大恋愛(ドラマ)第4話のあらすじネタバレ!感想や動画視聴方法は?

Hi!ジャスミンです。

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる
君と

戸田恵梨香さん主演で若年性
アルツハイマーに侵される女性を
演じます。

相手役にムロツヨシさん。
コメディ系の役柄が多かったムロ
さんがシリアスな役に挑みます。

第4話は尚が真司の前で名前を
間違えてしまい、真司は侑市の
存在が気になってしまいます。

さらに尚の病気がクリニック
の患者に知られてしまう?
という騒動も!

あらすじとネタバレ感想など
をご紹介します。

大恋愛(ドラマ)第3話のあらすじネタバレ!感想や動画視聴方法は?

第4話のあらすじ

尚は少し前のことも忘れてしまう
ようになっていた。

風呂に湯をためていたこと、やか
んを火にかけていたことが、全く
覚えてない自分に愕然とする。

真司は退院し自宅に戻る。
バイト先の先輩、木村が訪ねて
きた。

木村は真司が小説を書いていた
ことを知り驚く。

尚が眠っているとき、真司は
尚が「着替えを持っていく」
と自分が頼んだことを張り紙
にしていたと気づく。

物忘れが酷くなっていること
は尚も真司も実感していた。

侑市は梓澤レイという女性と
見合いをする。
尚と同じように名刺代わりと
言って、血液検査の結果を持参
してきた。

尚が診察していた畑野が、薫の
診察に納得していなかった。
薫は尚の病気の話をしようかと
思っていた。

だが偶然、畑野が尚の通院姿を
見かける。
侑市の診察を受けていることを
知り、調べていた。

外出先で偶然、侑市の母千賀子
と顔を合わせる。
尚が侑市の主治医だと知り、
非常識だと怒った。

真司は尚とのことを題材にした
小説を書き始めた。
脳みそとアップルパイ」という
タイトルにした。

尚は出だしだけ読ませてもらう。
生き急いでいる」という表現に
悲しくなった。

クリニック関連のサイトで尚が
アルツハイマーだ
と書き込まれていた。

クリニックの口コミサイトでも
悪い評判が書き込まれてしまう。

厚生労働省からの連絡を受けて
しまい、尚は薫とともに事情を
説明しに行く

そこへ侑市も来ていた。
侑市の口から説明しようと考えて
いたのだ。

アルツハイマーを患っていても
仕事を続けられると判断したが
尚は、自らの意志で診察を辞めて
いたと伝える。

侑市に助けてもらい、薫は千賀子
に非常識といわれても、尚を診察
し続けてもらおうと考えた。

これまで診察していた患者には
事情説明の手紙と侑市による診断
書を送ることに。

ふと真司は尚を支えているのは
侑市なんじゃないか、と思える
ようになる。

思いもよらぬことを言われ、尚は
ショックを受け部屋を飛び出す。

そこへ侑市と会う。
侑市は尚が必要だと告げるが、
尚はその思いを断った。

真司の部屋へ戻った尚は
真司への正直な思いを伝えた
のだが、それに対し真司は・・・

スポンサーリンク


第4話の感想

木村さんが良い人すぎて、好印象
です。

強面だけど良い先輩。
富澤さんが上手いです。

そして濡れた雑巾の話が、意外な
ところで使われて笑った(笑)

濡れた雑巾の体臭っていうか
服が臭ってるだけでしょ。

絶妙なところで力を貸してくれる
侑市。

真司が卑屈になってしまうのも
無理もないですね。

本当に主治医と患者の関係だけ
なのか?と思えてしまう。

尚がお風呂や火をつけっぱなし
で忘れてしまっていました。

自動で消える機能がないので
ああいうことがあると、危ない
ですね。

認知症じゃなくても、うっかり
忘れたってこともあるので。

そういう意味でも、もっと良い
ところに住むべきですねぇ。

やっぱりときどきアドリブ
っぽいシーンあるんじゃない
かと。

戸田さんの笑いっぷりが
演技に見えない。

でもラストシーンで、真司は
大きな決断をします。

このことが今後に大きく影響を
出すようです。

でもその反面、真司は小説を
書くことに意欲的になって
いるし。

第5話はもう少し時間が経過
したところが描かれるようで
す。

大恋愛(ドラマ)第5話のあらすじネタバレ!感想や動画視聴方法は?

スポンサーリンク


関連記事