ルパンの娘第2話あらすじネタバレ!ミッションインポッシブルみたい?

深田恭子さん主演ドラマ「ルパンの娘

家族全員が泥棒「Lの一族」の三雲華を演じます。

華の彼氏は警察官の桜庭和馬。

ギャグ漫画のようなコメディドラマです。

ルパンの娘(ドラマ)のキャスト!主題歌や原作をチェック!

第2話は華の家に和馬の両親が!

今回のターゲットはアポ電詐欺師。

第2話のあらすじネタバレ感想をご紹介します。

スポンサーリンク

第2話のあらすじ

突然、和馬の両親が三雲家に来てしまう。

華は慌てるが、尊と悦子とマツはすぐに対応し普通の家庭を装う

警察」とは言わせないよう、家族全員が公務員と強調する華。

尊と悦子は公務員は好きじゃない、とさっそく嫌悪感を出す。

尊が高校時代、野球をやっていたという話題になると、和馬の父の典和も高校野球をやっていたと話す。

詳しく聞いてみると、なんと2人は高校時代に対戦していたことがわかり意気投合する。

帰宅した桜庭家では、典和はすっかり尊を信頼していた。

だが母の美佐子は「生活臭がしない家」と怪しんでいた。

華は和馬と別れたほうが良い、とわかっていてもなかなか決断できなかった。

円城寺のアドバイスで「和馬にわがままを言って嫌われたらいい」と言われ、やってみたものの最後には気遣ってしまう華。

ある日、美佐子が華の職場に来ていた。

面と向かって「別れてくれ」と言われる。

華はそれを受け入れる。

最近、アポ電詐欺が多発していた。

和馬はその事件の担当になった。

悦子は秀吉の茶釜が欲しい、と次のターゲットを見つけていた。

現在の持ち主は介護施設を経営している猪熊という男。

実は猪熊がアポ電詐欺の元締めだった。

施設の資料を取り寄せた老人のデータを元に、詐欺をしかけていた。

マツが囮になり、金の受け子を呼び寄せる。

それと同時に華は和馬に「今すぐ来てほしい」とわがままを言う。

チャイムが鳴り玄関を開けると、マツはすぐ手刀で相手を気絶させた。

だがそれは和馬だった。

次に来た人物が金の受け子で、その男も気絶させる。

金を集める場所を特定し、華と尊と悦子がその場へ向かう。

尊が偽物の受け子になり、回収者にてんとう虫3号をしかける。

猪熊がいるビルの最上階を目指す3人。

階下におびき寄せ、猪熊が出た後の部屋へ忍び込んだ。

尊と悦子は茶釜を盗む。

華は顧客データをコピーし持ち出した。

気絶させた受け子にそれを持たせ、和馬が仕留めたことにさせる華。

その情報により猪熊も逮捕された。

だが和馬は警察バッチを無くしたことに気づく。

華と和馬のデート現場に、突然現れたマツ

和馬のバッチを返しに来たのだ。

マツは和馬が警察だと知ってしまう。

スポンサーリンク

 

第2話の感想

今回もあり得ない展開で面白かったですね。

人によっては面白くないという感想あるみたいで・・・

コメディなので軽い気持ちで見るドラマだと思います。

お約束の円城寺のミュージカル劇場(笑)

カラオケみたいに字幕が出るんですけど、一緒に歌えって?

ターゲットのビルに忍び込んだシーン。

ミッション・インポッシブルのパロディになっていました(笑)

今後もこういうパロディ的な要素は入ってくるのかも。

ミスった悦子に息子の渉が、ここぞとばかりにヒドい罵り(笑)

引きこもりでAIを使って会話しているから、栗原類さんってセリフないの?

そして今回、大活躍だったのはおばあちゃん!

カメラを止めるなのプロデューサー役で出ていた、どんぐりさん。

見た目が独特なのもありますが、泥棒としてもかなりキレ者のようで、侮れませんな。

自宅に来た和馬を気絶させたのは、警察だと知ってとっさにやってしまったのか?

いずれにしても和馬が警察だと知ってしまった三雲家一同。

次回は尊たちも和馬とは別れろ、と言い出します。

華はやっぱり和馬と別れなくてはならないのか・・・

っていうか和馬にバレるの?

スポンサーリンク

関連記事