鍵のかかった部屋(ドラマ)第1話のあらすじネタバレ!

嵐の大野智さん主演ドラマ「鍵のかかった部屋

大野さん演じる榎本径が密室で起きた事件を解明します。

原作は貴志祐介さんの推理小説「防犯探偵・榎本シリーズ」です。

2012年4月期のフジテレビ月9ドラマでした。

2020年5月11日から特別編として再放送がスタート!

佐藤浩市さんが演じる芹沢はドラマオリジナルのキャラ。

ドラマでは榎本、青砥、芹沢を中心に描かれます。

ドラマのキャスト・ゲストについてはこちら→鍵のかかった部屋(ドラマ)のキャストは?

第1話は芹沢と青砥が榎本と出会います。

社長が自殺した密室を破る方法は?

ドラマ「鍵のかかった部屋」の第1話のあらすじネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

 

第1話のあらすじ

フリードマン・芹沢総合法律事務所で働き始めることになった青砥純子

ボスの芹沢は多忙なため、勤務初日の純子にいきなりクライアントに会うことを任せる。

貿易会社の社長の円山は、友人で新日本葬礼社の社長である大石満寿夫の自殺の話をする。

大石は末期の膵臓がんを患い、それを苦に自殺したという。

しかし自殺するとは考えにくいと円山はいう。

現場は密室のため、自殺と断定されてしまった。

行政書士の日下部は作成依頼された遺言状と、自殺する歳に書かれた遺言状の内容が同じであることを明かす。

この内容を知っているのは大石と、甥の池端専務

日下部は大石が自殺ではなく、他殺だと疑っていた。

芹沢にこの話を受けたと報告すると、明らかに面倒くさそうにする。

他の案件である中央朝日銀行へ行った芹沢と純子。

だが純子のミスで金庫が閉まってしまう。

中には芹沢と大高頭取が閉じ込められている。

副頭取の川崎は、月曜の朝まで開けることができないという。

そこへ東京総合セキュリティの榎本径という男が、金庫の鍵を開けに来る。

純子が何気なく声をかけると、金庫の鍵のしくみを早口で語り続けてしまう。

少し変わった様子の榎本は、金庫の鍵を開けてみせる。

芹沢は円山からの依頼は断れというが、純子は自殺ではない証拠をつかめばいいと反論する。

榎本に意見を求めると、「破れない密室などない」と言い切った。

日下部とともに大石の山荘へ向かった。

鍵は秘書の田代が管理しているという。。

日下部によると、大石は死後ある程度の時間が経過しており、遺体は腐敗が進んでいた

死因はモルヒネの大量投与。

大石は自分でモルヒネを注射していた。

日下部は池端が殺したと確信している。

榎本は遺体が発見された部屋を黙々と調べ続ける。

後日、榎本の職場を訪れた芹沢と純子。

山荘の模型を作り、密室を破る手がかりを探していた。

しかし現時点では何もわかっていない。

純子は日下部と田代から、池端もエンバーマーの資格を持っておりモルヒネ注射ができると聞き出す。

榎本と純子が山荘へ行くと、大輝という少年がいた。

事件の当日、部屋から白髪頭の男がこちらを見ていたという。

大石の葬儀の日。

純子は日下部に大輝から聞いたことを伝えると、池端も白髪頭だと知る。

大輝を連れて池端の目の前に行く純子。

だが大輝が見たのは祭壇の写真の男、つまり大石だった。

再び榎本の職場へ行く芹沢と純子。

部屋に入ってきたハエを見て、榎本は密室を破る方法に気づく。

ある日、池端が山荘を片付けると出ていったと聞き、芹沢たちは後を追う。

榎本がこの部屋が密室ではない理由を説明する。

遺体にウジが湧いていたのなら、部屋にハエが入り込んだと考えられる。

大石が1人でこの部屋にいたとき、犯人が致死量のモルヒネを投与。

大石はこれにより死亡。

すると榎本は「遺体は自分で座った」と言い出す。

横たえた状態で遺体を置き、犯人は12時間放置。

部屋に入ったときは腐敗が始まり、臭気に耐えられなかった犯人は窓を開けた。

そのときにハエが入り込んだ。

ドアに貼られていた白い布を調べれば、遺体が立った状態だとわかる。

死後硬直していればその姿勢のままだが、その後硬直は緩んでいく。

徐々に座った姿勢になったと考えた。

しかし榎本は密室ではなかったと証明しただけで、犯人が池端とは言っていない。

それ以外のことは興味がなさそうだった。

池端は自分が犯人である証拠はないと自信があった。

だが芹沢が遺言状の内容のことを指摘する。

大石以外に知っているのは池端だけだからだ。

遺言状のことが疑われても、密室だったとすれば自殺と断定されると池端は考えていた。

大石が自殺ではないとわかり、円山から感謝される芹沢。

スポンサーリンク

第1話の感想

普段の大野さんとは印象の違うキャラ、榎本。

とにかく鍵を開けることに高い能力を持っています。

触ってはいけないものを触ってしまうクセがある純子。

それをきっかけに榎本と出会います。

ちょっとガリレオっぽいかな?と思いました。

こちらは警察じゃなくて弁護士ですけど。

変人なスペシャリストに興味のある分野で協力をしてもらい、事件についてはどうでもいいというスタンス。

でも第1話の内容って、鍵はあまり関係ないような(笑)

密室じゃない=一度窓を開けたから

ってこれだけじゃん!(笑)

今後も密室だと思ったら、そうではないということを追求するのかな。

第2話は純子、芹沢と榎本のタッグが本格的に動き出します!

鍵のかかった部屋第2話あらすじネタバレ!秘書に能年玲奈!

スポンサーリンク

関連記事