の監督、柴門が更迭されたと報じられた。

柴門は隼人の大学の同期で、因縁の関係でもあった。

スポンサーリンク


動画視聴方法は?

ノーサイドゲームの動画はparaviで見ることができます。

http://www.paravi.jp/

放送後1週間以内であれば、TVerでも視聴可能です。

https://tver.jp/

第1話の感想

日曜劇場お決まりの展開になりますが(笑)

隼人とアストロズのこれからが気になるストーリーですね。

ラグビー部員はラグビー経験のある俳優元日本代表選手が出演しています。

とくに浜畑役の廣瀬俊朗さんは、俳優ではなく元選手。

本業の俳優と引けをとらない安定感でしたね。

第1話ではちょっとしか出てきませんでしたが、真栄田郷敦さんにも注目です。

役作りでかなり体重を増やしたそうです。

シュッとしたイケメンだったのに、ラグビー選手なみに体を作ってますね。

帰国子女という設定ですが、真栄田さん自身もロスで生まれ育ってます。

さすがの英語力でした。

次回は大谷亮平さん演じる柴門が、アストロズに?

スポンサーリンク


関連記事