グランメゾン東京第10話ネタバレ!丹後がクビ?リンダが祥平を探す!

木村拓哉さんがフレンチシェフを演じるドラマグランメゾン東京

3年前のナッツ混入事件で警察沙汰になり、業界を追放された尾花夏樹を演じます。

出てくる料理も斬新なフランス料理で、そちらも注目したいですね。

グランメゾン東京(ドラマ)のキャスト!役名に食べ物が!

第10は祥平をグランメゾンに、という尾花だが自分の犯した罪のせいで迷惑がかかると躊躇する。

キジバトを使った新メニューを作るが・・・

gakuでも一波乱あり、丹後が追い出される?

第10話のあらすじネタバレ、感想をご紹介します。

スポンサーリンク

第10話のあらすじ

尾花が「グランメゾンに来い」と誘うが、祥平は即答できなかった。

グランメゾンの従業員たちの前で、あの事件のことを認めた祥平。

だが相澤は祥平を許せず怒りをあらわにする。

尾花や京野も知っていたこと、祥平がすぐに自分がやったといわなかったことが、どうしても納得できなかった。

祥平は謝罪して店を出ていこうとした。

すると京野がフレンチの世界を去るなら、卒業祝いに料理を作ってやるという。

本州鹿ロースのパイ包みを作りあげた。

祥平は美味しいと言うが、京野はそれが本心ではないことを見抜いた。

全力で作っても人の心を動かすものではない京野の料理。

才能があるのに辞めようとする祥平は、料理を諦めた人間に失礼だと叱責する。

尾花は星を取るために祥平のチカラが必要だ、と宣言。

マグロを使ったメニューを作ることを考えていた。

尾花と同じく、祥平の名前を表に出さないようにすると倫子は決める。

マリ・クレールダイニングでは、リンダが書いた記事が掲載される。

祥平があの事件の犯人という内容だった。

それを見た美優の父、蛯名西堂はgakuに行くがすでに祥平が退職していることを知る。

江藤から祥平の履歴書を受け取る。

祥平を徹底的に潰す、と怒りが収まらなかった。

祥平の協力を得られなくなった丹後は、ミシュラン審査用のメニュー開発が進まず焦っていた。

柿谷にもそれを見抜かれ、厨房内での士気は低くなる。

グランメゾンでもミシュラン審査に備えた準備をすすめる。

ミシュランの審査は

  • 素材の質
  • 料理の技術の高さ
  • 独創性
  • 価値に合った価格
  • 料理全体の一貫性

そしてミシュランの調査員は一般の客と変わらず来店する。

いつでも最高の料理を提供することが条件だ。

峯岸がジビエ素材を持ってきた。

祥平はこれらの食材を使い、メインのメニュー開発を任される。

キジバトの肉を使った料理にすると決まる。

前菜の新メニューを完成させた相澤。

尾花も納得する。

エスコフィユのときは尾花に否定されつづけていたため、相澤はやっと認められたと満足げだった。

gakuでは丹後が新メニューを作る。

江藤に試食してもらうが、返事ももらえないうちに新しいシェフが来たと声をかけられる。

厨房にいたのは結月聡

丹後に代わり、来月からシェフとして雇われたという。

事実上、丹後は追い出されることになる。

江藤は祥平がいなくなってからの丹後には、もう期待していなかった。

グランメゾン東京に1人の女性客が現れる。

久住はミシュラン調査員ではないかと慌てるが、その女性は美優だった。

尾花が美優をテーブルへ案内する。

美優は祥平の居場所を探しているという。

やつれた美優を気遣い、無償で料理を提供することにした尾花。

グランメゾンのフルコースを味わった美優。

エスコフィユのメンバーが作り上げた料理に感動した。

萌絵と作ったモンブランにも大きく心を動かされる。

美優は祥平にはグランメゾンに行くべきだ、と伝えて欲しいという。

厨房の裏で祥平はその言葉を聞く。

するとリンダがグランメゾンに突然現れた。

