ごくせん2第7話のあらすじネタバレ!

ごくせん2あらすじネタバレです。

生徒役が豪華であることもあって、人気シリーズです。

ごくせん2は亀梨和也さん、赤西仁さんが中心となっています。

第7話は就職が決まらない3年D組のために学校で面接!

ヤンクミは生徒たちの就職のために奔走します。

ごくせん2のキャストはこちら→ごくせん2のキャスト一覧!

第6話のあらすじとネタバレはこちら→ごくせん2第6話のあらすじネタバレ!

第7話のあらすじとネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

第7話

九条がバスに乗るところを見て、久美子も乗り込んだ。

バスの中で老女に席を譲らない高校生を叱りつける。

その迫力に九条は驚くが、老女には感謝された。

新校舎建設に浮足立つ職員室。

しかし久美子は臨時採用なので3月までしか学校にいないので関係ない。

学校ではジョイフル産業が面接をしてくれるとわかる。

さっそく久美子は3年D組の就職希望者に面接を受けさせようと考えた。

土屋をはじめ、数名が面接を受けることになった。

しかしライバルの轟高校の田辺が土屋に絡んできた。

そのまま路上でケンカになってしまう。

翌日の面接。

土屋が路上でケンカをしていたのを見ていたサラリーマンが、面接官だった。

土屋のせいで他の生徒も面接を受けられなかった。

理事長たちは3年D組の生徒を全否定。

就職などできないと決めつけた。

それに腹を立てた矢吹たちは部屋を出ていく。

久美子は生徒たちのために就職先を探して歩いた。

どこか雇ってくれないかと頭を下げていた姿を小田切や矢吹たちは見ていた。

ジョイフル産業ももう一度面接をしてくれることになる。

久美子の頑張りに影響を受け、小田切たちはちゃんと卒業することを約束。

卒業まではケンカはしないとも約束した。

しかし轟の田辺たちがこの前の仕返しと、ケンカを売ってくる。

矢吹たちは手を出さずやられるだけだった。

白鳥がそれを見つけ久美子に電話する。

ケンカをしないという約束通り、やり返さずにいた。

止めに入った久美子も田辺に殴らせる。

翌日、土屋は殴られた傷があるまま面接を受けた。

黒銀学院に理事長の松原が来た。

松原は久美子がバスで会った老女だった。

気に入られた久美子は来年度も黒銀学院に残れることになる。

スポンサーリンク

 

第7話の感想

まだ就職の話が続いております。

土屋が決まったのかどうかは・・・?

白鳥先生は仕事を辞めたくてテツに逆プロポーズ!

付き合ってないのに!(笑)

あっさり振られてしまいますが、そのおかげでケンカの現場を見るというミラクル。

今回理事長の松原が登場しました。

黒川は理事兼校長なのですが、なんかこの辺がうやむや。

理事長なのに寄付金を出すっていうのものね。

ここで南田洋子さんを出してきたのもよくわからん。

その後の登場はありません。

GTOでいう白川由美さんのような感じにしたかったのかな?

南田洋子さんは2009年に亡くなっているんですが、最期の数年は認知症だったんですよね。

南田さんの体調が良くないから、その後の出演は無しになったのかなと思います。

ゲスト出演の不良学生役に波岡一喜さん。

この人ブレませんね(笑)

不良かチンピラ役ばっかりです。

しかも20代後半まで学生の役やってる印象。

さて今後も3年D組の進路の話が続きますよ。

次回はこちら→ごくせん2第8話のあらすじネタバレ!

スポンサーリンク

関連記事