ドラゴン桜のキャストとあらすじ(ざっくり)!長澤まさみと新垣結衣が共演!

ドラマ「ドラゴン桜」の続編が2021年4月から放送開始!

2005年に放送されたほうは、山下智久さん、長澤まさみさん、新垣結衣さんなど豪華なメンバーが生徒役で出演していました。

山Pは「野ブタ」の前、長澤さんは「セカチュー」の直後、ガッキーは女優デビュー2作目の出演だったんですよ。

当時はまだ駆け出しの若手俳優、女優の扱いだったので、ここからブレイクしたとも言えますけどね。

さて続編「ドラゴン桜2」を見る前に2005年版のキャストやあらすじをご紹介します。

あらすじは各話ざっくりとご紹介していますので、見たけど忘れた、見るのめんどくさいという方におすすめです。

スポンサーリンク

ドラゴン桜(2005)のキャスト

桜木建二

元暴走族の弁護士

ひょんなことから龍山高校の特進クラスの担任となる

阿部寛

矢島勇介

英喜とバンドをやっておりトランペット担当

町工場を経営していた父親が借金を作り蒸発

山下智久

水野直美

自宅で母・悠子が小料理屋を経営

勇介とは幼馴染

長澤まさみ

香坂よしの

勇介の彼女でギャル系のルックス

直美にライバル心を抱いている

新垣結衣

緒方英喜

勇介のバンド仲間

裕福な家庭に育っている

小池徹平

奥野一郎

進学校に通っている二卵性双生児の弟・二郎にコンプレックスを抱いている

中尾明慶

小林麻紀

アイドル志望

すでに芸能活動をしている友人を疎ましく思っている

サエコ(紗栄子)

井野真々子

龍山高校の教師

桜木にこき使われるうちに特進クラスの生徒を支える存在になる

長谷川京子

落合正直

龍山高校の教師

桜木のやり方に反発するグループのリーダー

デビット伊東

近藤時久

龍山高校の教頭

落合とともに桜木に反発

斉藤洋介

龍野百合子

龍山高校の理事長

亡き夫から学校経営を受け継ぐが何もできずにいる

野際陽子

矢島節子

勇介の母

石野真子

水野悠子

直美の母

小料理屋「ゆうこ」のママ

夫とは死別

美保純

緒方万里子

英喜の母

あいはら友子

緒方厚生

英喜の父で社員2,000人を抱える会社の社長

須永慶

奥野次郎

一郎の二卵性双生児の弟

龍山高校の近くにある名門進学校「秀明館高校」に通う

水谷百輔

奥野美也子

一郎と次郎の母

かとうかずこ

奥野和彦

一郎と次郎の父

野添義弘

香坂恵

よしのの母

栗田よう子

小林光江

麻紀の母

池谷のぶえ

ドラゴン桜(2005)はparaviで見放題!

2005年版のドラゴン桜が再放送される可能性は非常に低いと思います。

続編の放送前に見ておきたい!という方は、paravi(パラビ)で見るのがおすすめ。

というかparaviでしか配信されていません

まだ10代だった長澤まさみさんやガッキーが可愛いですよ!

paraviは月額1,017円でドラマや映画が見放題。

ドラゴン桜だけでなく、過去のTBSとテレビ東京のドラマも見れます。

↓詳しくはこちらから↓

 

 

ドラゴン桜(2005)ざっくりとしたあらすじ

第1話

経営不振となった龍山高校に呼ばれていた弁護士の桜木

龍山高校は偏差値36で生徒は年々減っていく。

桜木は東大合格者を出し、学校の評判を上げようと計画する。

実は元暴走族であることが週刊誌にバラされ仕事がなくなり、自分の実績を上げることが一番の目的だった。

無謀な話だと辞めさせようと、ほとんどの教師が反発する。

担当する教師もいないので、桜木が指導にあたると名乗り出る。

特進クラスの設立を生徒たちに発表。

お前らはずっと負け続ける」と言う桜木に猛抗議する生徒たち。

中でも矢島勇介は桜木の言うことに納得できず声を荒げる。

そんな勇介に桜木は「社会を作る側になればいい」と言い放つ。

第2話

勇介は愛用しているトランペットを売る。

たった3万にしかならなかったが、自宅に来ていた借金取りにそれを渡す。

後をつけてきた桜木は、勇介の家の事情を察した。

勇介は夜、工事現場でアルバイトを始める。

なぜか桜木もそこにいて、雇われている限り搾取から逃れられないと話す。

中古楽器屋で勇介が売ったトランペットが18万で売られていた。

勇介は桜木の言う「搾取」を思い出す。

自宅に帰ると桜木がいた。

300万の束を見せ、借金を肩代わりする見返りに特進クラスに入ることを条件に出した。

母がその金を貸してほしいと頭を下げるのを見て、勇介は迷っていた。

桜木は勇介のトランペットを買い戻していた。

桜木に言われたとおり、勇介は校庭に姿を現す。

特進クラスに入ると決めると、秀喜よしの麻紀もそこに続く。

スポンサーリンク

第3話

桜木が作った学習計画は1日16時間の勉強だった。

さっそく特進クラスの授業が始まる。

全員小学校高学年の算数のテストですら100点が取れない。

落合が桜木の歓迎会をやるといい、小料理屋「ゆうこ」に集まるよう話した。

だがそれは反対派の教師たちの罠。

特進クラス5人目の生徒を集めさせないためのものだった。

直美の母・悠子が店をカラオケスナックに改築すると言い、直美がそれに反対する。

直美はバカにされた勢いで「東大に行く」と口にする。

行けるわけがないという悠子に桜木は「数学のテストで100点を取れば受験を認めてくれ」と提案。

直美も特進クラスに入る。

合宿生活に入った5人は猛勉強をする。

約束のテスト当日、出された問題は練習問題よりはるかに難しいものだった。

半分も解けなかった直美は泣いて悔しがる。

その姿を見た悠子は受験を認めた。

勇介たちも桜木を利用してやると、本気で東大受験を目指す。

第4話

桜木は伝説の数学教師・柳鉄之助に指導を依頼。

柳は東大合格者を数多く出してきた。

桜木に口出しさせないとの条件で柳は引き受ける。

柳の指導方法は変わったものもあるが、実践的なものだった。

勇介と直美が仲良くする姿が気に入らず、よしのが特進クラスを辞めると教室を出ていく。

よしのが逃げ出すのは桜木の思惑どおりだったので、桜木はさほど心配していない。

井野と勇介が探しに行くと、かつての不良仲間と一緒にいたよしのを見つける。

不良仲間はよしのを連れ戻すなら、バイクでのチキンランで勝負しろという。

免許を持っている井野がそれに応じる。

井野はブレーキをかけず海に落ちてしまう。

先にブレーキかけたほうが負けだから、と井野は勝ちだと主張。

井野の熱意に動かされたよしのは特進クラスに復帰する。

第5話

coming soon

スポンサーリンク

関連記事