グランメゾン東京第4話ネタバレ!犯人は京野?階段が気になる!

木村拓哉さんがフレンチシェフを演じるドラマグランメゾン東京

3年前のナッツ混入事件で警察沙汰になり、業界を追放された尾花夏樹を演じます。

出てくる料理も斬新なフランス料理で、そちらも注目したいですね。

グランメゾン東京(ドラマ)のキャスト!役名に食べ物が!

第4はプレオープンを間近に控えるグランメゾン東京。

デザートのモンブランがどうしても決まらず、尾花はある人物を引き抜く。

そして新入りの柿谷の正体は?

第4話のあらすじネタバレ、事件の犯人についてと気になる階段のこともご紹介します!

スポンサーリンク

 

第4話のあらすじ

グランメゾン東京にマリクレール編集長のリンダ・真知子・リシャールが現れる。

リンダはプレオープンに招待してほしいと言う。

尾花はそれを承諾するが、リンダに酷評されることを恐れる倫子。

そしてリンダはデザートの味を大切にする。

そのためグランメゾン東京のデザートも改良する必要があった。

最後に出すモンブランは、尾花たちが納得していない。

尾花たちは祥平の勤務するホテルへまた足を運ぶ。

そこで尾花はパティシエの松井萌絵に声をかけた。

萌絵はコースの締めとなるモンブランを任された。

まずは現時点のレシピで作ったモンブランを試食する。

萌絵は自信たっぷりに「見た目が悪い、私ならもっと良いものを作れる」と豪語した。

そして作ってみせたモンブラン。

見た目の美しさは評価されたが、味はリキュールが強すぎてダメだとバッサリ。

尾花は萌絵を「期待はずれだ」と酷評。

しかし京野と相澤は萌絵のセンスの良さを買っていた。

プレオープンまでに尾花たちの改良作を超えられるものを作ってほしいと頼む。

京野は萌絵に協力してやってほしい、と祥平に根回ししておく。

その日から萌絵と祥平はモンブランのレシピを研究する。

どうしても栗の風味がでないことに悩む。

すると祥平は栗の鬼皮に注目した。

一方、尾花たちも鬼皮を使うことを思いついていた。

新しいものをつくるたびにSNSに投稿していた萌絵。

鬼皮を使ったとわかる。

京野がそれを見て、祥平のアイディアが活かされていると実感。

プレオープン直前に萌絵が新しいレシピのモンブランを完成させる。

味見をした一同は納得し、萌絵のレシピでデザートを出すことを決めた。

ついにプレオープンの日を迎える。

招待客を迎え入れ、いよいよ料理を提供する。

祥平も招待されていた。

順調に料理を完成させていたが、魚介メニューを作り始める時に事件が勃発。

魚介担当だった柿谷が姿を消す

しかもメイン食材のウニは下処理されていなかった

倫子はメニューを減らすと言い出すが、尾花は絶対に間に合わせると急ぐ。

京野は祥平にエプロンを渡し、力を貸してほしいと頼む。

だが祥平は尾花が必要としていない、と拒む。

尾花に祥平が必要だと思い知らせればいい、と京野は言う。

急いで厨房に入った祥平は、手際よくウニの下処理を始めた。

柿谷はすでに店を出て、gakuのオーナー江藤と密会していた。

すべては江藤の指示だった。

これでリンダが酷評するだろうと目論んでいたのだが、江藤がSNSをチェックするとウニ料理が出ていた。

グランメゾン東京では最後のデザートが提供される。

萌絵は自らリンダにモンブラン・アマファソンを出す。

食事を終えたリンダは、デザートについて評価する。

先に出たメレンゲのアイスクリームが美味しかった、と喜ぶ。

だがモンブランはもっと美味しかったと絶賛。

萌絵は自分のデザートが認められたにも関わらず、浮かない表情だった。

正直に祥平が作り出した味だと打ち明ける。

尾花はお客様にとってはうちらの努力など、まったく関係ないと返す。

