麒麟が来る(大河ドラマ)のキャストや相関図は?

長谷川博己さん主演の大河ドラマ麒麟がくる

撮影が始まってからキャスト交代という、非常事態になりました。

これまで時代劇でメインになることがなかった明智光秀が中心となるストーリー。

悪者というイメージがありますが、このドラマではどう描かれるでしょうか?

麒麟がくるのキャスト相関図などご紹介します。

スポンサーリンク

麒麟がくるキャスト

明智光秀(十兵衛)

美濃の明智家に生まれる

美濃を牛耳る斎藤道三に見いだされるが、道三の死後は美濃を追われる

長谷川博己

  • 読み方:はせがわひろき
  • 生年月日:1977年3月7日
  • 出身地:東京都
  • 身長:182cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:ヒラタオフィス
  • 出演作品:セカンドバージン、鈴木先生、家政婦のミタ、八重の桜、MOZU、小さな巨人、まんぷく

藤田伝吾

明智家の家臣

光秀のそばに寄り添う

徳重聡

光秀の母

石川さゆり

明智光安

明智城城主で光秀の叔父

道三の家臣

西村まさ彦

斎藤高政(義龍)

道三の長男

母は守護・土岐頼芸の愛妾だった深芳野(のち道三の妾)

光秀の学友

伊藤英明

帰蝶(濃姫)

道三の娘(母は小見の方)

のちに信長の正妻となる

川口春奈

  • 読み方:かわぐちはるな
  • 生年月日:1995年2月10日
  • 出身地:長崎県
  • 身長:166cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:研音
  • 主な出演作品:謝罪の王様教場

深芳野

道三の側室で高政の実母

元は守護・土岐頼芸(とき・よりのり)の愛妾

南果歩

斎藤道三(利政)

美濃の守護代

本木雅弘

稲葉良通(一鉄)

道三の有力家臣

はじめ土岐頼芸の家臣であったが、のちに道三の家臣となった

村田雄浩

土岐頼芸

美濃の守護

かつて道三と結託し、兄を守護の座から追い落とした

尾美としのり

煕子

光秀の正室

美濃の土豪・妻木氏の娘

木村文乃

菊丸

三河出身の農民

光秀の危機を助ける

岡村隆史

伊呂波太夫

旅芸人一座の女座長

諸国の有力大名の公家に顔が利く

尾野真千子

織田信秀

道三のライバル

高橋克典

織田信長

信秀の嫡男

染谷将太

  • 読み方:そめたにしょうた
  • 生年月日:1992年9月3日
  • 出身地:東京都
  • 身長:172cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:トイズファクトリー
  • 主な出演作品:みんな!エスパーだよ!、なつぞら

織田信勝

信長の弟

木村了

土田御前

信長・信勝の母

檀れい

平手政秀

織田家の家臣

上杉祥三

藤吉郎(のちの秀吉)

尾張の最下層農民

佐々木蔵之介

望月東庵

医者

堺正章

東庵の助手

門脇麦

松永久秀

三好長慶の家臣

吉田鋼太郎

三好長慶

細川清元の家臣

山路和弘

細川晴元

室町幕府の管領家

国広富之

足利義輝

第13代将軍

向井理

三淵藤英

将軍奉公衆

谷原章介

細川藤孝

将軍奉公衆

眞島秀和

徳川家康(竹千代)

徳川幕府創始者

風間俊介

風間俊介の嫁は河村和奈で子供はいるか調査!出身高校や大学はどこ?

松平広忠

家康の父

浅利陽介

足利義昭

室町幕府最後の将軍

滝藤賢一

今川義元

東海最強の戦国大名

片岡愛之助

太原雪斎

今川義元の軍師

伊吹吾郎

スポンサーリンク

 

相関図はこちら

公式サイトより

あらすじネタバレ

スポンサーリンク

関連記事