清原翔が脳出血!予断許さない状態とは?復帰はいつ?

モデルで俳優の清原翔さんが、脳出血のため緊急入院しているとのこと。

朝ドラ「なつぞら」で一気に知名度が上がり、最も旬な時期だっただけに心配ですね。

命に別条はないとされていますが、予断許さない状態というところが気になります。

脳出血の原因、後遺症はあるのかも調べてみましょう。

スポンサーリンク

清原翔プロフィール

  • 読み方:きよはらしょう
  • 生年月日:1993年2月2日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:185cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:スターダストプロモーション

 

明治大学在学中にメンズノンノの専属モデルとしてデビュー。

俳優デビューは2016年のドラマ「HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜 Season2」

朝ドラ「なつぞら」ではヒロイン奥原なつ(広瀬すずさん)が引き取られた家の長男、柴田照男役が印象的でした。

小学校、中学校の頃に少年野球クラブの監督をしていた父の影響で、清原さん自身も野球をやっていたそうです。

「清原」という名前で野球というと、清原和博さんを思い出しますが全く関係ないそうです。

「なつぞら」で共演していた清原果耶さんとも親族ではないです。

見た目は綾野剛さんに似ているので、ごっちゃになっている人もいるかな?

比べるとだいぶ違うんですけど、画像検索すると2人の写真が混ざって検索されます(笑)

スポンサーリンク

 

脳出血で緊急搬送!

2020年6月12日に体調不良を訴え、病院へ緊急搬送されました。

脳出血が見られたため緊急手術。

18日にそのことが公表されましたが、予断許さない状況とのこと。

1週間経過してもまだそんな状況とは、かなり心配になります。

命に別条はないというので、そこは安心ですね。

しかし予断許さない状況とはどういうことなのか?

そもそも脳出血とは?

脳の動脈が破れて脳の中に出血した状態。脳溢血と呼ばれることもある。脳の血管から流れ出た血液が、脳内の神経細胞を圧迫することで障害が起き、頭痛や手足のまひ、言語障害、意識障害などの症状を引き起こす。脳内のどこにどれくらいの量の血液が流れ出たかによって、症状はそれぞれ異なる。出血を起こした場所によって、被殻(ひかく)出血、視床出血、皮質下出血、橋(きょう)出血、小脳出血など、該当する部位の名前で分類される。脳出血を起こす原因としては高血圧が最も多い。他には、脳腫瘍や脳血管の異常、肝臓疾患などが原因となることもある。

清原さんの場合は手術を行っています。

出血部位の手当をしたのだと思います。

不調を訴えてた状態がどのようなものなのかわかりませんが、麻痺や頭痛だけでなく意識障害もあったのなら、術後の意識は戻っているかも気になります。

その後は脳のむくみや圧迫を減らすための治療が必要です。

もちろん再発の可能性もありますから、そういった意味で予断許さない状況とされているのかもしれません。

脳出血というと年配の人に多いイメージですが、実はそうでもないみたいです。

脳の血管に異常があれば年齢は関係ないようです。

麻痺や言語障害の後遺症が起こることもあるそうです。

そのような症状が出てしまうと、俳優としての復帰が厳しいものになる可能性が。

俳優としてノってきたときなので、非常に残念。

どうか無事復帰できることを祈るばかりです。

脳の大きな病気(くも膜下出血)を経て復帰している星野源さん。

二度の手術を行い、現在は精力的に活動しています。

星野さんのように復帰できると良いですね。

撮影が始まっていたドラマ「アンサングシンデレラ」は、代役をたてる予定とのこと。

まとめ

俳優の清原翔さんが脳出血で緊急手術。

命に別条はないものの、予断許さない状況だそうです。

脳出血は麻痺や言語障害などの後遺症も出るかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事