逃げるは恥だが役に立つ第7話あらすじと感想

みくりが完全に恋愛モードになりました。

3回くらい見返しちゃったんですが
みくりの微妙な表情が良いんです!

平匡さんも「いいの?これで?
でもどうしよう!」みたいな反応もいい!

キスされて拒否される、の流れは
セリフが少ない分、2人の表情が
絶妙でした。

みくりの妄想、平匡ベストテンが
なかなかおもしろい。
風邪ひいたときの「バニラ」が
ランクインしていた(笑)

みくりの誕生日をスルーしちゃう平匡さんですが
みくりも百合ちゃんたちにもらったことを
言わないってのもヒドイ気がします。

平匡に気を使わせたくない、という
意味もある?

バーミックスとかちょっといい紅茶とか
平匡も気づかないのか?と疑問もありますが。

でもみくりの誕生日を気にしだした
というところが、平匡の感情に変化が
あったってことかな?

あらすじ

平匡はみくりの誕生日を忘れて
プレゼントも何もしていないことに
気づき、焦っていた。

みくりが喜びそうなものが
思いつかない平匡は、結局
賞与というかたちで現金を渡した。

温泉旅行のときのキスから、何も
進展がないことに寂しく思っていた
みくりだが、この賞与がキスのお詫び
のように思えてしまった。

思い切ってメールで平匡にそのことを
聞くと、なぜか謝ってきた。

みくりは恋人という設定としては
(キスするのも)アリだと思う、と返す。

それ以降、平匡のほうからハグしてきたり
みくりはどんどん平匡に惹かれていく。

平匡もまた、自分の恋愛感情に気づき
みくりが可愛くて仕方なくなる。

百合から貰ったワインを飲みながら
みくりと平匡は2度目のキスをする。

みくりはそれ以上の関係になってもいい、と
告げると、平匡は強く拒否した。

このことがみくりにとって、とても
ショックな出来事となる。

キャスト

森山 みくり〔25〕:新垣結衣
津崎 平匡〔35〕: 星野源
風見 涼太〔32〕: 大谷亮平
土屋 百合〔49〕: 石田ゆり子
沼田 頼綱: 古田新太
日野 秀司〔40〕: 藤井隆

田中 安恵: 真野恵里菜
山さん: 古舘寛治

梅原 ナツキ:成田凌
堀内 柚:山賀琴子

スポンサーリンク

関連記事