グランメゾン東京最終話ネタバレ!丹後の行方と萌絵も気になる!

木村拓哉さんがフレンチシェフを演じるドラマグランメゾン東京

3年前のナッツ混入事件で警察沙汰になり、業界を追放された尾花夏樹を演じます。

出てくる料理も斬新なフランス料理で、そちらも注目したいですね。

グランメゾン東京(ドラマ)のキャスト!役名に食べ物が!

最終話はグランメゾン3つ星なるか!?

しかしリンダの圧力や尾花がこだわるマグロ料理など、そう簡単にはいきません。

丹後が思わぬ行動に・・・!

萌絵と美優の直接対決も見逃せません。

最終話のあらすじネタバレ、感想をご紹介します。

スポンサーリンク

最終話のあらすじ

尾花はマグロを新メニューに加えたいと意地になっていた。

加熱することが基本のフレンチには、マグロは向かないとされる。

ある日、尾花や京野の師匠の店であるランブロワジーから連絡を受けた。

東京で姉妹店を出すため、そこの料理長をやらないかと尾花は誘われた。

だが今の尾花にはマグロのメニューの開発しか頭にない。

審査の日に間に合わないと焦る倫子。

尾花は同時に別の魚のメニューを作ればいいと挑発され、倫子はそれに応える。

gakuは結月がシェフになり、強引なやり方についていけないスタッフが次々辞めていく。

柿谷もスーシェフの座を武野浩介に取られてしまった。

ついに他のスタッフがボイコットしてしまった。

契約と違う、といい結月と武野は店を去る。

営業できる状況ではなくなり、呆然とする江藤。

するとそこへ丹後が現れた。

柿谷が呼び戻しており、店を立て直すと奮起した。

グランメゾンでは尾花や倫子が奮闘しているが、萌絵もまた新しいスイーツ作りに煮詰まっていた。

モンブランのときのように、祥平とまた力を合わせて試行錯誤する。

出来上がったクレームダンジュをスタッフが試食した。

だが尾花は納得しなかった。

モンブランを食べあるいたという美優に食べてもらう。

美味しいと満足する美優に、萌絵はわかっているなら祥平を応援しろと怒り出す。

尾花は料理人のメンタルが作った料理に現れていると説明した。

美優に「祥平の背中を押してくれたら」という。

尾花と萌絵が帰った後、美優は祥平に連絡をした。

納品のついでに新メニューを試食した峯岸

「バカうめぇ」と大絶賛してくれた。

車に乗り込もうとすると、江藤が待ち伏せていた

倫子がハタを使った料理を作り上げる。

スタッフ全員が言葉を失うほど素晴らしい出来だった。

しかし尾花は感想は言わず、「これで3つ星が取れると思っているのか?」と問う。

倫子はわからない、と答えた。

1つ星、2つ星ならそれでいいが3つ星はマグロだと譲らない尾花。

だが店の予約は常連客1組しか入っていない、と京野が明かす。

尾花は調査員が行かないよう、リンダが手を回したと確信する。

リンダに会いに行き、グランメゾンの料理を食べに来てくれと頼み込む。

後日、リンダが来店した。

スタッフ一同、これまでやってきたことをすべて出し切ろうと気合が入る。

リンダに感想を聞きに行く倫子。

リンダは受け入れてくれる。

そしてリンダはマリ・クレールダイニングを去る

グランメゾンにミシュラン調査員と思われる客の予約が入る。

gakuは峯岸から和ゼリを仕入れさせてもらい、3つ星の調査員の審査を受ける。

グランメゾンにも3つ星の調査員からの予約が入った。

尾花のマグロ料理も完成する。

その当日、峯岸の納品が遅れて和ゼリが間に合わなかった

突然丹後がグランメゾンを訪れる

和ゼリを持って来た。

峯岸にgakuへの納品を勧めてくれたのが尾花だと知り、丹後は借りを返したといい店を出る。

無事、店を開けることができた。

だが倫子は尾花のマグロ料理ではなく、自分の料理で勝負したいと急遽、出すメニューを変えてしまった。

翌日、尾花は新しい店へ行くと書き置きをして出ていく。

ミシュランの発表の日を迎えた。

尾花は倫子が3つ星を取れる料理が作れるシェフになった、と実感したのだろうと相澤は言う。

グランメゾンのスタッフと顔を合わさないよう、こっそりと尾花も発表を聞きに来た。

ついに3つ星の最後の発表となり、グランメゾン東京の名前が呼ばれる。

倫子はスピーチで尾花への感謝の気持ちを語る。

会場を去る尾花を呼び止め、倫子は喜びのあまり抱き合う。

そのときやっと尾花は倫子の作ったハタのロティを絶賛する。

しばらくして倫子は尾花のいる店へ・・・

そこは尾花の師匠の店、浪漫亭。

尾花は倫子に世界中の星をかっさらう店を作ろう、と誘う。

グランメゾン東京の動画視聴は?

グランメゾン東京はparaviTver配信されています。

TVerは放送後1週間以内しか配信されません。

paraviは過去の放送もいつでも見ることができます。

しかもparaviは月額925円(税抜)なので、とてもリーズナブルな動画配信サービス。

TBS、テレビ東京のドラマが基本料金で見放題です。

ジャニーズアイドルの限定動画「パパジャニWEST」「KAT-TUNの世界一タメになる旅」も見放題になっています。

最終話の感想

ちょっと冷めた言い方をしてしまいますが、この日曜劇場のドラマはだいたいハッピーエンドだから3つ星取れる終わりだろうなと思ってました (笑)

これまでギスギスしていた関係もすべて丸く収まります。

あんなにピリピリしていたリンダも、認めざるを得ないと許してくれました。

特に美優と萌絵の和解は微笑ましいですね。

美優から別れを切り出され、グラグラになった祥平。

そんな祥平をなんとかしてやれ、と美優にけしかける萌絵。

お詫び飯」を条件に仲良しに!

ラストのほうで美優が「お詫び飯パート7」ってチョコレートらしきものを持ってきてました(笑)

美優は美味しいスイーツをしょっちゅう萌絵にプレゼントしてるんですね。

そのおかげで萌絵もパティシエとしてプラスになるもんね。

頑固な峯岸さんですが、椿鬼奴さん演じる奥さんも良い味出てた。

毎日のように熱心に通う江藤に「あたしも困るんだよ」って、本人の前で言っちゃうし。

gakuで新しく雇ったシェフ2人は使い物にならず。

大して働いてないのに退職金勝手に持っていくし、一番高いワイン開けちゃうし(笑)

gakuは正々堂々と勝負して、グランメゾンに負けてしまいました。

それでも2つ星なんだけどさ。

丹後は義理堅い人で、ライバルなんだけど悪い人じゃないキャラ。

ミシュラン発表のシーンは、実在する3つ星レストランが登場しています。

都内には11店しかないんですね。

しかしグランメゾン東京は、尾花だけでなくフランスに行ってしまった相澤さんもいなくなっちゃったんですよね。

大丈夫なんだろうか。

それでも倫子さんは大丈夫なシェフに成長したから、問題ないんですかね。

グランメゾンの姉妹店を作る、と続編を匂わせる終わり方でした。

もしそうなら楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事