ミリオンジョー(ドラマ)第2話あらすじネタバレと感想!なりすまし開始!

キスマイ北山宏光さん主演ドラマミリオンジョー

人気マンガの編集者を中心に繰り広げられるストーリー。

この作品も原作はマンガです。

今どきの兄ちゃんな呉井総市を演じる北山さん。

毎回、ハラハラドキドキな展開が待っていますよ!

ミリオンジョーの動画視聴方法もご紹介します。

第2は呉井は寺師と力を合わせ真加田になりすまし、ミリオンジョーの連載を続けることを思いつく。

周囲にバレずにやるには、もう1人の協力者も必要になるが・・・

第2話のあらすじネタバレ感想をご紹介します。

スポンサーリンク

 

第2話のあらすじネタバレ

橋爪編集長から電話を受けた呉井

原稿を持って会社へ向かう。

異変に気付かれぬようヒヤヒヤしながら、チェックを待つ。

橋爪編集長は真加田に休むように伝えておけ、と言われる。

呉井は真加田の部屋へ戻ることにした。

その間タクシーの中で、真加田の仕事ぶりを「正気の沙汰じゃない」と呉井が言ったのを聞かれてしまったことを思い出す。

でも真加田はそれを喜んでいた。

漫画を描くことだけに生きがいを感じていた。

呉井は漫画家を目指していた。

子供のころから大好きだった「マジックスターズ」のようなものを描きたいと思っていた。

漫画を楽しみにしている読者の気持ちは痛いほどわかっていた。

タクシーの運転手に編集者だと気づかれ、ミリオンジョーはすごいと話しかけてくる。

呉井は会社に一度戻り、真加田宛てのファンレターを見て連載を続けることを決意。

真加田のマンションに戻り、寺師と今後のことを相談する。

すると呉井はミリオンジョーの連載は続ける、寺師とともに描き続けようと提案する。

寺師はそんなことできるはずがない、と弱気だった。

呉井は真加田がすでに最終章まで原案を作っていることを知っていた。

これがあれば続きが描けると確信している。

しかし副編集長の左子は、熱心ミリオンジョーファンのため、ほんのわずかな違いにも違和感を感じていた。

呉井はなんとか誤魔化す。

友人の岸本薫に協力を依頼。

岸本にも真加田の遺産をわきまえるという条件で、この計画を手伝ってもらうことにした。

まずは真加田の遺体を片付ける。

山奥に向かい、真加田の遺体を埋める。

だが岸本はあとは自分がやる、といい呉井と寺師を車で休ませる。

寺師はまだ岸本を信用することができなかった。

呉井の強い信頼得ている岸本は真加田の遺体を埋める前に、あることをひそかにやっていた・・・

呉井はミリオンジョーの単行本をじっくりと読み込み始めた。

なんとかなりすましで連載続けていた。

ある日、会議でミリオンジョーとマジックスターズの合作が決まった。

橋爪編集長は真加田と直接打ち合わせしたいと言い出した。

ミリオンジョーの動画視聴方法は?

ドラマミリオンジョーは動画視聴ができます。

paraviでは全話一気に見ることが可能。

基本料金のみで見放題です。

テレビ東京なので放送されない地域も多いですね。

その場合は動画での視聴がおすすめ。

いつでも過去の放送も見ることができますよ。

ジャニーズアイドルの番組はパパジャニKAT-TUNの世界一タメになるTVが配信されています。

第2話の感想

なんと作者不在で連載続けてしまう呉井。

すでにちょっとずつボロが出てきていますが・・・

真加田が施設育ち、ちょっと普通の人じゃない天才気質であることが、この後のストーリーの鍵になるでしょう。

今回初登場の岸本

なんとも胡散臭い人物です(笑)

この企画を面白がっていますが、遺体を埋めると何やら不審な動きがありました。

やっぱり何か企んでいるようですね。

ちょっとだけですがミリオンジョーファンの漫画家、森秋役に今泉佑唯さんも登場しましたね。

呉井は漫画家を目指していたことが判明。

しかもミリオンジョーが影響を受けているとされているマジックスターズのファンだった。

真加田に嫉妬して、ミリオンジョーを認めたくなかったようです。

漫画家になれなかった呉井とアシスタント止まりの寺師が、どこまで真加田の世界観を再現できるのでしょうか。

そしていよいよヤバいことに、編集長が真加田に会いたいと言い出しました。

そりゃあまあそういうこともあるよねぇ。

岸本に影武者を用意しろ、と言ってましたがどうなることやら。

すでに危なっかしいですが、計画が動き出しました。

次回、第3話は真加田と編集長の打ち合わせをどうするか?

さらにミリオンジョーの連載を見た読者も違和感を感じ始めて・・・

ミリオンジョー(ドラマ)第3話あらすじネタバレと感想!影武者登場?

スポンサーリンク

関連記事