東京タラレバ娘第1話あらすじと感想

原作を読んでからドラマを見ています。

まず年齢の設定を変えてあるんですよ。
原作では33歳。
ドラマでは30歳。
演じている女優たちは20代後半。

うーん、これだとこのマンガの
言いたいことが弱くなりませんかね?

30歳で結婚を焦るのと33歳で焦るのとでは
だいぶ深刻度が違う気がします。

だからドラマのほうが悲壮感が
あんまりないんですよ。

あとは細かいところですが
原作の倫子は大して売れてないけど
個人事務所を持っていた脚本家です。

ドラマでは自宅で仕事をしています。

したがって弟子のマミちゃんは
ドラマではテレビ局のADとして登場。

なんかこれだと、早坂が相談するって
ところがおかしな感じになる。

原作は倫子の事務所に勤める子だから
倫子に相談したわけですよ。
指輪のサイズがほぼ同じというのもあって。

ドラマでは倫子がマミと楽しそうに
しゃべってるってだけの接点。
そこでわざわざ倫子にマミのことを
相談するか?ってことになる。

指輪のくだりもなかったし。

でもマミちゃんが弟子じゃないってことは
倫子が仕事を取られてしまう、という展開は
ないんだよね。

あとは賛否両論ある坂口健太郎くんのKEY。
まず金髪が似合わない・・・
ウィッグだからなおさら、取ってつけた感が(笑)

ただ顔が小さくてスタイルが良いので
モデル役という点ではアリかも。

原作のKEYのほうが冷酷な印象があって
意地悪な発言に凄みがあります。

坂口KEYはなんか優しい。

初詣の帰りにKEYとぶつかるシーンと
倫子から早坂に告白するシーンと
バッティングセンターのシーンは
原作にありません。

しかも別にこのシーンいらないんじゃないの?
って思いました。

原作の倫子は自分から男性を誘うなんて
ことすらできないくらい、こじらせています。
ドラマの倫子はそこまでじゃないんだな。

タラとレバのシーン、意外と良かった。
CGじゃなくて、ちゃんと作ってある。

あらすじ

鎌田倫子は売れない脚本家。

同い歳の友人である山川香鳥居小雪
初詣に行き、今年こそ仕事と恋愛で
良いことがあるよう願いを込める。

3年後の2020年に控えた
東京オリンピックを1人で迎えたくない
3人はそう強く思う。

8年前に振ってしまったテレビ局の
プロデューサー早坂と一緒に仕事をしている。

8年前とは違い、垢抜けて
なかなかの良い男になった早坂が
今の脚本が仕上がったら、食事に行こうと
誘われた。

香と小雪にさっそく相談。
男絡みの女子会を第4出動と呼んでいる。

今度こそプロポーズされるのでは、と
3人はおおはしゃぎ。

早坂との食事は、話も盛り上がり
倫子はときめいてしまう。
いざ告白されるかと、構えていると
ADの芝田マミのことが好きで
倫子に相談したいと言われた。

すっかり落ち込んだ倫子は
香と小雪になぐさめてもらう。

小雪の店で飲んでいると
金髪の若い男にありもしない
男との「タラレバ話」しながら
女同士で酒のんでろ、と一蹴される。

男っ気のない3人は
相席フレンチというお見合い形式の
レストランへ行くが、相手にされずに終わる。

「もう女の子ではない」
金髪男に指摘され、自分たちが
男から選ばれるのは難しいと悟る。

倫子は早坂に自分の思いを
告げようとするも、早坂はマミと
付き合い始めていることを知る。

倫子がタイトルに惹かれて買った
雑誌を手に取ると、あの金髪男が
載っていた。

あの男は人気モデルのKEYだった。

キャスト
鎌田 倫子〈30〉:吉高由里子
山川 香〈30〉:榮倉奈々
鳥居 小雪〈30〉:大島優子

KEY(鍵谷 春樹)〈25〉:坂口健太郎
早坂 哲朗〈35〉:鈴木亮平
芝田 マミ〈22〉:石川恋
鳥居 安男〈62〉:金田明夫

タラ:声 – 加藤諒
レバ:声 – あ~ちゃん(Perfume)

徳田 芳樹:菊池均也

 

スポンサーリンク

関連記事