ごくせん2第9話のあらすじネタバレ!

ごくせん2あらすじネタバレです。

生徒役が豪華であることもあって、人気シリーズです。

ごくせん2は亀梨和也さん、赤西仁さんが中心となっています。

第9話は小田切がまた学校に行けなくなる危機に!?

成長した3Dのメンバーがピンチを救います。

ごくせん2のキャストはこちら→ごくせん2のキャスト一覧!

第8話のあらすじとネタバレはこちら→ごくせん2第8話のあらすじネタバレ!

第9話のあらすじとネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

第9話

ホワイトデー当日。

久美子は九条から「お返ししたいものが・・・」と言われ期待する。

しかし返してもらったのは貸していたマンガ本。

3年D組は桃ヶ丘女学園の女生徒との合コンにはしゃぐ。

足りない人数を集めるためクラス内で声をかけるが、まとまらないため結局クラス全員で参加。

一方、教員たちは慰労会を開いていた。

だが合コンと慰労会の会場は、同じビルの店。

トイレで猿渡と土屋が鉢合わせてしまう。

慌てて出ていく3年D組。

矢吹たちは金を払うのを忘れていたことに気づく。

それが原因で警察に通報されてしまった。

しかしすぐ釈放となった。

警察庁刑事局組織犯罪対策部長の警視監をしている小田切の父、信也の働きかけによるものだった。

同時に小田切は悪い友人との付き合いをしていると思われてしまう。

翌日から小田切はまた学校に来なくなる。

信也が以前のとおり、登校せず卒業させると決めていた。

自宅に閉じ込められていると知ると、矢吹たちは小田切を助けに行く。

しかし警備に見つかり学校にも知られてしまう。

小田切はこのままアメリカの大学へ進学させると、信也が決める。

信也は久美子の身元を調べていた。

大江戸一家の者ということがバレる。

路上で絡まれた連中に殴られた小田切を、久美子は自宅につれて帰る。

翌朝信也が小田切を迎えに来る。

小田切は友達と一緒に卒業したいと頭を下げた。

矢吹たちも頭を下げて頼み込む。

久美子は大切な友人から小田切を切り離すのか、と信也に問い詰める。

根負けした信也は卒業まで通わせると約束。

初めて本音を明かした息子の成長を密かに喜んでいた。

このことを悔しがる黒川理事。

黒川は久美子が大江戸一家の人間だと知っていた。

スポンサーリンク

 

第9話の感想

今回も小田切メイン回。

そして初登場の小田切の父、信也。

ストーリー上はほとんど触れられていませんが、奥さんは後妻なんです。

両親は離婚しているという設定。

警視庁に勤めているなら、第3話で誤認逮捕されたとき何とかしてくれたら良かったのに(笑)

みんな忘れているかもしれませんが、猿渡が見せたお見合い写真の人はごくせん1に出てきた刑事なんですよ。

久美子に片思いしていた柏木さんです。

桃ヶ丘女学園と合コンだとはしゃいでいましたが、武田はマキちゃんのこともうどうでもいいんでしょうか?

「特に意味ないけど」とバレンタインチョコを贈られてましたよね。

本当に深い意味なかったん?^^;

さて最終話を前にして、黒川理事がヤンクミの素性を知っていたとの事実が発覚。

素行の悪い3Dを排除するために、ヤンクミを雇ったということなんでしょうか。

着任した経緯も経歴書が入れ替わってただけなんだけど・・・

なんかいろいろ過去のことがどっかに置いていかれている流れですが、最終話も見逃せません!→ごくせん2最終話のあらすじネタバレ!

 

スポンサーリンク

関連記事