義母と娘のブルース第8話あらすじと感想!見逃し動画を見る方法は?

Hi!ジャスミンです。

綾瀬はるかさんがお堅いキャリア
ウーマン役を演じるドラマ
義母と娘のブルース!
(ギボムス)

娘役のみゆきが高校生になって
新たな展開となりました。

第8話は義母も娘もそれぞれ
奮闘します。

スポンサーリンク


あらすじ感想をご紹介します。

第8話のあらすじ

麦田は亜希子を女性として見る
ようになって、意識してしまう。

そんな麦田をよそに、亜希子は
ベーカリー麦田を閉店させ、
リニューアルオープンすると
新たな提案をする。

ベーカリー麦田のパンは、さほど
美味しいと思われていないことで
イメージを一新させる必要がある
と亜希子は考えた。

自宅で亜希子を中心に、晴美や
下山、猪本を呼び、ライバル店の
パンを食べ比べる

先代のころのベーカリー麦田は、
今と違う魅力があった、とわか
った亜希子。

先代、つまり麦田の父のところへ
レシピを譲ってもらおうと頭を
下げに行く。

麦田の父は麦田の意思確認をする
と、次々とパンを作らせた。

一通り作らせたが、何も言ってく
れない父にいら立つ麦田。

亜希子が尋ねると、麦田のパンは
美味くもまずくもない、何も言う
ことがないパンだという。

先代は世界一のパンだと思って
作って売っていた。

麦田にはそこまでの思い入れ
ない。

亜希子は先代のその言葉で、パン
作りで大事なことを気付かされた
思いだった。

先代のコピーをしただけでは
リニューアルオープンとはいえな
いと考える。

みゆきが以前、指摘したとおり
だった。

亜希子がみゆきの考えが正しい
と褒める。

みゆきも気を良くして、アイディ
アを提供した

自分たちがなぜか立ち寄る店で
つい買ってしまう心理を参考に
宝探しのような要素がある店が
良い、と提案した。

麦田はパンの耳が嫌いという思い
から、耳まで美味しいパンを作る
と研究を始める。

ついにリニューアル食パンができ
あがると、亜希子やみゆきが
早速試食。

2人の絶賛をもらい、麦田も喜ぶ。

さらに他のメニューを考えなくて
はならない。

麦田は試作を続けた。

亜希子は新しい食パンを麦田の父
へ届けた。

内装も新しくし、いよいよリニュ
ーアルオープンを間近に控える。

そこで亜希子とみゆきが、楽しい
店にするには?という提案をする。

それに対し、麦田は・・・

結末は動画配信サービスでどうぞ!
ParaviやU-NEXTがおすすめです。

↓Pravi公式サイト↓
https://www.paravi.jp/

↓U-NEXT↓
U-NEXT

無料お試しでポイントもらえます

第8話の感想

なんか、パン屋のサクセスストー
リーみたいになってました(笑)

どさくさに麦田の友人の名前
判明。

友よ」と呼んでいたのは
「友野」という名前だったから
なんですね。

名前間違われたままなのか(笑)

みゆきと大樹までベーカリー麦田
の裏へ出入りするようになります。

みゆきはともかく、大樹がそこま
でできる立場か?

確かに以前、面識あったけど。

そして!
良一さんの会社の後輩、いのも
っちゃん再登場。

ちゃっかり子供生まれてました。
まあ9年経ってるからね。

みゆきの絵が上手い設定
今回こんなにも活かされるとは!

第1話から一人で絵を書いていま
したからね。

でもアニメチックな絵を書いてい
たので、アニヲタ疑惑が(笑)

宮本親子の紙芝居、おもしろか
った。

亜希子さんはいつも全力投球です。

ラストシーンの亜希子が次々
パンを食べるところ。

あれ、本当に食べていて
綾瀬さんが飲み込んでセリフいう
のに、ちょっと焦ってる感じ
見えましたね(笑)

現場でもパン食べまくりだった
と思います。

登場人物みんなパン食べるシーン
あったもんなー(笑)

ところで耳まで美味しい食パン
って、ソフト食パンってことでしょ。

全然、新鮮な感じないけど(笑)
いやそれを上回る美味しさ、だった
と脳内補完しましょう。

さてみゆきが麦田の気持ちに気づ
き始めます。

でも亜希子は全然気づいていない
し、良一さんの写真に手を合わせ
る日々。

付き合ってない人からプロポー
ズされ結婚した亜希子。

麦田の気持ちを知ったら、どう
なるのか?

スポンサーリンク


関連記事