ごくせん2第6話のあらすじネタバレ!

ごくせん2あらすじネタバレです。

生徒役が豪華であることもあって、人気シリーズです。

ごくせん2は亀梨和也さん、赤西仁さんが中心となっています。

第6話は就職・進学を決めなくてはならない3年D組

誰も決まっていないかと思えば、日向がいち早く勤め先が決まったらしい。

だがどうも怪しい匂いが・・・

ということで日向(小出恵介さん)がメインの回となります!

ごくせん2のキャストはこちら→ごくせん2のキャスト一覧!

第6話のあらすじとネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

第6話

黒銀学院は進学、就職先を決める生徒が増えてきた。

3年D組はまだ誰も進路を決めていなかった。

だが日向だけはバイト先のバーで働け続けるという。

久美子は白鳥の恋愛相談に乗るため飲みに行く。

本音は九条もくるから、というだけだったが。

九条との仲を心配するテツが、こっそりついていくことに。

飲みに行った店でテツがいることに気づいた白鳥。

白鳥の片思いの相手がテツだと知り、焦りまくる久美子。

馴染みのたこ焼き屋の人、と言って誤魔化した。

一方、屋台で酒を飲んでいたミノル。

ミノルの財布を拾った小田切と矢吹が声をかけると、飲むのにつきあわされてしまった。

久美子とテツが帰る途中、日向がバーのオーナーである辰巳と一緒にいるところに出くわす。

テツは辰巳がマトモなやつではないと怪しむ。

酔いつぶれたミノルを送り届けた小田切と矢吹。

ちょうどその時、久美子が帰ってきてしまった。

隠しきれないと思い、久美子は自分が大江戸一家の人間だと認めた。

小田切と矢吹は学校では黙っていると約束してくれた。

翌日から日向は学校を休む。

やけに金回りが良く、様子が変わったと気にしていたクラスメートたち。

小田切たちは日向を呼び話を聞こうとした。

矢吹が「ヤバイ仕事じゃないのか?」と聞くと、日向は機嫌を損ねて帰ってしまう。

久美子は日向の家へ。

母親がいうには、本人は最近はほとんど帰って来ないらしい。

そこへ戻ってきた日向。

久美子は母親にちゃんと話せと促すが、決まってから話すといいまた出ていく。

母親も息子に干渉しないようにしているようだった。

久美子は「子供が間違った方向へ行かないよう連れ戻すのが親だ」と強く言い放つ。

次の日の学校では、土屋が日向の態度に怒りが収まらない様子。

矢吹も素直に喜んでやれないと言う。

小田切はまだ見習いなのに金回りが良すぎると心配していた。

久美子のもとに日向の母親から連絡が入る。

日向が働いている店は「ミカエル」というところだった。

小田切は店の名前を聞いて違法賭博をやっているヤバイ店だと知っていた。

日向も店で違法賭博の現場を目にした。

怖くなった日向は店を辞めようとすると、辰巳や従業員たちから暴行を受ける。

久美子たちも駆けつけ助けに入った。

連れて帰るために来ていた母親に向かって、日向は「カッコ悪いことをするな」と怒る。

しかし久美子は「カッコ悪いのはおまえのほう」と叱りつけた。

翌日、オーナーの辰巳は逮捕されたと新聞に載る。

日向が働いていたということは、学校には知られずに済む。

スポンサーリンク

 

第3話の感想

今回は日向がメイン。

わかりやすいほど羽振りがよくなる日向(笑)

タバコ1箱買うだけなのに、1万円渡されて「釣りはとっとけ」なんて言われたらね。

でも以前バイトしていたのなら、違法賭博のこと知らないってのも・・・日向どんだけ鈍いんだよ。

小田切は第1話で夜の世界で働いていたので、さすがの情報網!

それはさておき

今回はいろいろバレてしまう回でもありました。

白鳥先生がテツに片思いしていたこと。

小田切と矢吹に大江戸一家のことを知られてしまう。

ごくせん1も中心人物の沢田には先にバレた経緯がありますからね。

この2人が知ってしまったことで、久美子との関係もまた変わっていくのです。

次回はこちら→ごくせん2第7話のあらすじネタバレ!

スポンサーリンク

関連記事