祥平がグランメゾンにいるとわかって、探し回っているようだった。

祥平は慌てて隠れる。

祥平を許さない、グランメゾンを認めないと頑なになっているリンダ。

尾花は3日後に新メニューを食べに来て、感想を聞かせて欲しいと言った。

リンダを料理で納得させようと考えた。

祥平は自分がいることが迷惑だと思い、やっぱり無理だと言いだす。

尾花は迷惑かけたなら、料理で返せと怒鳴る。

祥平は積極的にアイディアを出した。

相澤も協力する姿勢を見せた。

尾花はリンダを納得させなければ、三ツ星なんて無理だと煽る。

京野と尾花は祥平を辞めさせないために、ある作戦を考えつく。

リンダが来店する日を迎えた。

祥平は聞いていた時間と違っていたので、隠れる時間がなかった。

尾花は祥平にリンダの前へ「キジバトのドゥミ・アンクルート」を出させる。

一口食べたリンダは、料理一品で星がつくかは判断できないと言う。

それ以前に祥平がいる限り無理だと言い、店を出る。

倫子はリンダを引き止め、最高の仲間なら三ツ星を取れるという自信を語る。

弱気になった祥平に尾花は、料理で納得させられなかったのが悔しくないのかと言う。

「グランメゾンに入りたい」と素直な思いを吐き出した祥平。

京野は最高のスー・シェフが揃った、と尾花に言う。

そして尾花は新メニューに、フレンチに取り入れるのが難しいマグロを使うと言い出す。

グランメゾン東京の動画視聴は?

グランメゾン東京はparaviTver配信されています。

TVerは放送後1週間以内しか配信されません。

paraviは過去の放送もいつでも見ることができます。

しかもparaviは月額925円(税抜)なので、とてもリーズナブルな動画配信サービス。

TBS、テレビ東京のドラマが基本料金で見放題です。

ジャニーズアイドルの限定動画「パパジャニWEST」「KAT-TUNの世界一タメになる旅」も見放題になっています。

第10話の感想

ウジウジしている祥平ですが、やっとグランメゾンの仲間入りをしました。

とにかくリンダはあの事件のことにこだわります。

尾花のいうように、料理で納得してくれるのでしょうか。

そしてgakuも波乱の人事が。

祥平を失い、柿谷に痛いところつかれてしまった丹後さん。

江藤も丹後では三ツ星は取れないと判断し、シェフ交代に。

丹後さんの行方が気になりますね。

グランメゾンに入るのかなあ。

料理の道を諦めた京野さんが、一品作りました。

ぼんやりした料理」と倫子にまで言われてしまう(笑)

萌絵やアルバイトの子たちは「美味しい」って言ってましたが。

頂点を極めようという人たちにとっては「うーん・・・」な味のようです。

今回も結構笑えるシーンがありました。

祥平の強気な態度にイラッとくる尾花。

胸ぐらを掴みそうな空気になったので、倫子さんが体当たり(笑)

久しぶりに本編に美優が登場。

グラグラメゾンを合わせて見ている人ならわかりますが、祥平と美優はずっと会っていません。

ほとんど別れてしまったような状態。

萌絵が美優にモンブランを配膳することを拒否しましたよね。

グラグラメゾン第9話の後なので、こうなってしまうのは当然なのです。

グラグラメゾン第9話あらすじネタバレ!祥平が真実を伝えた理由は?

ところで「スー・シェフ」という聞き慣れない言葉が出てきました。

シェフの片腕のような存在、総料理長の補佐です。

尾花はエスコフィユのときのように、グランメゾンでも祥平をスー・シェフにしたかったのですね。

さて次回は最終回

マグロを使ったメニューは出来上がるのか?

丹後がグランメゾンに来店するらしい。

そしてリンダは・・・?

グランメゾンは星を取れるのか?

放送時間が拡大されるとはいえ、盛りだくさんの内容ですね。

グランメゾン東京最終話ネタバレ!丹後の行方と萌絵も気になる!

スポンサーリンク

関連記事