逃げるは恥だが役に立つ第2話のあらすじと感想

沼田さんの存在が面白い感じになっています。

シングルベッドの話をしているときに
「尾崎豊じゃないんだから」と言ったとき
ん?と思ったら、「シングルベッドは
シャ乱Qだよ、間違えちゃったよ」と
自ら訂正してました(笑)

作品のタイトルである
「逃げるは恥だが役に立つ」の意味が
この回で明らかになります。

自分の戦う場所を選ぶ、という
ハンガリーのことわざだそうです。

この意味がストーリーに現れてくる
んだと思いますが、今のところは
そうでもないですね。

みくりが企業に就職ではなく
契約結婚というかたちで
給料をもらって家事をこなす。

これもことわざの意味がリンクしてるのかな。

みくりの妄想はNEWS23。
異論!反論!OBJECTIONにゲストで
登場するみくりでした。

それにしても平匡の自宅、職場が
おしゃれだしキレイなのが羨ましい!

あらすじ

みくりと津崎の両家顔合わせで
自然さを装うため、お互いを下の名前で
みくりさん」「平匡(ひらまさ)さん」と呼ぶことにした。

結婚式をやらされそうになるが
余計なことを省いた結婚にしたい、と
いうことで、納得してもらった。

みくりは予想以上に喜んでくれた
両親に罪悪感を抱く。

反対に平匡は、自分は結婚できない
人間だから、こういう形でも
両親を喜ばせられて良かったと思っていた。

平匡の同僚たちは、平匡の様子が
新婚らしくないとの理由で
妻が実在するのか、怪しんでいた。

特に日野は自宅に来たがっており
仕方なく、日野の家族を招くことになる。
ところが当日になり、日野の子供が体調を崩し
キャンセルしてきた。
代わりに沼田と風見が来てしまった。

何かと鋭い沼田には、寝室を見られないよう
気を配る平匡とみくり。

ちょくちょくボロが出そうになるが
なんとか誤魔化し、切り抜けていく。
しかし突然の大雨で、電車が停まり
沼田と風見は一泊することに。

平匡は男3人で雑魚寝を提案し、
なんとしても寝室を見せないようにした。

だが帰り際、沼田はこっそりと
寝室を覗き、シングルベッドしかないことに
気づいていた。
2人は偽装結婚ではないか、と思い始めた。

キャスト
森山 みくり〔25〕:新垣結衣
津崎 平匡〔35〕: 星野源
風見 涼太〔32〕: 大谷亮平
土屋 百合〔49〕: 石田ゆり子
沼田 頼綱: 古田新太
日野 秀司〔40〕: 藤井隆

森山 栃男: 宇梶剛士
森山 桜: 富田靖子

田中 安恵: 真野恵里菜
山さん: 古舘寛治
森山 ちがや:細田善彦
森山 葵:高山侑子

津崎 宗八:モロ師岡
津崎 知佳:高橋ひとみ

スポンサーリンク

関連記事