インハンド(ドラマ)第3話のあらすじネタバレ!感想や見逃し動画は?

山下智久さん主演ドラマ「インハ
ンド

義手を装着した無愛想な寄生虫
研究者を演じる山下さん。

菜々緒さん演じる官僚のキャリア
ウーマン、濱田岳さん演じる医師。

職業の違う3人が、さまざまな
問題に立ち向かいます。

第3は紐倉と高家は
美容界のカリスマ医師の
闇を暴きます。

その一方で牧野は紐倉の
正体を少しずつ知る?

インハンドが山下智久主演でドラマ化!キャストや主題歌は?

第3話のあらすじネタバレ感想
見逃し動画視聴方法などを
ご紹介します。

スポンサーリンク

第2話のあらすじ

女性に人気のサロン、パナシアン
ビューティのCEOである瀬見まき
のセミナーに潜入した紐倉と
高家。

瀬見はベニクラゲの特徴を活かし
テロメラーゼ治療を広めている。

紐倉は堂々と上級会員だけが入れ
る部屋へ入ってしまう。

体型維持のために代理出産
勧めていることに疑問を抱く高家。

牧野とセミナー会場で会う。
牧野は調査のため、と言い張る。

実はサイエンスメディカル対策本
部には、パナシアンビューティの
調査の話があった。

女優の園田イズミに、若年性アル
ツハイマーの噂が週刊誌に書かれ
ていた。

園田はパナシアンビューティの
上級会員である。

紐倉は大学時代、瀬見の講義を
受けており、研究室にも頻繁に
出入りしていた

それもあってか、牧野からの依頼
を受ける。

紐倉は瀬見と接触を図るため、
論文を捏造した。

紐倉は高家に瀬見がどんな人物
なのかを話し始める。

瀬見の妹、みき子は早老症の一種
であるウェルナー症候群だった。

瀬見がベニクラゲの若返りを研究
し始めたのも、この頃のこと。

一方SM対策本部は瀬見の側近が
会っていた人物を調査する。

その男は小林千治といい、人体
ブローカーをしている。

さらに小林と紐倉が一緒にいる
写真を見せられ、牧野は驚く。

論文に興味を持った瀬見は、紐倉
のところへ連絡をしてくる。

論文は高家が書いたことにして
紐倉は山田という助手になりすま
し、瀬見と会う。

その隙に紐倉は瀬見の部屋から
資料を盗み出す

だが側近に見つかり逃げ出す。

逃げそびれた高家は拉致されて
しまった。

高家のスマホから紐倉に電話が
かかってきた。

瀬見は紐倉のことを覚えていない
ようだった。

資料によると、テロメラーゼ治療
は行われておらず、血液から血漿
を取り出し若返りの効果を得てい
た。

美容目的での輸血は違法だ。

スポンサーリンク

 

高家は強制的に血液を抜かれて
しまう。

助手なんかいらない、と言いなが
らも高家を助け出そうと紐倉は
動き出す。

小林と取引をして、高家が連れて
いかれた場所を聞き出す。

瀬見が施術する場所へ行く紐倉。

顔を合わせてもまだ、瀬見は紐倉
を思い出せなかった。

瀬見はクロイツフェルト・ヤコブ
だった。

アルツハイマーの症状が
すでに出ている。

血液から感染したのだろう、と
紐倉は指摘する。

瀬見は妹のみき子の病気をきっか
けに、老いや死を恐れるように
なってしまう。

手段を選ばず若返りをするように
なっていた。

だが紐倉は病が進んだみき子から
自分のことは忘れてほしい、と
言い残された話をする。

生き物は老いて死ぬことが自然
なこと、それに逆らってはいけな
いと言う。

その後、瀬見は逮捕された。

牧野は御子柴から紐倉の過去
聞かされる。

アメリカ軍と揉めたため、CECを
解雇されたとわかる。

見逃し動画配信は?

TBS系ドラマなのでparavi
視聴可能です。

放送後1週間以内なら無料で
1話分。

有料会員になると、過去の放送も
視聴可能です。

https://www.paravi.jp/

TVerでも視聴可能ですが、こちら
はCMが入ります。

https://tver.jp/

スポンサーリンク


第3話の感想

血漿を輸血したからといって
若返るわけじゃないですよ!

実年齢が42歳の観月ありささん
が52歳という設定でした。

そりゃ若く見えるよ!(笑)

出所のわからない血液なんか
よく体にいれるなあ、と単純に
思ってしまいました。

でも美容目的ならなんでもする
って人はいるんでしょうね。

プラセンタは実際にある美容方法
だし。

プラセンタも衛生面でしっかり
管理されてないと危険ですから。

コラーゲンの経口摂取は意味ない
って、はっきり言っちゃってまし
たね。

いやほんと、そうなんですよ。
胃で吸収されてアミノ酸になる
だけ、と紐倉の言う通り。

ちょっとずつ明らかになる紐倉の
過去。

ラストでは義手のメンテナンスに
来た女性が登場。

紐倉の過去というか、いろいろ
事情を知っていそうでしたね。

睡眠薬を常用しているほど、
精神的なダメージもあった?

スポンサーリンク

関連記事