東京タラレバ娘第3話あらすじと感想

Hi!ジャスミンです。

丸井が登場しました。
田中圭さんをキャスティングするとは
なんとも、ちょうどいい!!!

普通っぽい感じで、ちょこちょこ
可愛いと思わせる言動。
ぴったりすぎる。

バーで飲んでいる小雪と自分が
入れ替わったら、私もいいわと思ってしまう。

どうでもいいけど、あのバーの
セット、安っぽいよ~。
お墓のセットといい、このドラマは
予算が少ないの?

だいぶ原作とストーリー展開が
変わってきました。

ドラマのKEYは倫子の仕事を
助けてくれないのね。

あと2つのエピソードが一緒に
なっちゃってるっぽいです。

原作では倫子がKEYとやっただけでは
香たちはKEYにけしかけたりしません。

食事に誘うのを、香たちがしゃしゃり
出たからKEYは怒ったんですよ。

ということは、ドラマではKEYと
食事に行く展開はないのね。

ここで思ったんですが
まだ3話なのに、原作の4巻から5巻あたり
まで来ちゃってますよね。

ドラマの後半は、ドラマオリジナルの
ストーリーになりそうな予感。

完結してないマンガのドラマ化だし
まあそうなるだろうな。

また細かいところなんですが
倫子はニット帽かぶるキャラじゃない!
ニット帽はマミちゃんだけで充分。

あらすじ

KEYと寝た倫子は、小雪
相談してみた。
3人とも男性との交際から
しばらく遠ざかっていて、そこから
どうなるのかわからなかった。

香はとの一夜のことは
倫子たちに話さずにいた。

買い出しの途中で、じゃがいもを
落としてしまった小雪。
それを拾ってくれた男性・丸井
コートが汚れてしまった。

コートの汚れを落としている間
小雪の店で、少し飲んでもらっていた。

同席していた倫子と香に
丸井を引き止めてもらうよう
頼んだ小雪。

丸井は小雪のタイプの男性だった。
丸井も小雪に良い印象を
持っているようだった。

テレビ局でKEYと偶然会ってしまった倫子。
あの夜のことは聞き出せなかった。

香と小雪は飲みに来たKEYに
倫子のことをどうするのか、問い詰めたが
それについては何も答えない。

涼がいうには、KEYは大切な女性を
亡くした過去があるようだ。

閉店後に慌てて現れた丸井。
丸井は小雪を食事に誘う。

お互い良い雰囲気になっていると、
丸井は既婚者であることを
正直話したうえで、小雪が好きだと
伝えてきた。

小雪の店を出たばかりのKEYを
倫子は追いかけて、声をかける。

KEYが自分をどう思っているのか
聞くと、まず自分がどうなのか
言ってみろ、と返される。

香と小雪にKEYとのことを
話して、女同士で騒いでいるのも
気に入らないようだ。

自分で行動できない倫子とは
恋愛できない、とKEYに言われてしまう。

キャスト
鎌田 倫子〈30〉:吉高由里子
山川 香〈30〉:榮倉奈々
鳥居 小雪〈30〉:大島優子

KEY(鍵谷 春樹)〈25〉:坂口健太郎
早坂 哲朗〈35〉:鈴木亮平
芝田 マミ〈22〉:石川恋
鳥居 安男〈62〉:金田明夫

鮫島 涼〈32〉:平岡祐太
丸井良男〈35〉:田中圭
徳田 芳樹:菊池均也

タラ:声 – 加藤諒
レバ:声 – あ~ちゃん(Perfume)

スポンサーリンク


関連記事