萌絵はもっと勉強したいと言い、グランメゾン東京で働かせてほしいと頭を下げる。

倫子はそれを承諾する。

芹田は帰宅途中、江藤と柿谷に声をかけられる。

「毎月10万円でグランメゾン東京のメニューを教えてほしい」と要求する江藤。

芹田は金の入った封筒を受け取る。

数日後、リンダの書いた記事が公開される。

グランメゾン東京を絶賛する内容だったが、記事の後半には「尾花夏樹」の名前を入れていた。

この記事で「グランメゾン東京=アレルギー食材混入の尾花夏樹の店」と知られ大きく騒がれることとなる。

しかしリンダはナッツ混入事件の犯人は、尾花に強い嫉妬をしている者だとわかっているようだった。

グランメゾン東京の動画視聴は?

グランメゾン東京はparaviTver配信されています。

TVerは放送後1週間以内しか配信されません。

paraviは過去の放送もいつでも見ることができます。

しかもparaviは月額925円(税抜)なので、とてもリーズナブルな動画配信サービス。

TBS、テレビ東京のドラマが基本料金で見放題です。

ジャニーズアイドルの限定動画「パパジャニWEST」「KAT-TUNの世界一タメになる旅」も見放題になっています。

第4話の感想

第3話のラストシーンで突然出現した柿谷は、江藤と手を組んだスパイでした。

登場も雑でしたが、店を去った柿谷も雑でしたね(笑)

みんな柿谷がいなくなったこと全然気にしてないし・・・^^;

でも芹田くんが月10万円で取引を迫られました。

受け取ってしまったけど、やっぱりできませんって返してほしい。

芹田は尾花との関係がとても良いのです。

かつての尾花と祥平のようだと相澤が言ってました。

尾花が芹田にペティナイフを買ってあげていました。

これはグラグラメゾン東京第2話のエピソードとリンクしているんです。

グラグラメゾン東京第2話のネタバレ!無料動画視聴方法は?

2019-11-03

祥平も尾花からペティナイフをもらっています。

だからこそ!

芹田があんな簡単に裏切ってしまう人であってほしくない。

尾花がどういうつもりでナイフを買ってあげたのか思うと・・・

意外とすごい経歴のパティシエの萌絵が加入。

生意気な口を聞いていましたが、グランメゾン東京の本気や祥平の実力を見せつけられ、最後はシュンとしちゃう(笑)

自信を失くして微妙な表情になっていくところ、上手いなあと感心しました。

萌絵を演じている吉谷彩子さんは、「陸王」に出ていた人ですよ。

萌絵につきっきりになってしまい、祥平は美優をほったらかしに。

この部分はグラグラメゾン東京第4話で、祥平目線で描かれています。

ところでツイッターで「店の階段の急さ」が話題になっていました。

セリフでも「急なのでお気をつけて」とか言っているし。

あれはセットですよね?

ミシュランは建物についても厳しい評価をするようですよ。

あの階段が後になって、星が取れない原因とかになるのかなあ。

わざわざ階段を急にしてる感じなんだよね。

そして最後にリンダが記事にしたことで、尾花の名前が出てしまいます。

あれはなにか狙いがあるのか。

丹後と話していた内容は本心なのか。

リンダは事件の真相を知っている様子だし。

尾花のためにやったのか、陥れるためだったのか、どうなんでしょうね。

事件の話をしているシーンで、京野さんが映ったのは?

ミスリードさせるための演出であってほしい!

京野さんが犯人だったら、今のがんばりは何なんだ?

最後に裏切ってくるのかな。

でも尾花に嫉妬している人って他にいない。

相澤や祥平は尾花に降伏している様子だし。

次回、第5話はさっそく風評被害にあってしまうグランメゾン東京。

尾花はカレーを作ると言い出していましたが・・・?

スポンサーリンク

関連記事