イソジンうがい薬がコロナウイルスに効く?吉村知事が呼びかけ!

大阪府の吉村知事ポピドンヨードが含まれたうがい薬で、新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待できることを確認したと発表。

またたく間にドラッグストアなどでうがい薬が飛ぶように売れたとのこと。

しかしこれ、本当なのでしょうか?

売り切り続出でまたもや高額で転売されています。

混乱を招いたこの発言。

いったい本当に効果があるのか、さまざまな人の意見をまとめてみました。

スポンサーリンク

吉村知事が会見!

8月4日の会見で、大阪の吉村知事がうがい薬でコロナウィルスの陽性反応数が減ったと発言。

この会見の影響で、全国でうがい薬(イソジンなど)が売り切り状態に。

買い占めないでと呼びかけたものの、さっそく転売対象になっている事態。

薬事法の関係で効果については断言できない、と吉村知事。

でもはっきり言っちゃってるようなもんですね(笑)

しかしこれについては疑問の声が多く上がっています。

スポンサーリンク

うがい薬ではウイルスは死なない!

確かに口や喉を殺菌するうがい薬であれば、一時的に菌は減ります。

ですがコロナウィルスのように体内に入り込んでしまっていれば、うがい薬でウイルスが消えるわけがないのです。

この方のいうように、口の中の菌が減っていることで、むしろ検査結果が正確に出ないだけではないでしょうか。

うがい薬は喉の炎症や風邪予防に効果的とされています。

でもコロナウィルスのように目など粘膜から入り込むものは、喉まわりを消毒しても意味がありません。

常在菌まで殺してしまうので、かえって免疫力が落ちてしまう危険性も。

知事がこのような発言をしてしまうのは、いかがなものでしょうか。

専門家の正しい意見を正式に発表したほうが良いと思います。

転売は違法?

イソジンは医薬品なので転売は違法です。

でも医薬部外品のイソジンは転売OK。

ポピドンヨードが入っていないので、知事の言っている効果は期待出来ない。

っていうか、そもそもコロナウィルスには効果ないって結論ですけどね。

「うがい薬が効く!」とだけ思い込んで買い占めるのは止めましょう。

一般的なうがい薬の効能しかないと思いますが、使用することがダメなのではないので買うぶんにはお好きになさって。

なんどもいいますがコロナウィルスはうがい薬で消えない!ですよ。

まとめ

大阪の吉村知事がポピドンヨードを含むうがい薬でコロナウィルスの陽性反応が減ったと発言。

しかしこれは口の中のウイルスが減っただけで、体内のウイルスは無くなったわけではないです。

早くも買い占めや転売が続出。

医薬部外品のほうのイソジンは転売できません。

スポンサーリンク

関連記事