地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子第5話あらすじと感想

悦子の浅草デートでの服装
どうなんですか?

あんな浮世離れした服
持ってる悦子ってスゴイな。
それを可愛いと言う幸人もスゴイ。

フロイライン登紀子役の川原亜矢子さんを
久々に見ましたが、相変わらずヘタだな
この人・・・

でもさすがスタイルは飛び抜けて
良くて、ひとりだけオーラ半端なかったです。

他の出演者が
一般人みたいな感じになってました。

幸人は森尾のマンションに間借り
していること、悦子に言おうと
していたのに、あんな形で知ることに。

もっと早く幸人も言っときゃ
良かったのにー、ともどかしく思いました。

あらすじ

幸人森尾に突然キスされて
困惑するも、森尾が苦悩しているのが
自分と同じだ、と励まし合う。

悦子、憧れの人の作品を校閲

悦子の憧れの存在であるトップスタイリスト
フロイライン登紀子のエッセイを担当する。

すでにイタリア語で出版されているので
翻訳後の文字校正のみ、事実確認はいらないと
指示を受けていた。

しかし悦子はどうしても事実確認を
せずにはいられなかった。

Rassy編集部は大忙し

専属男性モデルの撮影で
企画とスタイリングをフロイライン登紀子が
担当することになった。

時間のない中で、撮影に必要なものを
用意するよう指示が出た。

森尾は自分なりに考えて、撮影に
使えそうなものを探し回った。
だがフロイラインは使えないものを
用意するだけムダ、と一蹴する。

現場を見ていた悦子は
見かねてフロイラインに苦言を呈した。

落ち込む森尾を励ますため
フロイラインのエッセイに
載っていたことを話す悦子だが
それが逆効果となり、森尾と
険悪になってしまう。

ムダなことなんてない

ムダと言われるのを覚悟で
悦子は、日本にいるイタリア人に
声をかけ、エッセイに載っていることが
事実であるかどうか、確認することに。

外国人が集まる浅草でビラを配り
後日、連絡を取るかたちにした。

森尾も悦子からのアドバイスで
ムダかもしれないが、小道具に
手を加えてみた。

景凡社を訪れたフロイラインは
校閲部を見に行く。

それぞれ小説の事実確認を
行う社員の奇妙な光景を
目の当たりにした。

そして悦子がビラを配ったイタリア人
観光客から、続々と連絡が来る。
悦子の質問したことに対する
応えだった。

なんでもムダだと決めつけていた
フロイラインだが
校閲の仕事に心を動かされた

Rassyの撮影では、森尾が手を加えた
小道具を使うことになる。

鉢合わせ

森尾と仲直りしたい悦子は
食事に誘おうと編集部へ行く。

半休を取った森尾と会えなかったので
直接、マンションへ出向いた。

ちょうど買い物から戻った
森尾と幸人に悦子は会ってしまった。

キャスト
河野 悦子:石原さとみ

折原 幸人:菅田将暉
森尾 登代子:本田翼
米岡 光男:和田正人
貝塚 八郎:青木崇高
藤岩 りおん:江口のりこ

茸原 渚音:岸谷五朗

フロイライン登紀子:川原亜矢子

スポンサーリンク

関連記事