まんぷく第8週のあらすじネタバレ!鈴の家出と萬平の新たな挑戦とは?

Hi!ジャスミンです。

まんぷく第8週(第43回から第48回)
新しい冒険!?

福子の妊娠がわかり、あっという
間に臨月に!

その前にブシムスこと鈴さんが
ちょっとした騒動を起こしてしま
います。

福子の出産は無事に済むので
しょうか?

↓「まんぷく」キャストなど基本情報はこちら↓

まんぷくのキャスト一覧!モデルや脚本を調査!主題歌は誰?

塩作りメンバーについてはこちら

まんぷく塩軍団(塩作りメンバー)をチェック!岡や森本は誰?

スポンサーリンク


第8週のあらすじ

福子は臨月を迎え、出産を間近に
ひかえていた。

体を心配する萬平は、家事はあま
りやらなくていいと言う。

その分、鈴の負担が増え
不満が爆発していた。

福子は三田村会長から投資された
三万円で、新しい事業を始める
のがいいと萬平にアドバイス。

1,500円投資している世良は、
製塩業を大きくするべき、と反対
していた。

仕事のことで頭がいっぱいに
なっていた萬平は、鈴の問いかけ
をないがしろにしてしまった。

さらに「武士の娘、源氏の家系
という鈴を、バカにするように
笑ってしまった。

夕方になって鈴が家出したこと
がわかる。

福子と萬平は克子の家に来るだ
ろうと考え、車で向かう。

だが鈴は清光軒でかくまっても
らい、世話になっていた。

だが清光軒に従業員たちが食事に
来て、鈴の話をし始めた。

彼らはさほど鈴がいなくなったこ
とを深刻に考えていなかった

春休みに入り、タカが家事をこな
していたので、不自由に感じてい
ない様子。

それどころかタカの内面の良さは
鈴にはない、と言われてしまう。

それを聞いた鈴は、ショックを
受け清光軒からも姿を消す。

それを知らず福子たちは、真一に
も声をかけた。

真一は尋ね人の掲示板に張り紙を
するように勧めた。

張り紙は空襲などで、行方がわか
らなくなった人を探す張り紙で
いっぱいだった。

道路には家や家族を無くし、食べ
物に困った人々が座り込んでいる。

そんな状況を目の当たりにした
萬平は、なにか力になれることは
ないかと考え始めた。

克子の家から戻った福子と萬平。
すれ違うように鈴が克子の家へ
来た。

元気に愚痴を言ってばかりなの
で、福子たちはそれを知り
一安心だった。

鈴は忠彦に絵を描いてもらい
上機嫌に。

神部とタカが妙に仲が良くなり
従業員たちは僻み始めていた。

特にタカを気に入っていた小松原
たちは、神部に「みんなのタカ
ちゃんだ」と詰め寄った。

そこで言い合いになっていたので
止めに入った福子。

その時、福子は陣痛が始まり
周囲は大慌てになる。

萬平が克子の家へ、福子が産気づ
いたと電報を打つ。

知らせを知った鈴と克子が、急い
で泉大津の家へ戻ってきた。

無事、福子は男の子を出産

萬平は発明家、平賀源内にあやか
って、「源内」と名付けようと
提案する。

だが鈴は気に入らない。
源氏の末裔なのにと、まだこだ
わっていた。

そこへ福子が「」にしようと
言い出す。

「源内」と「源氏」の源だから
ということで、決まった。

源は健康に育っていたのだが、
福子は体を起こすのもやっとな
状態が続く。

栄養が足りないために、産後の肥
立ちが悪かったのだ。

卵や魚、野菜などバランス良く
食べるように産婆から指示され、
徐々に福子は回復する。

萬平は栄養補給の食品を開発し
ようと考えた。

神部の大阪帝大時代の知り合いで
近江谷という教授を訪ねる。

近江谷がいうには、栄養失調で
体調を崩したり、死んでしまう
妊産婦は多い。

タンパク質やミネラルを摂取す
る必要があるとわかる。

萬平は研究室を作り、塩づくり
のメンバーから数名を研究員に
させた。

動物性たんぱくにガマガエル
利用しようとしたが、圧力釜が
爆発し大失敗となる。

だが萬平は懲りずに、栄養食品
作りに張り切っていた。

スポンサーリンク


第8週の感想

福子が臨月を迎えます。

そのせいで鈴さんをこき使い
嫌気がさして家出!

わがまま鈴さんが炸裂しました。

史実では仁子さんのお母さんが
一緒に暮らしていましたが
さすがに家出はしてなかったよう
です(笑)

忠彦さんに褒められ、絵を描いて
もらったことで機嫌を良くする
鈴さん。

あんなに忠彦さんの絵を批判して
いたのに!

そしてタカちゃんを巡るいざこざ
が発生!

神部がかなり好意を寄せている?
みんなのアイドルなのに、抜け駆
けする神部さん、あざといですな。

無事に生まれた息子、源。

史実ではこの1人目の子が、後の
日清食品を継ぐことになります。

つまりドラマの中でも、萬平さん
の仕事を継ぐ存在になるはず。

福子が産後の肥立ちが悪く、非常
に具合が悪いようでした。

現在の栄養状態が良い時代でも
産後は調子が悪い人が多いもの
です。

この当時だと肉類を手軽に食べら
れないとなると、大変だったで
しょうね。

セリフの中でもありましたが
お金持ちじゃなければ、死んでし
まったかも、と。

実際そういう人も多かったでしょ
う。

安藤サクラさんが出産経験がある
せいか、出産シーンが大げさじゃ
なくてよかった。

やたら苦しがる演技をする女優
さんが多いですが、現実は
「うぅ~」と声も出せなくなる
ものですからね。

外で見守っている塩軍団まで
「うーん」って一緒にいきんでて
微笑ましい(笑)

新キャラは近江谷教授

神部のツテで知り合った人物で
栄養食品の開発に協力してもらい
ます。

白衣を着ていてでんじろう先生
みたいですが(笑)

小松利昌(こまつとしまさ)
さんという俳優さんですよ。

大阪出身とのことで、自然な大阪
弁で立花栄養研究所を引っ張って
くれる存在です。

ちなみにガマガエルを圧力釜で
煮込んで爆発は、史実通りなの
です。

安藤百福さんは実際、やって
しまったらしいです・・・(汗)

まんぷく第9週のあらすじネタバレ!従業員の不満が爆発し萬平は?

スポンサーリンク


関連記事