まんぷく第1週のあらすじ!ネタバレと感想は?福子と萬平の出会い

Hi!ジャスミンです。

第1週(第1回から第6回)
結婚はまだまだ先!
あらすじネタバレ、と感想
ご紹介します。

ヒロインの福子と後に夫となる
萬平との出会いが描かれます。

撮影当時32歳の安藤サクラさんが
18歳の福子を演じることでも
話題ですね。

わりと重苦しいキャラが多かった
安藤さんですが、福子は明るく
天真爛漫な女性。

安藤さんの女優としての実力が
これでもか!というくらい伝わり
ますね。

そして萬平を演じる長谷川博己
さん。

実力派な役者さんが揃っている
すごい朝ドラになりそうです。

↓「まんぷく」キャストなど基本情報はこちら↓

まんぷくのキャスト一覧!モデルや脚本を調査!主題歌は誰?

スポンサーリンク


第1週のあらすじ

昭和13年、大阪で暮らす今井福子

三姉妹の末っ子の福子は、女学校
を卒業したばかりで、ホテルで
電話交換手として働き始めた。

今井家は父が他界し、母の
長女のと福子で暮らす。

売れない画家の香田忠彦と結婚し
三人の子を持つ次女の克子も、
頻繁に実家に出入りする。

小野塚真一と婚約中の咲は、結婚
式を間近に控えている。

電話交換手の仕事には、なかなか
慣れない福子。

休日には親友の敏子ハナ
遊びに出かける。

福子は親友たちと食べたラーメン
の味に感激した。

突然、お腹が痛いと苦しみ出し

医者に見てもらうが、どこも悪い
ところはない、と言われる。

克子は仮病で、咲の結婚を遅らせ
たいんじゃないか、とつぶやく。

鈴は盲腸かもしれない、と苦しむ
様子を見せるが、病院での検査を
拒む。

福子はまだ仕事に慣れず、違う人
に電話を繋いでしまう、という
大失敗をする。

調理師の野呂は、福子を気にかけ
てくれており、アメリカのツナ缶
を福子にあげた。

帰宅すると咲と真一が鈴を見舞っ
ていた。

すると鈴は咲の結婚を遅らせてほ
しいと言い出す。

招待状を出してしまっているのに
延期はできない、と福子は慌てる。

だが咲も真一も鈴がそういうなら、
と延期を考え始めていた。

ある日、福子が帰宅すると
鈴が隠れるようにツナ缶を食べて
いる姿を目にする。

仮病とわかり
娘たちに問い詰められる鈴。

咲の結婚に不安を持っていること
は認める。

理由は福子と2人になるのが
不安だという。

福子は頼りにされていないことに
戸惑う。

ホテルのフロントで、以前福子が
間違えて電話を繋いでしまった
客が、「気にしないように」と
保科に伝言する。

保科はそれを福子に伝えるととも
に、英会話が得意な理由を尋ねる。

父が健在のころ今井家では英国人
の家庭教師が福子についていた。

そのときに福子は英語を身につけ
ていたと答える。

保科は福子の英語力をフロント
業務に活かせると思い、支配人に
伝えた。

なんと福子は電話交換手からフロ
ントへ異動になった。

鈴にも伝え、給料も上がると
安心してもらえるよう説得する。

ホテルのフロントで働けるのは
鈴のおかげ、と福子は感謝をした。

なんとか鈴も咲の結婚を認め、
式の日が迫る。

忠彦は結婚祝いのための絵を
仕上げた。

福子もなにか2人のためにでき
ないか、と考える。

親友の敏子の提案で、幻灯機
存在を知る。

萬平は加地谷圭介と共同で会社を
起こすことになった。

そんな萬平のところへ、福子が
幻灯機を見に来た

次々に写真が映し出されるのを
見て、結婚式の日に借りようと
即決する。

咲の結婚式が無事ひらかれる。

幻灯機がすぐに動かなくなり、
萬平が慌てて調整する。

その間、福子は思いつきでスピー
チを始めた。

咲が男性からモテた、と妙なこと
から話し始め、鈴や咲が慌てるが
真一なら大丈夫、と思ったと
上手くまとめてくれた。

その後、幻灯機で咲と真一の写真
がスクリーンに映し出された。

映し出された写真に感動していた
咲と真一、そして家族たち。

式が終わって、福子は萬平に謝礼
を渡す。

しかし萬平はみんなが喜んでもら
えただけで満足だと、謝礼を受け
取らず帰ってしまった。

咲の結婚から3年後

克子には4人目の子が生まれてい
る。
福子も仕事は順調だった。

福子の勤める大阪東洋ホテルでは
大阪商工会のパーティが開催され
