わたし旦那をシェアしてた第1話あらすじネタバレ!刑事が怪しい?

Hi!ジャスミンです。

小池栄子さん主演ドラマ「わたし旦那をシェアしてた

事実婚の女性がパートナーの死をきっかけに、他にも女性がいたことが発覚。

3億円の遺産をめぐり、シェアハウスで暮らします。

ぶっとんだ設定から始まるこのドラマ、結末がまったく予想できません。

第1話は事実婚の夫、恭平が殺され衝撃の事実が発覚。

夫の嘘を暴くとともに、犯人や遺産の行方を追います。

わたし旦那をシェアしてた第1話のあらすじ・ネタバレ感想をご紹介します。

スポンサーリンク


第1話のあらすじ

森下晴美は会社役員で娘と2人暮らし。

事実婚の夫との関係も良好だった。

職場の人々も事実婚であることを知っていた。

小椋加奈子は美のカリスマと呼ばれ、人気のトレーナー。

ゲームに熱中している息子を心配しながらも、幸せな生活を送る。

事実婚だが、周囲には結婚していると公表していた。

保育士の藤宮茜は双子の兄妹を育てる。

結婚指輪をしていないので、誘われることが多い。

結婚している、と断っているが事実婚。

ある夜、天谷恭平が何者かに暴行を受け重体で救急搬送される

妻はすぐに病院へ駆けつける。

危篤状態の恭平に声をかけていると、同じように駆け寄る女性が2人来た

3人とも恭平の妻だと名乗る。

恭平の死亡が確認された。

恭平とは古くからの付き合いだという刑事の塚本が来る。

手帳には3人の連絡先とともに妻1、妻2、妻3と番号がふられていた。

誰が本当の妻かわからず、3人とも呼び出されたのだ。

1は加奈子、2は晴美、3は茜だった。

この番号にはあまり意味がないようだった。

塚本は3人のアリバイを確認するが、殺害する動機はあると疑う。

自宅に戻った晴美は、恭平の会社の秘書から遺言書の存在を知らされる。

財閥の家系だというのは嘘だった。

今住んでいる家から出なくてはならず、恭平が指定したシェアハウスで暮らすよう指示された。

晴美は沙紀とシェアハウスに向かう。

すでに加奈子と茜も子どもたちを連れて来ていた。

すると染谷文江という女性が現れた。

恭平の遺言により、2ヶ月後にはシェアハウスの持ち主になるという。

そして恭平には3億円の遺産があり、3人のうち1人だけが相続することができる。

それを染谷が見極めるという。

一方、塚本は恭平の殺害現場を調べる。

宝飾店で指輪を買ったはずなのに、みつからないままだった。

そして闇サイトで恭平の殺害依頼が書き込まれていることがわかっている。

書き込んだ人物は特定できないが、その後に「女子会 断り方」と検索していることから、依頼主は女性である可能性が高い。

犯人グループの1人、松田秀明は暴行を受けた恭平から、ある紙切れを託された。

言われたとおりシェアハウスへ出向き、それを届ける。

その紙は宝石の鑑定書だった。

指輪を買ったときについていたものだが、その指輪がない。

指輪を1つ用意していたということは、誰かと結婚を決めていたのでは、と染谷は推測する。

遺言書にあるように、恭平は3人に10個の嘘をついている。

そのうち1つは3人と事実婚だったこと。

残りの9個の嘘を探る。

そしてこれからシェアハウスで暮らしながら、3人は遺産をめぐり戦うことになる。

スポンサーリンク


 

動画視聴方法は?

ネットでの動画配信はhuluで視聴可能です。

日テレドラマ

ネット限定のサイドストーリーも配信されます。

放送後1週間以内であればTVerGyaoでも視聴できます。

https://tver.jp/

https://gyao.yahoo.co.jp/

第1話の感想

設定からしてドロドロが期待されるドラマですね。

でも意外とコメディタッチな演出もあって、わりと気楽に見れる?

さっそく謎だらけの恭平。

3人と同時に事実婚で、毎日家に帰ってきていたという驚異的にマメな男です(笑)

式はしてないけどウェディングドレスの写真を撮っているし。

加奈子だけ日本で和装ですが(笑)

ドラマの中で説明がなかったのですが、それぞれの子供は恭平の子供ではないんですよね。

シングルマザーを助けるのが目的だったのでしょうか?

染谷の管理のもと、シェアハウスで暮らします。

恭平と飲み仲間だったという塚本刑事。

ほんとうにそれだけの関係だったのか?

恭平の殺害依頼をしたのは誰なのか?

次回はまずどこから明らかになるのかなあ。

わたし旦那をシェアしてた第2話あらすじネタバレ!娘の沙紀(平澤宏々路)が?

スポンサーリンク


関連記事