逃げるは恥だが役に立つ第6話あらすじと感想

みくりが気を許し始めた平匡の
姿をカピバラのようで、愛でたい
と言ってました。
やっぱり小動物っぽいよね。

温泉旅館でのドリンク隠しに
ものすごい機敏な動きをしてましたね。

みくりの来ている服が人気のようですが
私は、ちょいダサくない?
と思ってました。

温泉に着ていった服なんて
ジャージかと思いました。

ガッキーのスタイルの良さで
アリになってしまってる。

みくりはあまりお金がないので
高価な服は着ない、ということらしい。

みくりの回想と妄想のセーラー服は
ドラマ「パパとムスメの7日間」で
ガッキーが着ていたものと同じだそうです。

あれ、すごい前なのに
そのまま着れるなんて、さすが。

みくりの元カレ、カヲル。
またエヴァンゲリオン(笑)
しかし小柳友さんは、ウザキャラが
ハマるなあ。

今回のパロディは百合ちゃんと平匡さんも
巻き込んでしまいました。
東進ハイスクールの林先生になる百合ちゃん。

あらすじ

百合みくりたちに温泉旅行の
券を持ってきた。

新婚旅行として行って来い、と言う。

仕方なく受け取るも、ツインルームで
予約していたが、百合が間違っていると
思い、ダブルにしてしまった。

みくりと平匡は非常に気まずくなる。

しかも平匡は日野に勘違いされ
精力増強ドリンクをもらってしまう。
それを必死に隠していた。

だが平匡が入浴中、みくりは偶然
そのドリンクを見てしまった。

平匡がそういうつもりだと思った
みくりは覚悟した。

その思いも空振りで、平匡はベッドから
出て座敷で寝てしまう。

元カレと会っても平匡は何も
言ってこなかった。
みくりは平匡に恋人のようなものを
求めてはいけない、と思った。

一方、平匡は元カレに会っても
自分のほうがみくりを知っているから
腹が立つこともなかった。

みくりは寂しい気持ちでいたが
平匡も好意を抱き始めていることに
気づいていなかった。

帰りの電車で、平匡は
みくりにキスしてしまう。

 

キャスト

森山 みくり〔25〕:新垣結衣
津崎 平匡〔35〕: 星野源
風見 涼太〔32〕: 大谷亮平
土屋 百合〔49〕: 石田ゆり子
沼田 頼綱: 古田新太
日野 秀司〔40〕: 藤井隆

田中 安恵: 真野恵里菜
山さん: 古舘寛治

梅原 ナツキ:成田凌
堀内 柚:山賀琴子

スポンサーリンク

関連記事