た。

そこへ萬平も、共同経営者の加地
谷とともに出席。
人脈を広げるため、名刺交換に勤
しんでいた。

やたらと周囲に腰が低い世良勝夫
と名刺交換する萬平。

世良は萬平と同じく幻灯機を作っ
ていたが、萬平の作った幻灯機の
性能の良さを知り、諦めて販売業
へ切り替えた、と話す。

そのとき萬平がグラスを持った客
とぶつかり、服が濡れてしまった。

福子が裏へ連れていき、急いでア
イロン掛けをする。

すると萬平が福子に気づき、声を
かけた。

福子も幻灯機を貸してもらった
萬平だと気づき、再会に喜ぶ

別れ際に萬平から「結婚してい
ますか?」と聞かれ、福子は少し
動揺する。

近頃、咲が体調を崩している。
見舞いに行った福子は、真一が
優しく看病している姿を目にする。

2人のような夫婦に憧れる福子。

帰宅すると鈴は、克子の家から
金を貸してほしいといわれた、と
愚痴を聞く。

鈴は断ったというが、福子は内緒
克子へ少しの金を渡す

その帰り道、偶然萬平と会う

いつも行く屋台のラーメンを食べ
ながら、会話がはずんだ。

福子が間違えて外国人へ電話を
繋いでしまったのが、萬平だった
と知り、お互いに縁を感じる。

会社に戻った萬平は、加地谷に
相談なく世良を工場に呼ぶ約束を
したことに注意を受ける。

翌日、世良は根菜切断機の見学
にやってきた。

だが世良は別の会社の根菜切断機
を売っている。

それを知った加地谷は、世良を
追い出してしまった。

加地谷は萬平が世良に騙された
と怒っていた。

日本が戦争を始めたとのニュース
が流れる。

その日、萬平は福子の勤める大阪
東洋ホテルへ向かった・・・

まんぷく第2週あらすじ!ネタバレと感想は?福子と萬平の恋の行方は?

スポンサーリンク


第1週の感想

第1週は登場人物の紹介といった
感じです。

明るく無邪気な福子を演じる安藤
サクラさん。
これまでの安藤さんのイメージが
変わりますね。

まだ18歳という設定なので
普段より高い声を出して、がんば
ってます(笑)

福子がさっそく不美人だという
キャラ設定が・・・(笑)

朝ドラヒロインは、比較的美人で
はない傾向にありますけどね。

「あまちゃん」なんて母親に
「ブス」とはっきり言われるシー
ンがありましたし(笑)

大阪が舞台なので全編大阪弁の
セリフです。

松下奈緒さんが兵庫、萬平の職場
の人たちに関西出身の俳優さんが
何人かいるくらいですね。

特に安藤さんと長谷川さんは
バリバリの東京出身。

大阪弁を話すのは新鮮に感じます。

・・・と思ったら第2話で
萬平が自分の関西弁にコンプレ
ックスを感じているシーンが!

萬平は大阪の人じゃないっぽい。

厨房担当の野呂さんは、福子に
気があるのでしょうか?
やけに親切にしてくれますね。

なんだかんだいろいろあって、
鈴さんは咲さんの結婚を許しま
す。

鈴さんが咲を引き止めるような
態度にイラっときて
「この流れいる?」と思ってまし
た。(笑)

福子が得意の英語を活かし
フロント職になり、頼もしくなっ
というエピソードが必要だった
ので、アリだったかも。

あっさりと結婚式も済み、さっそ
く福子と萬平が知り合います。

途中、ワンシーンだけ咲に交際を
申し込んだ牧善之介さんが出てき
ました(笑)

馬に乗ってくるって(笑)
金持ちアピールだったのでしょう
か?

背が低すぎると断る鈴さん。

浜野謙太さんがキャスティング
された理由はコレでしょうか(笑)

第5話でいっきに3年経過!

テンポ早いですねー(笑)

咲さんは病気のようです。
咳をしているので、結核でしょう
か?

萬平と偶然再会する福子。
萬平のほうが福子を意識してい
るようです。

そしてちょっと気になるのが
加地谷。

萬平のすることに、いちいち
オレが社長だ」とうるさい。
加地谷と萬平の間に何か揉め事が
生まれそうな予感。

さらに
世良は良い人なのか、悪い人なの
か、今のところわかりません。

大阪弁ネイティブの桐谷健太さん
の胡散臭い感じが、独特のキャラ
を生み出してますね。

そして牧善之介が、ほとんど間を
空けず、まさかの再登場(笑)

自分で馬に乗ろうとしてましたが
あれ、絶対届かないと思う・・・

スポンサーリンク


関連記事